ドラマ

【テレビ会員限定】「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査課の男たち~」完成披露試写会&舞台挨拶に75組150名様をご招待!

2017/11/02

【テレビ会員限定】「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査課の男たち~」完成披露試写会&舞台挨拶に75組150名様をご招待!

2017年10月26日(木)  THE GRAND HALL(東京都港区)

「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」のスタッフが再集結し、清武英利さんのノンフィクション著書のドラマ化第2弾として「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」が登場!2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」を描きます。前代未聞の事件に臆することなく捜査に邁進する刑事を演じるのは佐藤浩市さん。そして佐藤さん演じる武骨な刑事と相反しながらも共に捜査を進める上司役を江口洋介さんが務めます。WOWOWでは、このドラマの完成披露試写会と舞台挨拶に、ご加入されている方の中から抽選で75組150名様をご招待いたしました!
舞台挨拶には主演の佐藤浩市さん、共演の江口洋介さん、北村一輝さん、萩原聖人さん、飯豊まりえさん、そして若松節朗監督が登壇し、作品の見どころなどを語っていただきました。
現在も撮影が続く日々。佐藤さんは「やりがいのあるチャレンジングな作品の中で自分に何ができるかと考える。この作品は事実をフィクションとして成立させるため脚色を入れていくことに血湧き肉躍るんです。」と役作りへの思いを披露してくださいました。さらに「これをただの刑事ドラマだと思って観ると皆さんヤケドします!」と、ドラマへの期待がますます高まる力強いメッセージも!
試写会後には清武英利さんと若松節朗監督によるスペシャルトークショーも開催。原作、そして監督の立場から本作について貴重なお話を伺うことができました。
聖域とされる外務省に存在する「機密費」という名の深い闇―。立ちはだかる国家の壁に名もなき「石つぶて」たちが挑みます。衝撃の本格社会派ドラマにどうぞご期待ください!

イベント詳細
・出演者舞台挨拶
・第1話試写上映
・原作者・清武英利氏×若松節朗監督スペシャルトークショー
【登壇者】佐藤浩市、江口洋介、北村一輝、萩原聖人、飯豊まりえ、原作者・清武英利、若松節朗監督
番組情報
「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」(全8話) 主演・佐藤浩市が江口洋介とタッグを組み、政官界を震撼させた外務省機密費詐取事件に挑む本格社会派ドラマ。
「しんがり〜」の清武英利氏による衝撃作のドラマ化第2弾。
11月5日(日)スタート![WOWOWプライム] 毎週日曜よる10:00 ※第1話無料放送
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

私たちが特派員として参加しました

  • 遠山様・柿田様遠山様・柿田様

遠山様の感想

「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」の完成披露試写会&舞台挨拶に参加させていただき、本当にありがとうございました。私は骨太の民放ではできなそうなWOWOWドラマが大好きで、毎回とても楽しみにしています。今回の「石つぶて」は原作がノンフィクションということでとても楽しみにしていました。
当日、舞台挨拶では豪華キャストの皆さんを間近で見られて大興奮でした。そしてこの作品への熱い想いが伝わり、早く作品が観たいと、より思いました。第1話は佐藤浩市さん演じる偏屈な刑事が単独で情報を追う姿が描かれていて、それには様々な理由があり、どうなるんだろうとドキドキしながら観ていました。そこにある事件が起こり、衝撃が走ります。あまりの迫真の演技に画面に釘付けになっていました。様々な人たちの思い、正義、悪、本当にひと言で言い表せない程の深く面白い第1話で、早く続きが観たく、第2話まで待ちきれない思いです。試写終わりに原作も読みたくなったので購入し、原作者の清武さんのサインもいただき、とても嬉しかったです。
このような素晴らしい体験をさせていただき、本当にありがとうございました。皆さんおっしゃっていましたが、「石つぶて」は民放では放送が難しい、WOWOWでしかできない唯一無二の作品だと思います。全8話を楽しみにしています。

