スポーツ

☆日本開催4大会へ合計48名様をご招待☆「楽天ジャパンオープン2018」決勝に15組30名様を特派員としてご招待!

2018/10/25

☆日本開催4大会へ合計48名様をご招待☆「楽天ジャパンオープン2018」決勝に15組30名様を特派員としてご招待!

2018年10月7日(日)  武蔵野の森 総合スポーツプラザ (東京都調布市)

日本国内で唯一のATPツアー、楽天ジャパンオープンテニス。
今年は会場を武蔵野の森総合スポーツプラザに移し、初めての室内大会として開催。錦織圭選手をはじめ、杉田祐一選手、ダニエル太郎選手や、海外からはマリン・チリッチ選手も出場!7日間にわたる熱い戦いを繰り広げました。このプレミアムな大会の決勝の【3階席】に、WOWOWにご加入されている方の中から抽選で15組30名様をご招待いたしました。
今大会は、1回戦から錦織選手と杉田選手が初対戦。勝ち進んだ錦織選手が4年ぶりの決勝進出を成し遂げました。昨季は右手首故障に苦しんだ錦織選手ですが、復活となるか期待の集まる一戦。また、ダブルスでもマクラクラン勉選手が昨年に続き決勝進出と、日本人選手の活躍めざましい決勝戦となりました!
当日は10月とは思えない程の暑い1日でしたが、天候や日差しに左右されない室内大会。インドアコードに響き渡る、風を切るような鋭いサーブの音を特派員の皆さんに全身で感じていただきました!

関連情報
■WOWOW TENNIS ONLINE番組オフィシャルサイトはこちら!>>

当日の様子

  • 入口ゲート10月とは思えない真夏の暑さの中、
    入口ゲートにはたくさんの人が!
  • 会場外観今年は有明コロシアムが改修中ということで
    「武蔵野の森総合スポーツプラザ」での開催
  • 会場テント
  • 20181007_busu.jpg
  • 会場にはVR体験や、ラケットの試し打ちもできたりとテニスファンにはたまらないブースがたくさん!
    皆さん思い思いに試合開始前の時間を楽しんでいました♪
  • トロフィーこちらは大会優勝トロフィーの展示が・・・
    たくさんの方が写真を撮るため列を作っていました!

私たちが特派員として参加しました

  • 服部様親子服部様親子

ご子息様の感想

「楽天ジャパンオープン2018」の決勝戦に行ってきました。私は中高と硬式テニス部に所属しており、実際にプロの方の練習を拝見する機会もありました。しかし、今回のようなプロの公式試合を生で観戦するのは初めてで、それも長年応援していた錦織圭選手のATPツアー決勝戦ということで、とても楽しみにしていました。
当日、会場に到着すると、まず長蛇の列と"当日券完売"の文字が目に飛び込んできました。これだけで錦織選手の人気の高さと、日本で唯一のATPツアーである「楽天ジャパンオープン」のチケット倍率の高さを実感しました。13時試合開始ということでしたが、開場は11時半から行われ、各々VRテニス体験をしたり、会場限定テニスグッズを買いに行ったりするなど、時間を潰す手段はいくらでもありました。
試合自体の感想としましては、とにかく速い!目で追うのがやっと・・・正直に書くと、目で追いきれないポイントもたくさんありました。僕だけでなく、周りからも「今どうなったの?」という声が多く聞こえてきたので、これはテニス観戦あるあるなのかもしれません。次に、テレビで見るのと生での観戦で一番の違いを感じたのは音です。トッププロのストロークやサーブの音は、僕が中高でやってきたスポーツと本当に同じ競技なのかと疑いたくなるような轟音でした。とにかく、生で見るプロの試合はテレビで見るものとは本当に別物でした。
是非また機会があれば、テニス観戦に足を運びたいと思います。

お母様の感想

健康増進のため、ぬるいママさんテニスを始めて早9年。プロテニスプレーヤーの試合を1度も生で見たことのなかった私に、日本を代表する錦織圭選手の試合を見るチャンスが訪れ、わくわくしながら出かけて行きました。
まずはダブルスの決勝。生まれて初めて見る生のプロ選手の打球の速さにびっくり。正直、テレビなどでシングルスの試合ばかり見ていて、ダブルス観戦の経験は殆どなかったのですが、ボレーの応酬で展開の速さにあっけにとられました。
続いてシングルス決勝。いよいよ待ち焦がれた「生・錦織選手」の登場に興奮しました。ダブルスとは異なり、深い球の応酬で、手に汗握りました。テレビ中継によくあるアングルではわからない、低くて迫力ある弾道に圧倒され、「テニスって格闘技だったんだ」としみじみ感じました。
残念ながら錦織選手は負けてしまったけれど、プロの迫力ある試合を生で見る醍醐味に目覚めました。またチャンスがあれば観戦したいと思っています。


  • 森様・土志田様森様・土志田様

森様の感想

テニスの試合を現地で見てみたくて「楽天ジャパンオープン2018」のご招待プレゼントに応募しました。当選できてとても嬉しいです!ワクワクして前夜はなかなか寝付けませんでした。
会場エリア内に入ると、大会スポンサーのショップやイベントブースが並んでいて、私たちも大きいラケットを持って写真を撮ってもらったり、勝利後の選手がカメラレンズにサインをするのを真似した動画を撮る体験をしたりと、試合が始まるまでの時間も楽しめました。
WOWOWではシングルスの試合を見ることが多いのですが、今回の観戦で、ボレーの応酬やペアの選手との息の合ったプレーを見て、ダブルスの試合も面白いと思いました。しかも日本人のマクラクラン勉選手のペアが優勝したので、とても興奮しました!
シングルス決勝の試合前には葛城ユキさんの国家独唱がありました。素敵な歌声で、とてもかっこよかったです。いつも応援している錦織圭選手がシングルスの決勝まで勝ち上がったので、プレーしている姿を見られて嬉しかったです。惜しくも準優勝でしたが、次の試合も楽しんで頑張って欲しいです。
初めてのテニス観戦という楽しい機会を与えてくださって、ありがとうございました。これからもテニスと映画の放送を楽しみにしています。

土志田様の感想

友人が今回の「楽天ジャパンオープン2018」決勝の特派員に当選し、同行させてもらいました。プロのテニスの試合を生で観戦するのは初めて、しかも決勝に日本人選手がダブルス、シングル共に残っているなんて、凄いタイミングでの当選と喜びました!会場に入ると、テニスメーカーのブースや屋台も出ていて、楽しい体験ブースもあり、写真を撮ったり買い物をしたりと、会場の雰囲気を満喫しました!オフィシャルグッズショップは長蛇の列で、人気の高さを感じました!
席に着いて、テレビでは感じられない臨場感に感動しました。まずはダブルスからの観戦。入場から緊張感とワクワク感が伝わってきました。ダブルスならではの、ボレーの目が追い付かない位の速さの応酬に感動しました。ダブルスのおもしろさを改めて実感!
シングルスの決勝前に会場を盛り上げようとしてくれるDJも素晴らしかったです。シングルスでは、生で錦織圭選手が見られたことにまずは感動。勝って欲しかったですが、相手選手の素晴らしいプレーも感動しました。特にサーブの速さと、ボールの重さを生の音で感じました。もちろん錦織選手のバックハンドも素晴らしかった!勝負の世界ですから、錦織選手は負けてしまいましたが、最後まで楽しませてもらいました。
会場の雰囲気や音は観戦しないとわからないことだったので、貴重な体験ができたことに感謝です!


  • 黒澤様親子黒澤様親子

お母様の感想

10月だというのに夏に逆戻りか?という位の30度を超える暑い暑い日となった武蔵野の森総合スポーツプラザ「楽天ジャパンオープン2018」。いつもテレビの前にかじりついて見ている私。今回、ジャパンオープンの決勝を観戦させてもらえたことに感謝しながら、初の生のプレーを満喫させてもらいました。もちろん満員の会場の雰囲気も大変な盛り上がりで、客席の皆さんの応援の気持ちがひとつになる感じは興奮の連続でした。
会場の外もたくさんのブースが並んでいて、ゲーム、有名選手のラケットの模型の展示などなど、たくさん楽しんじゃいました。グッズショップも長蛇の列でしたが、それもビッグイベントの醍醐味ですね。
とてもとても楽しい大興奮の1日でした。何より日本の錦織圭、マクラクラン勉両選手を決勝の場で応援できた私はなんてラッキーなんでしょう!本当にありがとうと心から言いたいです。正直、準優勝となった圭君の気持ちを思うと、とても切ないですが、もちろん何も変わらず圭君をずっと応援し続けるし、さらなる栄光を掴む日は必ず来る!と信じています。
タフな戦いを勝ち抜いて優勝を成し遂げた選手の皆さん、本当におめでとうございます。その素晴らしい瞬間に参加させてもらえたことに感謝です。ありがとうございます。

お嬢様の感想

今回初めて、会場でプロのテニスの試合を見ました。生で見て、選手たちの雰囲気や球のスピード感、跳ねる音や高さなどを実際に感じ、普段テレビで見ている時とまた違った角度で試合を見ることができ、新鮮な体験になりました。
選手だけでなく、会場全体についても、ゲーム中は観客にも緊張感が走って静かに見守り、点が入っても取られても皆が拍手で応援する、テニス特有の雰囲気を感じました。歓喜の拍手や、敬意の拍手、励ましの拍手など、拍手で会場全体が一体となって応援していて、私も手が痺れてしまう程に拍手し、応援して楽しむことができました。
特に今回は、ダブルスではマクラクラン勉選手、シングルスでは錦織圭選手という日本人選手の決勝試合を観戦することができ、本当に貴重な機会をいただき、ありがとうございました。テレビでの観戦も楽しいですが、またいつか会場で観戦したいと思いました。2019年大会、2020年大会がますます楽しみになりました!

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: