ドラマ

【土曜オリジナルドラマ】「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」トークイベント付き特別上映会へ15組30名様をご招待!

2017/01/23

【土曜オリジナルドラマ】「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」トークイベント付き特別上映会へ15組30名様をご招待!

2017年1月13日(金) HOLLYWOOD HALL(東京都港区)

"泣けて、元気が出る"と反響を呼び、ついに45万部を突破した原田マハさんのベストセラー小説「本日は、お日柄もよく」を連続ドラマWでドラマ化。原作者の原田さんが、「迷っている人の背中を押してあげられるような小説であってほしい」と語る今作は、"影"の職業であるスピーチライターにスポットを当てて描かれた職業物語です。
メガホンを取られたのは『半落ち』で第28回日本アカデミー賞最優秀賞を受賞し、優秀監督賞&優秀脚本賞も受賞した佐々部清監督。そして連続ドラマWに初登場初主演となる比嘉愛未さんが、幼なじみの結婚式で聞いたスピーチに感動し、新しい一歩を踏み出す主人公を熱演。WOWOWでは、このドラマのトークイベント付き特別上映会に、ご加入されている方の中から抽選で、15組30名様をご招待いたしました。
トークイベントには主演の比嘉愛未さんをはじめ、長谷川京子さん、佐々部清監督、ドラマの監修をつとめたスピーチライターの蔭山洋介さんが登壇し、作品の見どころや役作りへの思い、スピーチライターという職業の魅力などを語ってくださいました。
比嘉さんは本作でスピーチライターという職業を知ったとのこと。「このドラマの魅力は"言葉の持つ力"を感じられること。私も作品を通し、言葉のパワーを学びました。ぜひ皆さんにも感じていただけたら嬉しいです!」と、主人公・こと葉のように、まっすぐで力強いメッセージをいただきました!
"言葉"が紡ぐ心温まるストーリーをぜひお楽しみください♪

イベント詳細
・第1話先行特別上映会
・トークイベント
【登壇者】比嘉愛未、長谷川京子、佐々部清監督、スピーチライター・蔭山洋介
番組情報
土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 本日は、お日柄もよく(全4話) 注目の作家・原田マハの原作を主演・比嘉愛未で連続ドラマ化。
スピーチライターを務める主人公が、人と人とを結ぶ言葉の可能性を追求するヒューマンドラマ。
毎週土曜よる10:00 WOWOWプライムにて放送中! ■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

私たちが特派員として参加しました

  • 石原様ご夫妻石原様ご夫妻

ご主人様の感想

WOWOWの連続ドラマWが大好きで毎回楽しみに拝見しておりましたが、今回初めてトークイベント付きの特別上映会に参加させていただきました。特に今回の「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」は原作こそ読んだことはないものの、WOWOWでの予告を観て楽しみにしていたドラマのひとつでしたので、心躍らせながら当日を待ちわびておりました。
イベント冒頭のスケジュール説明後、まずは第1話の上映会でした。主演の比嘉愛未さん演じる二ノ宮こと葉が、幼馴染みの結婚式で、長谷川京子さん演じる伝説のスピーチライター・ 久遠久美と出逢い、彼女のスピーチに心打たれ、その後の人生を大きく変えてゆくというストーリー。
第1話ではスピーチライターに弟子入りするところまでが描かれていましたが、比嘉さんと長谷川さん以外のキャストの皆さんも魅力的な方ばかりで、特にこと葉の祖母役の八千草薫さんがとても素敵でした。また、私自身、政治が絡んでいるドラマが大好きなのですが、第2話以降スピーチライターが政治家に大きく関わっていくようで期待が膨らむばかりです。
上映会の後はトークイベント。比嘉愛未さん、長谷川京子さん、佐々部清監督らが登壇され、撮影での裏話や、言葉をテーマにしたドラマならではの苦労話など楽しく拝聴させていただきました。実際に撮影時の役作りの話を聞けたことは、今後のドラマの見方に貴重なエッセンスを加えていただけたように思います。とても楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

  • 加藤様・鎌田様加藤様・鎌田様

加藤様の感想

WOWOWのドラマはストーリーや俳優さんの演技のクオリティの高さはもちろん、毎回訴えるテーマがあって観た後に考えさせられることもしばしばあります。今回の「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」の原作は前から気になっていたものでした。言葉の力とは。幼なじみの結婚式のシーンで、長谷川京子さん演じる伝説のスピーチライター・久遠久美がその場の空気を一瞬にして変えたスピーチは必見です。
歴史が変わっていく瞬間には人々の心を動かすスピーチがそこにはありました。このドラマの中でどんなスピーチが生まれるのか。比嘉愛未さん演じる主人公の二ノ宮こと葉がスピーチライターとしてどう成長していくのか、結婚した幼なじみとの距離、スピーチの師匠との関係・・・今後の展開が楽しみです!
言葉を届けるために何が必要なのか。聴くことの大切さ。スピーチが苦手な人にとっては、第1話だけでも沢山得るものがありました。第2話以降もメモを片手に観ようと思います。

  • 喜田様ご夫妻喜田様ご夫妻

奥様の感想


比嘉愛未さん主演の「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」トークイベント付き特別上映会に参加しました。連続ドラマWは、地上波には無いこだわりのある良質な作品が多く毎回楽しみにしています。
オバマ大統領の「Yes, We Can」の演説で一般的になった、スピーチライター。会場アンケートでは半分の方がスピーチライターという職業をご存知でした。その結果に、比嘉愛未さん、長谷川京子さんも驚いていらっしゃいました。お2人はご存知なかったようです。
比嘉さん演じる主人公の二ノ宮こと葉。総務部からの広報への異動ということで最初はとまどっていましたが、幼馴染の結婚式で長谷川さん演じるスピーチライター・久遠久美のスピーチに衝撃を受けます。その後、アシスタントとして、スピーチライターとしての業務(スピーチのアドバイスや、なんと、コーディネートアドバイスもあるそうです)を身近で感じていきます。最終的には、スピーチライターに必要なことは、「演者の心に寄り添うこと」だと気づき、社長スピーチのプレゼンも成功させました。
トークイベントというと、キャストと制作者の話と、楽しい撮影裏話が多くなりがちですが、現役のスピーチライター・蔭山洋介さんもいらしたため、スピーチのコツなども話されていて、とても勉強になりました。
佐々部清監督は、普段、脚本を担当される場合には、演技で表現するためにセリフを削る作業をまず行うそうですが、今回はスピーチライターという仕事のため、その作業はなかったそうです。
ドラマでは長台詞も随所にありました。比嘉さんは撮影初日に第1話最後のプレゼンの長台詞、長谷川さんは同様に結婚式でのスピーチがあったそうで、とても緊張されたとのことです。長谷川さんは目線が動いたことが気になったらしく撮り直しをしていただいたとおっしゃっていて、プロ意識の高い方だなと感心しました。
お2人の衣装替えもたくさんあるとのことですので、楽しみです。第2話が今から待ち遠しいです。こと葉の成長も楽しみにしています。
同伴者共々貴重な体験をさせていただきました。今回は特派員に選んでいただき、本当にありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

募集中の招待エピソード