柿田様の感想

友人の誘いで完成披露試写会&舞台挨拶に参加しました。貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!
私はこの事件を知らなかったので、この凄まじい話がノンフィクションだということに大きな衝撃を受けました。こんな内容がドラマで流せるんだ?WOWOWって凄い!そう思い、イベント当日を楽しみにしていました。
上映前の舞台挨拶では、ドラマの撮影秘話や見どころだけではなく、司会の方の『今まで誰にも言っていない話』という監督やキャストが悩む面白い質問もありました。飯豊まりえさんのエピソードは可愛くてニヤニヤ♪萩原聖人さんのエピソードは意外な一面にほっこりしました♪江口洋介さんのエピソードは今でも続きが気になっています・・・(笑)。プライベートが垣間見える楽しい話で会場が盛り上がりました。魅力的なキャストが勢揃いのドラマですよね~!
原作者の清武英利さんと若松節朗監督のトークショーでは、2人をよく知っているWOWOWプロデューサーも一緒に「石つぶて」ができる原点から、ドラマができるまでの話をしてくれました。色々な角度から話を聞くことで、より深くドラマを楽しむことができました♪
放送日よりもひと足早く第1話が観られて大満足!大興奮!早く第2話が観たい・・・本当に面白いので声を大にして皆に宣伝したいです。まずは第1話を観てください♪絶対に続きが観たくなりますよ!!♪


  • 熊倉様親子熊倉様親子

お母様の感想

「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」の完成披露試写会&舞台挨拶に当選し、娘と楽しんで観てきました。正直なところ、社会派ドラマはあまり興味のない分野でしたが、実際にあった外務省機密費詐取事件に基づいていますので、とても内容が深く、濃く、そして出演者の方々の圧倒される演技で、この先どうなるのかどんどん引き込まれていきました。絶対最後まで必ず観ます。
最近、自分のスマートフォンがやっとWOWOWオンデマンド対象機種になったので、オンデマンドでも繰り返し観て、内容の更なる理解と、違った方向からの見方をすると面白さが増すのではないかと思い、楽しみが増えました。
舞台挨拶では佐藤浩市さんが「現場は厳しくクランクアップを目指して頑張っている。」ということと、江口洋介さんは「8時間の映画を撮っているようだ。」と話されて大変さが伺えました。ドラマ中の迫力あるオーケストラ、エンディング曲もよかったです。貴重な体験をありがとうございました!

お嬢様の感想

今回、初めて完成披露試写会&舞台挨拶に参加させていただきました。ドラマのあらすじを読ませていただいた時は、もしかして内容が難しいのではないか・・・と思っていました。ですが、実際に第1話を観させていただくと全くそんなことはなく、オープニングから引き込まれ、あっという間の1時間でした。役者さん方の演技にとても迫力があり、まるで自分もその現場にいるのではないかと感じる程でした。
舞台挨拶では本当に距離が近く、生でお会いできたことに興奮しました!試写会後の原作者の清武英利さん、若松節朗監督のトークショーは、お2人のお人柄が伝わるような温かい空間でした。今から第2話が楽しみです。このような機会を与えていただき、ありがとうございました。


  • 島倉様島倉様

島倉様の感想

「外務省機密費詐取事件」。そう言えばあったような・・・ぐらいの記憶で参加した今回。舞台挨拶ではユーモアを交えたエピソードなど聞かせていただく中、佐藤浩市さんが「事実に基づいてはいるが、ドラマとして観る人に伝えるにはどうすればいいのか、皆で力を入れている」とおっしゃっていました。
第1話は、偏屈な一匹狼の佐藤浩市さんと、大らかで人懐っこい江口洋介さんを中心に、警察・外務省それぞれのキャリア、ノンキャリアの立場の違い、仲間(?)同士のせめぎ合い、したたかに企まれる悪事が勢いよく描かれていて、どんどん引き込まれました。
トークショーでは、原作者の清武英利さんと若松節朗監督から、舞台裏のお話、実際の刑事さんたちの気概やご苦労を伺いました。お2人を含め、ピッタリのキャステイングの俳優陣、若きプロデューサーや、スタッフの皆さんで熱く製作に取り組んでいらっしゃることが肌で感じられました。そして、記憶に留めるべき事実を改めて知る、ということの大切さを観る側の私たちに教えていただきました。 第2話が楽しみです!貴重な機会をありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

募集中の招待エピソード