スポーツ

【テニス】全豪オープンテニス:女子シングルス決勝 ビューイングセッションに25組50名様をご招待!

2018/02/14

【テニス】全豪オープンテニス:女子シングルス決勝 ビューイングセッションに25組50名様をご招待!

2018年1月27日(土)  都内某所

2018年グランドスラムの幕開けとなる全豪オープンテニス。真夏のオーストラリアで繰り広げられたドラマ。WOWOWでは今年も現地の感動と興奮を連日生中継しました!
この放送を記念し、1月27日土曜日に行われた全豪オープンテニス 女子シングルス決勝の「ビューイングセッション」を開催。ご加入されている方の中から抽選で25組50名様をご招待いたしました!
当日は「WOWOWテニスアンバサダー」に就任した伊達公子さんと、フローラン・ダバディさんをお招きして一緒に観戦!また、ここでしか聞けないトークセッションをお楽しみいただきました。
昨年、惜しまれつつも引退した伊達さん。世界を相手に戦っていた人とは思えない程華奢でエレガントな姿で登場すると会場は歓声に包まれました!伊達さんのお話では、全豪オープンは選手たちの間ではグランドスラムの中でも"ハッピースラム"と呼ばれ、宿泊先と会場も近く、町全体でお祭りのように盛り上げてくれる、選手時代にはとてもお気に入りの大会だったそうです。
決勝は世界ランク1位のシモナ・ハレプ選手と同2位のカロライン・ウォズニアッキ選手の頂上決戦。大きなモニターで、まるで現地で観戦しているかのような熱気に包まれました。
合間には伊達さんの選手の心情に迫る解説や、ダバディさんの軽妙なトークが繰り広げられ、決勝にふさわしいゲームは緊張の連続。ゲームセットした際には涙ぐむ参加者の姿も見受けられました。
伊達さんがプロデュースしている"焼きたてのドイツパンとコーヒーのお店"「フラウクルム」のパンや、プレゼント抽選会などもお楽しみいただき、伊達さん、ダバディさんとともにテニス愛に包まれた1日となりました!

出演者
伊達公子
フローラン・ダバディ
渋佐和佳奈(WOWOWアナウンサー)
番組情報
全豪オープンテニス 2018シーズン最初のグランドスラム、全豪オープンテニス。現地の感動と興奮を連日生中継。
■番組放送スケジュールはこちら!>>
関連情報
ドリームテニスARIAKE2017 完全版 新旧の名プレーヤーが出場したエキシビションマッチ「ドリームテニスARIAKE」も2017年大会がファイナル。
その模様を改修直前の有明コロシアムからお届けする。
■番組放送スケジュールはこちら!>>

イベントの様子

  • 会場会場にはたくさんのテニスファンが集合!
  • 差し入れ伊達さんプロデュースのお店のパンを召し上がれ☆
  • テニス太郎人気のテニス太郎など
    WOWOWキャラクターのコーナーも♪
  • ダバディさん登場まずはダバディさんの登場です!
  • 伊達さん登場そしていよいよ、伊達さんの登場!
  • トークセッション試合前にはトークセッションを開催
    貴重なお話をたくさん伺えました!
  • お二人も近くで観戦試合が始まるとゲストのお2人も
    皆さんと一緒に観戦
  • プレゼント抽選試合後はプレゼント抽選会が開かれました♪
  • プレゼントプレゼントは現地で販売している
    全豪オープンテニスのグッズ♪
  • 根本様 藤崎様がゲットしたプレゼントみごとゲットしたお2人!
    おめでとうございます♪

私たちが特派員として参加しました

  • 根本様・藤崎様根本様・藤崎様

根本様の感想

伊達公子さんとフローラン・ダバディさんの解説を伺いながら、全豪オープンテニスの女子決勝が見られるということで、イベントに応募しました。
決勝が始まる前のトークセッションでは、全豪の組み合わせを改めて確認しながら、その中で日本人選手やアジア人選手の目覚ましい活躍ぶりなど、私たちが普通に感じていることを伊達さんたちも実感されている、というお話がありました。また、全豪のようなグランドスラムに出場する選手の立場で、全豪は市内から会場まで歩いて行ける距離なので、選手としても試合後の体のケアがすぐにできるのはありがたい、といった話題をとても興味深く伺いました。全豪はアジア人にとってはとても歓迎されている雰囲気があり、時差も少なく行きやすい大会なので、観戦するにはお勧めの大会らしく、是非行ってみたいという思いを強くしました。また、決勝ではどちらが勝つと思いますか、という質問では、ダバディさんから「以前カロライン・ウォズニアッキ選手は優しく対応してくれたからね」と、おちゃめな回答もありました。
決勝はフルセットにもつれ、ラリーの1球1球に場内が息をのんだり、「あぁ惜しい!」とあちこちから声が聞こえ、自宅でテレビ観戦している時とは違った雰囲気を楽しめました。コートチェンジや、セット間の休憩の合間に、伊達さんから今の選手の気持ちや、これからどうしようとしているのか、などを解説いただき、臨場感満載でした。
伊達さんのパン屋さんからの差し入れも、とてもおいしくいただきました。このような機会があったら、また是非参加したいと思っています。次回は裏話をもっともっと伺いたいと楽しみにしています。次のデビスカップも目が離せませんね。

