スポーツ

☆生中継!放送記念企画☆「日清食品ドリームテニスARIAKE」に20組40名様を特派員としてご招待!

2017/12/21

☆生中継!放送記念企画☆「日清食品ドリームテニスARIAKE」に20組40名様を特派員としてご招待!

2017年11月25日(土)  有明コロシアム/有明テニスの森公園コート(東京都江東区)

日本テニス界を牽引する選手や、往年の名プレーヤーが東京・有明コロシアムで競演するエキシビションマッチ「日清食品ドリームテニスARIAKE」。テニスファンならずとも見逃せないこのイベントをWOWOWでは独占生中継でお届け!また、放送を記念してこのイベントにご加入されている方の中から抽選で20組40名様を特派員としてご招待いたしました。
今回も現役選手から大坂なおみ選手、ダニエル太郎選手、上地結衣選手など、レジェンドからは伊達公子さん、松岡修造さん、マイケル・チャンさんなどの著名選手が登場し、エキシビションマッチならではのスーパープレーや、楽しいトークを披露。またスペシャルゲストの錦織圭選手は、怪我で試合には出場できなかったものの、ダブルスの主審として登場!試合をジャッジする姿が見られるのもドリームテニスならでは。そんな錦織選手ですが、ほのぼのとしたトークでゲームを解説し、時にはスコアやルールを間違えるなど、普段の試合とは違う姿を見せ、観客からはたくさんの笑いが溢れていました♪
東日本大震災のチャリティーとして始まったこのイベントも、有明コロシアムが東京オリンピックの改修工事に入るため、7回目を迎える今回でついにファイナル。多くの人に長年親しまれてきた会場は今回のドリームテニスで見納めとなります。最後にふさわしく、沢山のテニスファンが集う中で笑顔いっぱいのイベントとなりました♪

関連情報
■日清食品ドリームテニスARIAKE 公式サイトはこちら!>>

会場の様子

  • n_171208_2.jpg入場口に飾られた巨大テニスボールには
    来場者の熱いメッセージがきっしり!

私たちが特派員として参加しました

  • 池田様ご夫妻池田様ご夫妻

ご主人様の感想

「日清食品ドリームテニスARIAKE」に特派員として参加させていただきました。プロテニス選手のシングルス・ダブルス、レジェンドを含めたダブルスなど、ドリームテニスでしか見られない試合が7試合もありました。私は今まで有明コロシアムで楽天オープンやドリームテニスを、コートサイドやS席などで観戦したことがありますが、今回初めてテレビ放送と同じような角度の席で観戦しました。座席からは選手のグリップチェンジの技術や、ラリーの球の軌道をはっきりと見ることができ、普段テニスをする私にとっては大興奮しながらも非常に勉強になりました。
どの試合も面白く興味深かったですが、その中でも印象に残った2試合をレポートします。第1試合のダニエル太郎選手とチョン・ヒョン選手のドリームシングルスは、序盤からドロップショットなど魅せるプレーが随所にありました。トップ100のプロテニス選手の技術を生かしたエキシビションマッチでしたが、スコアが競るにつれてツアーのような雰囲気になり、6ゲーム先取で終わってしまうのが勿体ない程の熱い戦いでした。
第7試合の伊達公子さん、マイケル・チャンさん対松岡修造さん、大坂なおみ選手のドリームミックスダブルスは、マイクを通じて対戦相手(もしくは味方?)へのプレッシャーや独り言で笑いを誘いつつも、その中にも時折見せるスーパープレーで凄いと思わせることもあり、楽しかったです。また、審判の錦織圭選手がプレーを見ていなかったり、先輩・コーチに問い詰められるシーンがあったのも更に面白さをプラスしていました。
有明コロシアム改修のため、ドリームテニスは今年で最後とのことですが、またこのような楽しいイベントに参加できたらいいなと思います。

奥様の感想

去年も「日清食品ドリームテニスARIAKE」に行きました。今回はリハビリ中の錦織圭選手のプレーは見られないとのことで、盛り上がり的にはちょっと寂しいものになるかと思いましたが、満員の観戦席を見て世間のテニス自体への関心度の高さを感じました。
まず、会場では車椅子の観戦者の方々が去年以上に多かった印象を受けました。それは、きっと上地結衣選手が出場されていたからではないでしょうか。上地選手の小柄な体からは想像もできないようなスピードと、正確なショットを繰り出すのを見て、車椅子テニスの迫力を強く感じました。世界で通用する実力をつけるのに、健常者以上に想像を絶する練習と努力をされてきたことでしょう。そんな上地選手の真っすぐな人柄が現れるような「更に車椅子テニスへの注目を高めたい」というスピーチを聞けたことはとても有意義でした。
私のようにテニス経験も知識も初級者には、スター選手の錦織圭選手や伊達公子さん、松岡修造さんを間近で見られ、ミーハーな気持ちも満足させることができました。しかもファインプレー満載でユーモアにも秀でた試合もたくさん観戦し、ワクワクとした時間を過ごすことができました。又、テニスに詳しい方は、今回出場されたダニエル太郎選手や綿貫陽介選手のような若手選手の顔と名前を覚えて、これから彼らが世界の大舞台で、どのように活躍していくかと成長を見届ける楽しみができたのではないでしょうか。
錦織選手、若手選手、車椅子テニス、レジェンドを一堂に再認識・普及活動できるのは、このようなチャリティーの役割の1つかもしれませんし、今後の必要性も大いにあると思いました。緊迫したATPツアーのような大会とはまた違う、リラックスした選手たちの表情や雰囲気と、選手間の仲の良さそうなコミュニケーションを垣間見えたのも、このドリームテニスならではと思います。
入口ゲートで見た巨大テニスボールやメッセージボードには、楽天オープンに観戦に来られた方々の熱いメッセージが溢れていました。多くの人を夢中にさせているテニスの可能性を信じて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックには、今回参加された選手がたくさん出場&活躍されることを今から楽しみにしています。


  • 渡辺様・森正様渡辺様・森正様

渡辺様の感想

今回は、「日清食品ドリームテニスARIAKE」にご招待いただいてありがとうございます。USオープン準優勝以来、錦織圭選手のプレーの魅力にはまり、すっかりテニスの虜になってしまいました。
テレビ観戦ばかりで、生で選手の試合を観戦するのは初の体験でした。試合の合間には、必ず松岡修造さんがコートに出てきて、笑いを取ったりテニスのプチ情報を聞かせてくれたりと、観客を飽きさせずに楽しませてくれていました。松岡さんは自分で「うざい」と言っていましたが、私はそのサービス精神がとても大好きです。
マイケル・チャンさんは3つも試合に出場し、今もなお素晴らしいパフォーマンスで、力強い球や繊細なテクニックを披露されていて感動しました。また、伊達公子さんも痛みがありながらも鋭いショットを何本も打っていました。ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズで優勝したチョン・ヒョン選手は、清々しい若者でナイスガイでした。日本の若い選手には、早くメジャーな大会で活躍し、テレビで応援観戦できる日を心待ちにしています。 今回は怪我のため錦織選手はプレーできなくてとても残念でしたが、復帰に向けて前向きなコメントが聞けましたし、真剣勝負の時とは全く違うゆる~い感じの"ほんわか圭さん"で審判している姿を見ることができ楽しめました。しっかり完治して、元気にコートで躍動する錦織選手を、ハラハラドキドキしながら応援できる日を楽しみに待っています。
このイベントをきっかけに、次は真剣勝負の生の試合を観戦したいと思いました。

森正様の感想

「ドリームテニスARIAKE」に行ける!嬉しい~!これもひとえに友人が抽選に当たったおかげ。友人は錦織圭選手とテニスの試合を見るためだけにWOWOWに加入した。ポイントもジャンジャン溜め、私とは比べものにならない口数にて抽選にも応募。前回の楽天オープンの落選にものすごくがっかりしていたので、今回のドリームテニスの当選には大喜び。信じられない程のハイテンションで当日を心待ちにしていた。
まず、有明コロシアムに入場して、コートの狭さに驚いた。コートが間近にあり、サッカー観戦とは大違いである。選手入場から始まり、ダニエル太郎選手対チョン・ヒョン選手から伊達公子さん、マイケル・チャンさん対松岡修造さん、大坂なおみ選手まで、初めて見る選手も何人かいたが、時間を忘れて観戦していた。試合間の5分の休憩時間でも、松岡さんが持ち前のサービス精神で会場を盛り上げてくれた。一度にこれだけのメンバーを見られるのは、ドリームテニスならではである。
上地結衣選手は伊達公子さんにだいぶ緊張していたようだが、車いすテニスを観戦することもできた。伊達さんはテレビで見るよりすごくカッコ良かった。あれだけの功績を残した伊達さんに緊張するなという方が無理である。
今回一番の楽しみは、元気な錦織選手の姿を見ることであった。テニスをしている時と、話をしている時のギャップが大好きである。プレーができないとなると主審をすることは予想できたが、ゆるゆるでマイペースな主審に楽しませてもらった。
初めてのテニス観戦の機会をいただき、WOWOWと友人に感謝である。次は、公式戦の観戦をしたいと思っている。錦織選手の試合も是非生で見たい!


  • 鯉登様ご夫妻鯉登様ご夫妻

ご主人様の感想

「生中継!日清食品ドリームテニスARIAKE」放送記念企画の特派員として、妻と観戦させていただきました。ここ数年、特派員への応募をしていましたが、なかなか機会に恵まれなかったこともあり、ドリームテニスの最後の開催で当選の連絡をいただいた時は、心の中で"やった!"と叫んでいました。
開催当日の会場は、ほぼ満席で、有明コロシアムの中は興奮の熱気を感じる雰囲気でした。1試合目は、現在急成長中の「韓国の新星」メガネが特徴のチョン・ヒョン選手と、「日本の期待の星」ダニエル太郎選手の期待できる好カードでした。エキシビションマッチのため、楽しく試合をするのかなと思いきや、いきなり力強いショット連続で正に真剣勝負の様子に、会場が引き締まる試合になりました。
その後も見応えのある試合が続き、最後の試合では、伊達公子さん、マイケル・チャンさん、松岡修造さん、大坂なおみ選手のミックスダブルスで、審判を錦織圭選手が行うなど、とても豪華なカードでした。引退しているとは思えない程の3選手の高度な好プレーの連続で見入ってしまい、思わず歓声を上げてしまいました。それはきっと観客全体を魅了したのではないでしょうか。
6時間という長い時間を感じさせない程、充実したイベントでした。特派員として観戦できたことをとても嬉しく思います。残念ながら、今年でこの企画は終了とのことですが、選手とテニスファンが一体となれるイベントはまだまだ少ないと思いますので、また違った形での開催を期待しています。

奥様の感想

夫が今回の特派員に応募すると言った時は、そんな都合よく当選するわけがないと思っていましたので、当選を知った時はとてもビックリしました。普通に応募して当選するものなのですね。
当日は早めに家を出たにも関わらず、電車の遅れで会場にぎりぎり飛び込んだ形になりましたが、WOWOW受付横でずっと欲しかった"テニス太郎"のぬいぐるみが売っていたので、時間がないというのに思わず買ってしまいました(写真に一緒に写っています)。
このイベントは最初から最後までとても楽しく、どこが良かったと聞かれても「全て」と答えてしまうのですが、あえて言うのであれば、錦織圭選手の審判が最高でした。松岡修造さんも「こんなゆるい審判は初めて」と言う程、自然体な発言で会場全体が彼の人柄を表したような優しく楽しい雰囲気に包まれました。もちろん松岡さんによる相手を思いやりつつも鼓舞するトークは全開で、最初から最後までテンションが上がりっぱなしでした。
今回、ドリームテニスの最終回で特派員に当選したことは、私たち夫婦にとって大切な記念になりました。選手皆さんの笑顔や、真剣にテニスに取り組んでいる姿勢を見ることができ、より身近に感じたことで、これからも夫婦揃って応援していきたいと思います。
錦織選手の近況を直接聞けたことや、若手選手など才能が溢れるプレーを見ることができたのはテニスファンの私にとって大きな収穫でした。いずれ大きな大会で皆さんが活躍する姿を熱望して、今まで以上に応援していきたいと思います。


  • 杉本様ご夫妻杉本様ご夫妻

奥様の感想

錦織圭選手の活躍を応援したくてWOWOWに加入し、今回、見事観戦の招待を受け、素晴らしい1日を主人と共に過ごすことができました。
プロの華麗なプレーはもちろんのこと、公式戦とは違う和やかなムードの中、観客の私たちを楽しませてくれるプレーや、面白いトークに終始笑いが絶えることなく、6時間があっという間に過ぎました。目の前で見る選手たちの動きは、やはり目を見張るものがあり、テレビとは違った迫力を感じました。是非次回はATPツアーの試合を生で見たいと夢が増えました。
今回は錦織選手のプレーを見ることはできませんでしたが、珍ジャッチ炸裂の主審にはかなり笑わせていただきました。このイベントで多分名物となっていたであろう「アナログチャレンジ」も大いに盛り上がりました。
最後となるこのチャリティーも大成功に終わり本当に良かったです。このような機会を作っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

募集中の招待エピソード