ドラマ

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」第1話完成披露試写会&舞台挨拶に60組120名様を特派員としてご招待!

2017/10/05

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」第1話完成披露試写会&舞台挨拶に60組120名様を特派員としてご招待!

2017年10月1日(日) 東京国際フォーラム(東京都千代田区)

ベストセラー作家・東野圭吾氏の作品の中でも最大の問題作と言われる「片想い」が待望のドラマ化!
WOWOWが東野作品を手掛けるのは「宿命」「幻夜」「分身」「変身」「カッコウの卵は誰のもの」に次いで6作目。性の多様性が叫ばれる今、"ジェンダー"を題材にしたミステリーに真正面から挑むのは、今作がWOWOW初主演となる中谷美紀さん。性同一性障害の主人公・美月を演じます。WOWOWでは、このドラマの第1話完成披露試写会と舞台挨拶に、ご加入されている方の中から抽選で、60組120名様をご招待いたしました。
当日の舞台挨拶には、主演の中谷美紀さんをはじめ、桐谷健太さん、国仲涼子さん、大谷亮平さん、そして永田琴監督が登壇。今回、この難しい役に挑んだ中谷さんは、「筋トレをし、ステーキを食べて男らしさを追求した」と語る一方、「男になろうとしてもなれない悔しさ、もどかしさを違和感のないように繊細に演じた」と役に対する並々ならぬ意気込みを語ってくださいました!
「片想い」というタイトルからは計り知れないストーリー。性同一性障害、事件、愛情、友情・・・。息をもつかせない展開は、絡まっているようで実はまさにメビウスの帯なのかもしれません。
切ない思いでいっぱいになる、中谷美紀さんの体当たりの挑戦!どうぞお見逃しなく!

イベント詳細
・第1話上映
・舞台挨拶
【登壇者】中谷美紀、桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、永田琴監督
番組情報
連続ドラマW 東野圭吾「片想い」(全6話) 東野圭吾が"ジェンダー"を題材にした累計発行部数100万部を超える傑作ミステリー、待望のドラマ化。
WOWOW初主演の中谷美紀が、性同一性障害の主人公を演じる。
10月21日(土)スタート![WOWOWプライム] 毎週土曜よる10:00 ※第1話無料放送
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
連続ドラマW 東野圭吾「片想い」放送記念!女優・中谷美紀 東野圭吾の小説を映像化した、連続ドラマW 東野圭吾「片想い」が10月21日に放送開始。
これを記念し、性同一性障害の主人公役に挑んだ女優・中谷美紀の出演作を特集。

■番組放送スケジュールはこちら!>>

私たちが特派員として参加しました

  • 関口様・鈴木様関口様・鈴木様

関口様の感想

「片想い」という甘酸っぱいタイトルとは全く裏腹のスリリングな冒頭シーンからとにかく引き込まれました。殺人事件とジェンダーというテーマが複雑に絡み合う展開を予感させる第1話。この先、登場人物たちがどのような結末に向かっていくのか・・・映像化もご苦労されたのではないかと思いますが、第2話以降が非常に気になるところです。
中谷美紀さんは、性同一性障害の主人公・美月という難役をとても繊細に演じられています。役作りの上で「どんなに男性らしさを追求してもやはり本物にはなれないというもどかしさがあった」とのこと。その言葉がそのまま美月の抱えるジレンマと重なります。毅然としながらも、自身の在りように苦しむ儚げな眼差しが非常に印象的でした。その他の主要キャストも桐谷健太さん、国仲涼子さん、大谷亮平さん、鈴木浩介さんと、非常に豪華です。原作を知るファンの方もなるほど!と唸るキャスティングなのだとか。
第1話はサスペンスの要素を多く含んでいましたが、大学時代をアメフト部で共に過ごした仲間同士の関係性も今後の物語の重要な要素となりそうです。回を追うごとに「片想い」というタイトルの意味するところが見えてくるのではないかと期待しています。
完成披露試写会&舞台挨拶当日は大谷さんのお誕生日。中谷さんからサプライズでお祝いのブーケをプレゼントされ、感激されていました。クールな外見とはじける笑顔のギャップが素敵でした。桐谷さんもサービス精神旺盛で終始和やかな雰囲気に包まれた会場でした。

  • 吉田様親子吉田様親子

お母様の感想

今回、連続ドラマW 東野圭吾「片想い」完成披露試写会&舞台挨拶に参加させていただき、ありがとうございました。応募のきっかけは、桐谷健太さんのファンである娘から、10月からWOWOWでこんなドラマがあるから楽しみだと聞いており、そしてこんなイベントがあるらしいよ、ということで応募しました。まさか当選するとは思わず、当選の連絡を受けた時は驚き、娘が帰って来てからは2人で興奮しました。
当日は大きなスクリーンで観ることができて益々興奮。内容は性同一性障害というテーマでしたが、中谷美紀さん扮する美月が、国仲涼子さん扮する理沙子に久しぶりに会えたシーンの、振り向いた時の表情にグッときました。また、写真を撮られるシーンでは、華奢なのにとても美しい背中の筋肉にも見惚れました。
舞台挨拶では、皆さんとても仲よく和やかな雰囲気で、何度も笑わせていただいてホントに楽しい時間でした。ドラマの続きがもう待ち遠しくて楽しみです。そうそう、撮影の時、笑いが止まらなくて大変だったと話されていたシーンも楽しみです。今回は楽しい時間をありがとうございました。

お嬢様の感想

桐谷健太さんが出演すると知って予告を観た時から、早く観たい!と思っていたところ、今回完成披露試写会&舞台挨拶に参加させていただけることになり、とっても楽しみでした。
第1話を観た感想は、どの場面も目が離せず集中して見入ってしまい、あっという間に終わってしまったと思いました。これからどの様な展開か、ひとりひとりの今までのことと、これからが想像もつかないので、とっても気になります!ドラマをわくわく観たかったので原作はあえてまだ読んでいないので、第2話をとにかく早く観たいのと、第1話の放送日にまたじっくり観たいです!
シリアスなドラマの内容や役者さんの役柄とは違い、舞台挨拶では裏話を聞いてたくさん笑ったり、とっても楽しい時間でした!

  • 坂本様・米田様坂本様・米田様

坂本様の感想

当たりました!完成披露試写会&舞台挨拶。イベントレポートまで付いてきました。何も無い人生、チャレンジは必要と特派員を受けてみました。
色々な連続ドラマの第1話はよく観ます。その後観たくなるかどうかは物語の展開次第。今日「片想い」を観させていただきました。原作を読んでいないのでどうなっていくのかはわからないのですが、ずっと言わなかったこと、結婚して思い始めたこと、自分の気持ちが変化していくことが第1話の中で見て取れました。その思いが第2話以降確認できればいいなぁと、続けて観ようと思いました。
特派員の特権で舞台挨拶も見ることができました。監督、演者の皆さんの意気込みを直に聞けて鳥肌が立ちました。自分では無いその人を作り上げるための努力。それが画面に素直に出ていて、本当にその人がいて、そういう時を過ごしていたんだなと素直に感じました。制作時のお話が聞けて、ただ放送の画面を観るだけでなく、どういう思いで作ったかを考えながら観るのが楽しみになりました。
そして、WOWOWオンデマンドで今までの作品を振り返って観てみようという思いになりました。選んでいただき、本当にありがとうございました。

米田様の感想

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」の第1話完成披露試写会&舞台挨拶に参加させていただきました。役者の皆さんのお話や、カメラマンとのやり取りなど、初めての体験ですごく楽しかったです。
原作を読んでいないので、題名からラブストーリー?と思っていたら、最初から事件ありで引き込まれていきました。とても続きが気になります。ただ、殺人をした人を友人というだけで、かくまうことは正直わかりません。きっと、その理由が今後明かされていくのでしょうね。第2話以降を楽しみにしています。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

募集中の招待エピソード