ドラマ

「連続ドラマW イアリー 見えない顔」完成披露試写会&舞台挨拶に45組90名様を特派 員としてご招待!

2018/07/23

「連続ドラマW イアリー 見えない顔」完成披露試写会&舞台挨拶に45組90名様を特派 員としてご招待!

2018年7月10日(火)  法政大学 市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 薩埵ホール(東京都千代田区)

オダギリジョーさんを主演に迎えた新・都市型スリラー「連続ドラマW イアリー 見えない顔」。原作は前川裕さんの同名小説で、オダギリジョーさん演じる大学教授・広川誠司の周囲に起きる不審な近隣トラブルが、やがて大学総長選挙の暗闘に絡みついていくという異色のストーリー。WOWOWではこのドラマの完成披露試写会と舞台挨拶に、ご加入されている方の中から抽選で、45組90名様をご招待いたしました。
この日の試写会は、原作者・前川さんが教授を務める法政大学・市ヶ谷キャンパスで開催。特派員や学生の皆さんが集うなか、主演のオダギリジョーさん、仲里依紗さん、黒島結菜さん、森淳一監督、そして前川裕さんが登壇しました!
オダギリさんはご自身が演じた役について、ドラマを観られる方との橋渡し的な立場だと考えたそうで、皆さんが作品を観た時と同じような気持ちでリアクションするよう心がけていたとのこと。また、学生の方から"夢を叶えるために必要なことは?"と質問が挙がると、「今日、人生で初めてマカロンを食べました。やっと夢が叶ったというのでしょうか。信じ続ければ、いつか皆さんもマカロンが食べられますよ」と、オダギリさんらしく個性的な回答が飛び出すひと幕も♪
試写会前には法政大学の学部長、教員による御挨拶・講演と、森監督と前川さんによるトークショーも開催!さらに、特派員の皆さんには番組オリジナルトートバックとミニタオルのプレゼントもお持ち帰りいただくなど、盛り沢山のイベントとなりました。
得体の知れない不気味な闇に日常生活がじわじわと侵食されていく恐怖・・・真夏の暑さも忘れさせる戦慄のアーバンスリラーをどうぞお愉しみに!

イベント詳細
・法政大学:大中学部長ご挨拶、専任講師・廣松様ご講演
・上映会
・森淳一監督×原作者・前川裕氏トークショー
・舞台挨拶
【登壇者】オダギリジョー、仲里依紗、黒島結菜、森淳一監督、原作・前川裕
番組情報
「連続ドラマW イアリー 見えない顔」(全6話) オダギリジョー、仲里依紗ら個性派キャストで送る戦慄のサスペンス。隣人たちの奇妙な振る舞いと私立大学総長選挙の闇が不気味に絡み合い日常生活が侵食される恐怖を描く。
8月4日(土)スタート![WOWOWプライム] 毎週土曜よる10:00 ※第1話無料放送
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
「連続ドラマW イアリー 見えない顔」放送記念!オダギリジョー出演作 前川裕の小説を映像化した「連続ドラマW イアリー 見えない顔」が、8月4日放送スタート。これに関連し、主人公の大学教授を演じるオダギリジョーの出演作を特集。

■番組放送スケジュールはこちら!>>

お土産♪

  • 20180710miyageドラマに出てくる架空の大学ロゴの入った
    オリジナルトートバック&ミニタオル

私たちが特派員として参加しました

  • 三浦様親子三浦様親子

お母様の感想

WOWOWのドラマは国内海外ジャンルを問わず、よく観ます。特に今回、怪しげで不可解な作品「連続ドラマW イアリー 見えない顔」にはいたく好奇心を刺激されたのが、応募のきっかけです。
試写会場は、原作者・前川裕さんの勤務先でもある大学、校舎というより都会のオフィスといった感じである法政大学です。ドラマの中に一瞬でも入り込んだ気持ちになりました。
物語は、冒頭から異様な違和感と雰囲気が漂い、何かの気配を感じさせます。詮索好きな隣人の声色、静寂な夜に響くインターホン、傘から流れ落ちる雨粒が地面にしみの様に広がるさまは、目に見えない何かが、闇を持つ登場人物の心に音もなく入り込んでいきます。「えっ何?何?」見ている者をも容赦なく画面に引きずり込みます。帰り道に思わず振り返り、暗い夜道に目を凝らす私でした。魅力的な演者の皆さんと予測できないストーリーで真夏の夜は眠れません。

お嬢様の感想

WOWOWのドラマが大好きな母に誘われて参加させていただきました。前川裕さんの原作はまだ読んだことが無く、内容についていけるかな・・・と不安を感じていました。が、その心配は無用でした。気づいた時には第1話が終了しているくらい引き込まれてしまいました。「イアリー 見えない顔」のタイトル通り、じわじわと襲ってくるような不気味さでゾクゾクしました。
また、近隣住民の様子が妙にリアルで、それが怖かったです。第1話とは思えないような内容の濃さで、登場人物全員が怪しく、今後この人物がどのように繋がっていくのかワクワクしています。
こんな不気味な物語を描く前川さんはどんな人物だろう・・・と考えていたら、その後の舞台挨拶でのお茶目な感じにまたビックリしました(笑)。 今後の展開が楽しみです。原作と共に放送を観ていきたいと思います。夏の楽しみが増えました!


  • 杉本様ご夫妻杉本様ご夫妻

奥様の感想

WOWOWの番宣を観て非常に面白そうなので、8月のドラマはこれ!と思っていたところ、運よく完成披露試写会&舞台挨拶に当選し、特派員として参加してきました。これまで数回、映画の試写会・舞台挨拶を観てきましたが、今回は原作者が法政大学の教授でもある前川裕さんということで、場所も大学内の薩埵ホール。学生の参加者も大勢いて、これまでとは違った雰囲気で、会場内はさながら講義を受けるような感じでした。
まずは、法政大学の学部長、国際関係学部の教授の方からご挨拶がありました。原作者が本学の教授であること、大学の総長選挙がこのドラマの軸のひとつでもあり、撮影場所も大学内であることから、学校側の本作品に対する思い入れの感じられるコメントでした。
続いて森淳一監督と前川裕さんのトークショー。残虐性の濃い作品が多いと言われている先生ですが、素顔は非常にお茶目で、優しいお人柄が伝わってきて、楽しく聞かせていただきました。森監督は穏やかな風貌とは裏腹に、冒頭から刺激的かつ、引きこまれる演出で、原作と映像化の捉え方など、興味深いお話を聞くことができ、今後の展開が非常に楽しみになりました。
そして皆さんお待ちかねの出演者登場。学生さんの歓声とどよめきが私の期待通りで一挙に盛り上がりました(笑)。オダギリジョーさん、カッコいい。仲里依紗さん美しい。黒島結菜さん可愛い。やはり実物は違うなあと改めて思うと同時に、素のトークと作品の中で演じる人物とのギャップがリアルに感じられて、これからドラマが2倍愉しめそうです。舞台挨拶の醍醐味はこういうことではないかと感じました。また、写真を撮る時間も設けてくださり、すごく得した気分で会場を後にしました。
最後に、是非とも追記したいことがあります。司会進行をされていた女性がとてもスキルが高く、舞台と参加者との繋ぎがお上手で美しく、お声も良く、法政大学の学生さんたちに、こういうプロの社会人を目指してほしい、素晴らしいお手本のような方だなと感じ入りました。
今回このようなイベントに参加し、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。「イアリー 見えない顔」・・・人間の裏の顔だけでなく、きっと誰にでもある自分も見たことのない顔。大学、地域、学校、友人関係それぞれの小さな世界の中の怖さ、それがドラマの中でどう展開してゆくのか、ますます放送が楽しみです。映画やライブも良いですが、一流の役者で丁寧に作られた感のあるWOWOWのドラマに今後も期待しております。


  • 草壁様・髙田様草壁様・髙田様

草壁様の感想

原作者の予備知識がないまま試写会に参加しましたが、お気に入りのサイコサスペンス「クリーピー 偽りの隣人」の原作者と同じ方だったとは驚きでした。しかも、本業が現役バリバリの大学教授とは恐れ入りました。
ドラマ本編は副題通り、身近にある「表と裏」の見えない顔がテーマとなっているのですね。ごく当たり前の日常生活に潜む闇がとても気になります。主演のオダギリジョーさん、仲里依紗さんや共演のイッセー尾形さん、筧 利夫さん、真琴つばささん、田中要次さん、内田春菊さん、猫背椿さんなど、とても贅沢で濃いキャスティングだと思います。それぞれひと癖もふた癖もある個性的で魅力的な役者さんたちで、じっくりドラマを堪能できそうです。
第1話から伏線が幾重にも張り巡らせてある感じで、1場面1場面見逃すまいと真剣に見入ってしまいました。丁寧な映像と印象的な音作りで、サスペンスならではの観ながら思わず手に力が入っちゃうドラマですね。第2話以降の展開が非常に気になります!原作も是非読んでみたくなりました。仲さんはとってもチャーミングでした♪

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: