ドラマ

「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」スペシャルイベントに70組140名様を特派員としてご招待!

2017/06/21

「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」スペシャルイベントに70組140名様を特派員としてご招待!

2017年6月15日(木) 時事通信ホール(東京都中央区)

『銀河鉄道の夜』『雨ニモマケズ』などで知られる、国民的作家・宮沢賢治。彼が愛した食や音楽とともに贈る"ヤング宮沢賢治、愛と青春の旅立ち"の物語を連続ドラマ化!主人公の賢治役には、ストイックな役作りが毎回話題となり、2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』の西郷隆盛役にも期待が高まる鈴木亮平さんが演じます!
若かりし頃の天真爛漫な宮沢賢治の青春時代を、家族や親しい人たちとの関わりとともに描いた感涙必至の物語。WOWOWでは、このドラマのスペシャルイベントに、ご加入されている方の中から抽選で、70組140名様をご招待いたしました。
当日は宮沢賢治を演じる鈴木亮平さん、妹トシ役の石橋杏奈さん、そして御法川修監督が登壇!鈴木さんは、気になったらとことん調べるところなど、賢治と自身との共通点を紹介。また、作品について「これまで誰も描いていない宮沢賢治像が映し出されていると思います!」とアピールしてくださいました。
原作は少年画報社刊「思い出食堂」に掲載中の魚乃目三太さんのマンガ。独自の視点から賢治の人生に食や音楽を通して迫ります。どこか孤独で悲壮感漂うイメージを覆す、はつらつとした魅力的な賢治がそこにいます。懐かしい食卓のにおいがする、そんなドラマです。是非ご家族皆さんでお楽しみください♪

イベント詳細
・第1話上映
・舞台挨拶
【登壇者】鈴木亮平、石橋杏奈、御法川修監督
番組情報
「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(全5話) ヤング宮沢賢治、その知られざる日々を鈴木亮平が熱演。賢治の愛した食や音楽とともに贈る涙必至の感動作。

6月17日(土)より[WOWOWプライム]毎週土曜よる10:00
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
『銭形警部』 WOWOWと日本テレビとHuluの共同製作で送る、鈴木亮平主演のドラマプロジェクト「銭形警部」。
3シリーズの基軸となる日テレ版では、大規模な難事件が展開する。

■番組放送スケジュールはこちら!>>

私たちが特派員として参加しました

  • 石河様・阿部様石河様・阿部様

石河様の感想

鈴木亮平さんの大ファンでイベントに応募しました。初めて特派員を経験しましたが、登壇者の方々は皆さんお話が上手!会場は終始和やかで雰囲気がよく、コメントを真剣に聞き入る場面や笑いに包まれる場面あり、こんな素敵な場を用意していただいたWOWOWさん、鈴木亮平さん、石橋杏奈さん、御法川修監督に感謝の気持ちでいっぱいでした。楽しかったー!
ドラマは冒頭からスーッと自然にストーリーに入り込んでしまい、気づくと涙が溢れ、ハンカチ無しでは観られません。人との触れ合いや家族愛、恋愛だけではない愛のかたち・感情が真っ直ぐに描かれていて、誰しもが持っているであろう心の奥底の「素直で綺麗な気持ち」を思い出させてくれるお話です。鈴木亮平さんをはじめ、出演されている俳優さんそれぞれの役とお芝居がとても光っています。是非たくさんの方々に観ていただきたい!清々しい気持ちになるドラマです!!

阿部様の感想

本ドラマは、若い頃の宮沢賢治が、自分が何をしたいかわからず悩みながら模索している時期から始まります。
兄の非凡な才能に早くから気づき、病弱ながらも兄のよき理解者として支える妹トシも物語の中心になっています。宮沢賢治の作品については知っていながらも、彼が童話作家、詩人になるまでの半生は全く知りませんでした。
このドラマでは、これまであまり取り上げられていなかった彼の純真で真っ直ぐな生き方を観ることができ、そんな彼にとても惹かれました。そしてそんな彼を支えるトシや家族、周囲の真面目な故郷の人々との関係が素晴らしく、久しぶりに涙が出る良いドラマです。もう、映画にして沢山の人たちに観て欲しい!と思った素敵な作品です。鈴木亮平さんはじめ、石橋杏奈さんも役者さんということを忘れる程、ドラマに入り込みました!ただただ、感動。
最後まで観たい!そう感じる、心がほっこり、そして涙する素晴らしい作品でした。沢山の方に観て欲しい!!

  • 中島様・黒澤様中島様・黒澤様

中島様の感想

「宮沢賢治さんって本当はこういう方だったんだろうな」というのが第1話を観た感想です。好奇心いっぱいで、悩みはあるけど天真爛漫で愛らしい。考えてみたらあんなに面白い童話を書く方なんですものね。どうして今まで自分の中で孤独な賢治像を創っていたのか却って不思議に思う程、"亮平賢治さん"に惹き込まれてしまいました。
物語は厳しいけれど、古きよき時代の人々の温かさが全編にゆったりと流れていて、それだけで込み上げてくるものがありました。御法川修監督が3年前から鈴木亮平さんに賢治役をお願いしていたとお聞きしました。その監督ご自身が鈴木さんの役の参考になる程、熱くてピュアで宮沢賢治みたいな方とのこと。そういう方だから鈴木さんの芝居に対する熱さ、真剣さ、努力を惜しまない姿勢に惹かれたのかと感無量になりました。石橋杏奈さんもとても可憐で美しく、このドラマの続きを早く観たいです。でもその前に明日もう1度じっくり第1話を味わいたいです。
本当に楽しくて嬉しいイベントでした。

黒澤様の感想

今日の舞台挨拶と第1話特別試写会はアットホームな雰囲気の中で行われました。まず、主演の鈴木亮平さん、石橋杏奈さん、御法川修監督のトークショーがありました。3人のこの作品への熱量がグングン伝わってきて、この後の試写への期待も膨らんだところでいよいよ上映です。"期待通り"でした!宮沢賢治がそこにいました。コロッケをこれでもかというくらいに美味しそうに食べる賢治、行きたい道が見つからず苦悶する賢治、花巻の自然の中に溶けこむ姿、そして最後やっと教師という道を見出し、懸命につき進もうとしている賢治。これからの展開が早く観たくて仕方ないと思わせてくれるものでした。生き生きと、半ば暑苦しい程の若き宮沢賢治を鈴木亮平さんが顔をくしゃくしゃにしながら演じている姿を、御法川監督が"神々しい"という言葉で表現していたのが、「ああこれだったのか」と本当によくわかりました。
第2話も楽しみにしています。

  • 中村様ご夫妻中村様ご夫妻

ご主人様の感想

今回「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」スペシャルイベントに参加させていただき、ありがとうございました。まずは主演の鈴木亮平さん、最愛の妹役の石橋杏奈さん、御法川修監督の3人によるトークショーがあり、作品についての熱い想いや撮影秘話、共演者のこと、撮影現場での監督の様子などを伺うことができました。
その後、第1話を鑑賞という流れになるのですが、鈴木さん演じる宮沢賢治は、今まで自分の思っていた印象と違う、ユーモアに溢れ天真爛漫でチャーミングなところがとても魅力的に描かれています。彼が、時に突っ走り、そして挫折し、さらに成長していく姿が観ているこちら側にストレートに伝わり、とても心が温まる、前向きになるドラマだと思いました。
共演の石橋さんは妹役ですが、賢治をおおらかに見守る姉や母のような印象を受け、華やかなで凛とした存在感が際立っていたように思います。他の出演者も好きな役者さんばかりで、平田満さんと柳沢慎吾さんは特に素晴らしかったです。今の時代、殺伐としたニュースが多い中、昔のドラマにあったような情熱を持った"熱いドラマ"ができたと、監督が話されていましたが、本当にそんな印象を受けました。
鈴木さんは「流行りのグルメドラマの中で1番質素」と話していましたが、第1話「幸福のコロッケ」を鑑賞後、コロッケが無性に食べたくなり、思わず買って帰りました。ドラマの味が加味されとても美味しかったです。今後の物語の展開と、賢治の愛した質素?なグルメが楽しみで仕方ありません。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

募集中の招待エピソード