藤崎様の感想

「全豪オープンテニス:女子シングルス決勝 ビューイングセッション」に今回友人が当選し、同伴者として参加しました。
憧れのあの伊達公子さんとフローラン・ダバディさんと一緒に決勝戦が見られるなんて、何て素晴らしい企画でしょう。当日ワクワク気分で会場へ。スタッフの皆さんの対応が丁寧で気持ちよかったです。受付では伊達さんのパン屋「フラウクルム」のパンが振る舞われました。私はプレッツェルをいただきましたが、香りよくとても美味しかったです。恵比寿に行ったら絶対買います。
席に着きしばらくすると伊達さん、ダバディさんが登場し、試合前のトークセッションが始まりました。伊達さんの近況や最近の注目選手の話、決勝戦のシモナ・ハレプ選手とカロライン・ウォズニアッキ選手の試合の見どころなど、これから始まる決勝戦が興味深くなるような内容でした。
いよいよ試合が始まり参加者一同が大画面に注目。手に汗握る場面もしばしばで、あちこちから控えめな歓声や、ため息や拍手が上がり気分が盛り上がりました。試合はフルセットでウォズニアッキ選手の優勝でしたが、本当に素晴らしい内容でした。表彰式でハレプ選手の放心したような姿に涙が出ました。伊達さんが冗談交じりに「負けたショックや悔しさは3、4日では消えない」と言っていたのが心に残りました。
最後にプレゼント抽選会では、ラッキーなことに素敵なキャップなど3点も当たりました。感激でした!今回は本当に楽しいイベントに参加できてよかったです。ありがとうございました。


  • 森様ご夫妻森様ご夫妻

ご主人様の感想

1回目の現役時代からのファンで、写真集やエッセイも購入したし、海外でガブリエラ・サバティーニに勝利した後の国内凱旋試合の観戦にも行かせてもらった伊達公子さんに会えるということで、胸躍らせながら妻と2人で参加しました。
会場にフローラン・ダバディさんと共に登場された際は、感動で一瞬ウルっとしそうになりました。ダバディさんは、終始とても素敵な紳士という印象でした。
当日観戦した決勝は予想通り、最後までどちらが勝つか分からない試合展開で、会場にいた全員がドキドキ感を共有しながら試合を堪能できました。ビューイングセッションであるにも関わらず、ナイスなプレーには思わず拍手が沸き起こっていた程です。
試合の合間には伊達さん、ダバディさんの貴重な解説も聞きながらの観戦でした。個人的には、いまだかつてない位にどちらにも勝たせてあげたい思いが強かったのですが、あえて言うなら、世界ランク1位を経験しながらグランドスラムの優勝に手が届かなかった印象がより強いカロライン・ウォズニアッキ選手に勝たせてあげたいと思っていました。でも勝つのはメンタルで勝っていそうなシモナ・ハレプ選手かな?と思っていたこともあり、ウォズニアッキ選手が優勝を決めた最後の2ポイントには彼女の強い強い思いを感じて、ほんとにウルっとしてしまいました。
帰りに妻と遅めの夕飯でお蕎麦をすすりながら「今回は両方に勝たせてあげたかったけど、どちらかと言えばウォズニアッキ選手に勝たせてあげたかったんだよな~」としたり顔で語っていたら、呆れたように「あんた何様?」と言われてしまいました。それも含めて貴重な経験でした。また同様な機会があれば是非参加させていただきたいな~。今度は錦織選手がらみで、なーんちゃって。

