ドキュメンタリー

平昌パラリンピック直前!金メダリストが語る「WHO I AM」フォーラムに25組50名様をご招待!

2018/02/13

平昌パラリンピック直前!金メダリストが語る「WHO I AM」フォーラムに25組50名様をご招待!

2018年1月24日(水)  有楽町朝日ホール(東京都千代田区)

WOWOWが国際パラリンピック委員会(IPC)と共同で立ち上げたパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。東京パラリンピックが開催される2020年まで5年にわたり世界最高峰のパラアスリートに迫る本シリーズのシーズン2の冬季競技3番組を、2018年2月4日(日)よりスタートいたします。この番組の放送開始前に、番組で密着した金メダリストが登場するフォーラム&特別先行試写会を実施。WOWOWではこのイベントに、ご加入されている方の中から抽選で、25組50名様をご招待いたしました。
当日は2014年ソチパラリンピックのスノーボード金メダリストであるアメリカのエヴァン・ストロング選手、日本の成田緑夢選手、平昌冬季パラリンピック日本選手団団長の大日方邦子さん、安藤美姫さん、松岡修造さん、そして「WHO I AM」ナビゲーター&ナレーターを務めた西島秀俊さんが登壇。
今シーズンの「WHO I AM」に登場するストロング選手は、ご自身のドキュメンタリー映像について「改めて自分のストーリーを見て胸が詰まりました。全てのパラリンピアンにはストーリーがあります。是非それを知って戦う姿を見てもらいたいです」とメッセージをくださいました。また、西島さんは「選手の日常や家族なども取材し、彼らがいかに人生を楽しんでいるかを発してくれています。『僕はそんな風に楽しんで生きているのか』と突きつけられました」と、ナビゲーター&ナレーターを務めて感じた想いを語ってくださいました。お2人の言葉通り、試写会ではダイナミックな競技シーンと、その裏のストーリーに、観客の皆さんも釘付け。その他、トークセッションでは松岡さんの司会のもと、登壇者皆さんで熱く楽しいトークが繰り広げられました。
ストロング選手をはじめ、番組で密着した金メダリストの活躍が期待される平昌パラリンピックはいよいよ3月9日開催。試合本番とともに是非「WHO I AM」をお楽しみください!

イベント詳細
【登壇者】
エヴァン・ストロング(アメリカ/スノーボード/ソチパラリンピック金メダリスト)
成田緑夢(日本/スノーボード)
安藤美姫(元フィギュアスケート日本代表)
松岡修造(プロテニスプレーヤー、トークセッション司会)
大日方邦子(パラリンピックアルペンスキー金メダリスト/平昌冬季パラリンピック日本選手団団長)
特別ゲスト:西島秀俊(WHO I AM ナビゲーター&ナレーター)
番組情報
IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」シーズン2 IPC(国際パラリンピック委員会)との5年にわたる共同プロジェクトのシーズン2。
舞台は平昌、そして東京へ。新たな世界最高のアスリート8人の物語。

■番組スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

当日の様子

  • 会場西島さんも急遽応援に来てくださいました!

私たちが特派員として参加しました

  • 金井様・西本様金井様・西本様

金井様の感想

「WHO I AM」のフォーラムには2度目の参加でした。パラリンピアンの方のキラキラした笑顔、誇らしげに語る様子を目の当たりにして、このような機会があったら是非また参加したい!と強く思っておりましたので、再び当選して感無量でした。
エヴァン・ストロング選手の回の試写会は、メモを取って残しておきたいと思うような素晴らしい言葉がたくさんありました。ゴールドメダルよりも大切なもの・・・という話にはグッときました。アスリートだからとか特別なことではなくて、ごく日常の私たちにも共通する普遍的なもの。困難を乗り越えてきた彼の強さと優しさがいっぱいに詰まったプログラムでした。映像や音楽もとっても素敵で、「是非観て!」と家族や友人に薦めたいです。
トークセッションでは、松岡修造さんが期待通り・・・いや期待以上の熱い司会で、とても濃密な時間でした。ストロング選手と、その良きライバルである成田緑夢選手が肩を並べ、はにかみながらお互いを語り合う姿は、なかなか見ることのできない貴重なシーンだったと思います。選手たちの飾らない、等身大の言葉を引き出してくださった修造さんには本当に感謝です。もっともっと聞きたかった!オリンピックに比べパラリンピックはまだまだ認知度も低く、陰に隠れがちだと思います。私自身も無知なせいか身構えてしまうところがありました。「選手の数だけ『物語』があるので、それを知って楽しんでほしい」と成田選手がおっしゃっていました。まもなく平昌パラリンピックが始まりますが、気負うことなく素直に感動し、面白いと声を上げて応援していきたいと強く思いました。この度は楽しい時間をありがとうございました。

西本様の感想

この度は、「平昌パラリンピック直前!金メダリストが語る「WHO I AM」フォーラム」にご招待いただき、ありがとうございます。「WHO I AM」は、ナビゲーター&ナレーターが西島秀俊さんであるという理由で、シーズン1より拝見していますが、その内容の素晴らしさに毎回感動しております。いずれのパラリンピアンの方々も、我々の想像を遥かに超える困難に立ち向かい、克服し、さらに目標に向かって鍛練されるお姿に、驚きと畏敬の念を抱きます。選手の皆さんが素晴らしいのはもちろんなのですが、選手を明るく力強く支えるご家族の愛情にも胸が熱くなります。
ドキュメンタリーや、トークセッションの中でエヴァン・ストロング選手は、ご家族の大切さを語っておられました。「金メダルよりも大切なものである」と。ご家族と過ごす穏やかな日常があればこそ、高い集中力で競技に向かうことができ、より良いパフォーマンスができるのではないかと思いました。
「怪我をしてよかった」と言い切る成田緑夢選手も、「金メダルを獲ることだけが全てではない。パラリンピアンとしての活躍が、他者の心を動かせた時に喜びを感じる」とおっしゃられ、お若いのに素晴らしいなと感心しきりでした。「これが自分だ!」と胸を張って言えるだろうかと問いかけられているようでもあります。
松岡修造さんの熱い司会によるトークセッションは、選手の皆さんの本音を聞くことができ、とても楽しくあっという間の時間でした。
西島さんの番組に対する真摯な感想と、ストロング選手とにこやかにお話される笑顔が、とても素敵でした。「パラリンピアンのバックボーンを知ることにより、さらに競技を楽しめる」と成田選手が仰っておられましたが、「WHO I AM」はまさに最適の番組だと思います。多くの方に見ていただきたいです。平昌パラリンピックでのお2人のご健闘を楽しみにしております。


  • 橋本様ご夫妻橋本様ご夫妻

ご主人様の感想

「平昌パラリンピック直前!金メダリストが語る「WHO I AM」フォーラム」に夫婦で参加させていただきました。特別先行試写会とトークセッションの2部構成で行われました。
試写会は、ハワイ在住義足スノーボード王、ソチパラリンピック金メダリストのエヴァン・ストロング選手のドキュメンタリーが上映され、すぐに画面に引き込まれました。上映後には、そのストロング選手と「WHO I AM」のナビゲーター&ナレーターの西島秀俊さんが登場され、会場も盛り上がりました。
休憩を挟んでのトークセッションでは、休憩の間から司会の松岡修造さんが登壇するサプライズがあり、そのままトークセッションが始まりました。ストロング選手の他に、2016年全国障害者スノーボード選手権大会優勝、2017年IPCスノーボードワールドカップ優勝の成田緑夢選手、元フィギュアスケート日本代表の安藤美姫さんが登壇され、障害者スポーツや、パラリンピック、そして金メダルを取ることへの想いを聞くことができ、あっという間の時間でした。
パラリンピックとオリンピックは同時期に開催されますが、オリンピックが終了すると、パラリンピックへの関心が低くなってしまっていましたが、今回のフォーラムに参加する機会を得て、これまでのパラリンピックに比べ、競技やその選手への関心が大きく変わりました。平昌から東京オリンピック・パラリンピックに向けて、もっともっとこのような取り組みが広く周知されるようにWOWOWの取り組みを応援したいと思います。

奥様の感想

「平昌パラリンピック直前!金メダリストが語る「WHO I AM」フォーラム」に参加させていただきました。主人が応募していたことも知らず、突然「ご当選おめでとうございます!」と連絡をいただいた時はビックリ!でしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
イベント会場は活気にあふれ、どんなお話が聞けるか、誰もが期待しているような空気を感じました。そして、登壇者の表情もバッチリ拝見できました。平昌冬季パラリンピック日本選手団団長・大日方邦子さんが力強く決意を語られました。特別ゲストの西島秀俊さんはかっこよかったです!
エヴァン・ストロング選手のドキュメンタリーを鑑賞し、スノーボード競技の迫力はもちろん、今まで知らなかったストロング選手の素顔を覗くことができました。一遍でファンになりました。
最後は、松岡修造さんの熱い司会進行で、ストロング選手と成田緑夢選手、安藤美姫さんのトークセッションでした。平昌パラリンピックに挑むそれぞれの思いを聞くことができてよかったです。世界の大舞台で戦われるというのに、ストロング選手も成田選手もとても穏やかで、人生をエンジョイしているんだなぁと感じました。お2人はライバルであるけれど、ものすごく仲がいいんですね!このイベントに参加して、パラリンピックの見方が変わりました。


  • 伊藤様ご夫妻伊藤様ご夫妻

奥様の感想

今回は、松岡修造さん、西島秀俊さんに会えるかも、と思う安易な気持ちで応募しましたところ、特派員に選ばれ、お2人にお会いすることができました。お2人とも本当にカッコイイのでびっくりいたしました。
特別先行試写会では、アメリカのエヴァン・ストロング選手の番組を見させていただきました。彼が事故に遭った時から現在に至るまでを見て、素晴らしい人たちに囲まれて今があるということ、彼自身もすごく心の広い人だということが分かって、これから始まる平昌パラリンピックを見る目が変わると思いました。
試写会後にご本人が出て来て、他のゲストとのトークセッションも、松岡さんの司会で面白おかしく進行していきました。パラリンピック選手それぞれに辛い時期を乗り越えて今があることを考えながら応援したいと思いました。最後まで、松岡さんの熱いサービスもよかったです。益々好きになりました。寒い日でしたが、主人と2人で素敵な日を経験させてもらいました。ありがとう。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

募集中の招待エピソード