奥様の感想

全豪オープンテニスをWOWOWで見て今回のイベント募集を知り、主人に応募を勧めたのがきっかけでした。まさか当たるなんて思ってもおらず、当選の連絡に驚きました。実際に試合を生で観戦する以外、自宅でしかテニスを観戦することがないので、モニターで皆さんと観戦するのは盛り上がるものかな、と少々緊張しながら指定の場所へ行きました。
思っていたより仰々しい雰囲気で更に緊張しながら案内されて会場に入ると、伊達さんのお店のパンが配られ、それを手に席に案内されました。すでに壇上には席が3席用意されており、こんな近くで伊達公子さん、フローラン・ダバディさんを見られるのかと、少しミーハー気分になってしまいました。
いよいよ時間になりWOWOWアナウンサーの渋佐和佳奈さんが登場。その後、伊達さんが紹介され颯爽と登場。爽やかな笑顔に外の寒さも吹き飛びました。ダバディさんも笑顔で現れ、独特なあの話し方で挨拶し、イベントスタート。渋佐さんもグランドスラムで現地に行かれているので、伊達さんとダバディさんとの会話も気心の知れた感じでした。日本人男女の活躍のこと、全豪オープンの雰囲気などを伊達さんならではの視点で話が進み、時間があっという間に経ち、女子決勝の開始時間になりました。
開始直前の予想はダバディさん以外、シモナ・ハレプ選手優勝でいざ観戦。試合はフルセットで内容も見ごたえのあるもので、セットが切り替わる合間には伊達さんとダバディさんの解説が入ったりして、なんだかいつも自宅でWOWOWを観戦しているような気分になりました。結果は皆さんの予想は外れ、ダバディさん予想のウォズニアッキ選手の優勝で幕を閉じた女子決勝。
振り返ってみればあっという間だったような気がします。最後にプレゼント抽選会があり、現地で手に入れた全豪グッズは当たりませんでしたが、参加することができて満足感一杯のイベントでした。ありがとうございました。


  • 山田様ご夫妻山田様ご夫妻

ご主人様の感想

当日は非常に寒く、外気に凍えた体がひとたび会場に入れば興奮で熱くなるのにもそれ程の時間はかからない、そんなとても素晴らしいイベントだった。試合開始までは伊達公子氏とフローラン・ダバディ氏によるトークセッション。長身のダバディ氏はテレビで拝見する通りのダンディで親しみやすい雰囲気、伊達氏は華奢で美しく、それでも話の端々にテニスに対する情熱がまだまだ満ちていることがわかる熱心な語り口で、注目選手や日本勢の現状、グランドスラムの裏話や伊達氏が始めたカフェについて、これから始まる女子決勝戦の見どころなどを聞かせていただいた。
そして試合開始。実力伯仲のシモナ・ハレプ選手とカロライン・ウォズニアッキ選手は、会場では「ハレプ選手優勢」という当初の予想であったが、実際には見ている側も力を抜けないような熱戦の末、ウォズニアッキ選手の勝利。試合間にもゲスト両氏によるポイント解説や試合動向などがあり、大変贅沢で充実した時間を過ごせたという実感があった。
イベント終了時にはプレゼント抽選会もあり、最後まで和やかで楽しいイベントだった。また、ともすれば窮屈になりがちな観客席もゆったりと設置されていて、長時間の観戦でも疲れにくかったことも、観戦者への配慮が行き届いていたことを感じさせてくれた。もしまた機会があれば、是非参加したいと思う。

奥様の感想

以前からテニスの試合放送を見てはいるけれど、それ程詳しくはなく、主人に誘われてこのイベントに参加するのも「私が行ってもいいのかな」と、ちょっと遠慮気味でした。でも、イベント会場で伊達公子さんとフローラン・ダバディさんのお話を生で聞けて、大勢の皆さんと一緒に女子シングルス決勝の大変な熱戦を観戦しているうちに、「ちょっと勇気を出せばこんなに楽しいことに参加できるんだ」と驚きました。
伊達さんプロデュースのお店の美味しいパンをいただき、プロジェクターの大画面で熱戦を見ているうちに、自分はメルボルンにいるのではないかと思える瞬間も出てくる程熱中。自宅でのテレビ観戦では得られない感覚でした。お1人での参加者もいらっしゃいましたが、別のお1人での参加者と次第に打ち解け、最後にはお友達のように一緒に感想を語り合っていらしたのも印象的でした。
年齢を重ねるうちに、自分はもはや新しい体験や知らないことには出会えないのではないかと、つい寂しい気持ちになりがちでしたが、まだまだ自分は新しいことに出会えることにWOWOWさんが気づかせてくれました。素敵なイベントをありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: