ドラマ

「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」完成披露試写会&舞台挨拶に100組200名様を特派員としてご招待!

2018/10/12

「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」完成披露試写会&舞台挨拶に100組200名様を特派員としてご招待!

2018年9月27日(木)  ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場(東京都港区)

未解決凶悪犯罪、通称"コールドケース"を扱う捜査チームの活躍を描く「コールドケース」。
アメリカで全シーズンの平均視聴者数が1千万人を超えるこの人気ドラマを、2016年WOWOWがアメリカ国外としては世界初となる制作と放送を手掛け、話題となりました。そしてその待望の続編『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』がいよいよ放送開始!
神奈川県警捜査一課の中でチームを牽引する主人公の女性刑事・石川百合を吉田羊さんが演じ、永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さん、そして三浦友和さんという前シーズンの主要メンバーが再結集しました。
また、本作ではWOWOWのドラマ史上初となる全編8Kによる収録を行ない、さらに全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作。最新技術とフィルムの併用で、本作の醍醐味である過去と現在をつなぐ世界観を圧倒的な映像美で表現しています。WOWOWではこのドラマの完成披露試写会と舞台挨拶に、ご加入されている方の中から抽選で、100組200名様をご招待いたしました。
舞台挨拶には、主演の吉田羊さんはじめ豪華俳優陣の皆さんが登壇!シーズン2を迎えてますますパワーアップした作品についての思いや、撮影秘話などを披露していただきました。なかでも吉田さんは、この作品を"ホーム"のような存在と語り、「通じ合える共演者の皆さんと、ライフワークとしてこの先何年も続けたい!」と語ってくださいました。また、意外な"未解決事案"があることを暴露!何と共演者の永山絢斗さんがWOWOWに未加入だったそうです。永山さんにその場でスタッフが用意したWOWOWの加入申込書(架空)に記入していただき、これには会場も大爆笑!仲の良さを感じられるひと時でした♪
時間経過を丁寧になぞった迫力の4K・HDR映像に加え、ただの刑事ドラマとは違う、深く心に語りかける人間ドラマです。毎回豪華ゲストをお迎えしての全10話。どうぞお見逃しなく!
永山さんも一緒にWOWOWで楽しんでくださるでしょうか♪

イベント詳細
・舞台挨拶
・第1話上映会

【登壇者】吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和、波多野貴文監督
番組情報
連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~ (全10話) 日本版「コールドケース」待望の第2シーズンがパワーアップして登場。吉田羊をはじめとする豪華キャストが演じる捜査チームが新たな未解決事件の隠された真実を掘り起こす。
10月13日(土)スタート![WOWOWプライム] 毎週土曜よる10:00 ※第1話無料放送
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~ 吉田羊主演。大ヒット海外ドラマ「コールドケース」の日本版。未解決事件を追うごとに明らかになるさまざまな人間ドラマ。時を経て、真実の扉が開かれる。

■番組放送スケジュールはこちら!>>

イベントの様子

  • 会場1
  • 会場2
  • 当日は吉田さんから永山さんに
    WOWOWへのご加入を促すパフォーマンスも!
  • 会場3
  • 会場4
  • スクリーン前ではドラマの世界観が体感できるVRコーナーを設置
    たくさんの皆さまに本作の世界を体感していただきました!

私たちが特派員として参加しました

  • 中村様親子中村様親子

お母様の感想

『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』完成披露試写会&舞台挨拶に参加しました。とても素敵なイベントで、大変楽しませていただきました。
第1話、映像が本当に綺麗で、流れる音楽は懐かしく・・・。捜査一課の5人はシーズン1よりもっともっとパワーアップしています。とにかく皆さんかっこいい!テンポがいい!ゲストも豪華で、ひとつひとつのシーンが、言葉が、とても丁寧に作られていて引き込まれました。
舞台挨拶ではキャストの皆さんのチームワークの良さが伝わってくる素敵な時間でした。吉田羊さん、本当にお美しかったです。シーズン2では滝藤賢一さんのセクシーなお姿が沢山見られるとか!?楽しみです。
長期シリーズ化して欲しい素晴らしいドラマですね!

お嬢様の感想

母親に誘ってもらい参加しました。オーラ溢れるキャストの皆さんと監督の登場に、初っ端から圧倒されてしまいましたが、舞台挨拶が始まると皆さんのお話が楽しく、特に滝藤賢一さんがお話なさった時は会場全体で笑いました。お互いへの素敵な信頼関係、シーズン1よりも現場の結束感が盛り上がっていた様子が伝わってきて、放送がとても楽しみになりました。
『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』はアメリカで放送されていたオリジナル版の空気感も感じられる一方で、まったく新しい作品にも思える程に完成度が高いところが魅力であると思います。キャストの皆さんも仰っていたように、シーズン1よりも捜査チームの連帯感も、『コールドケース』という世界観への惹きつけ方も格段にグレードアップしている!と感じました。
主演の吉田羊さんも仰っていたように、警察の権力を振りかざして犯人を追い詰めるのではなく、犯人に寄り添って事件を解決していく"慈しみに満ちたドラマ"です。10月13日からの放送を、とても楽しみにしています!


  • 福澤様・伊東様福澤様・伊東様

福澤様の感想

シーズン1からずっと観てきた『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』の第1話を4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)の素晴らしい映像美で拝見させていただき、こんなに贅沢な機会はないなと思いました。
シーズン1から更にパワーアップしており、制作側の皆さんの拘りもとても感じました。ズルいくらいの伏線が今後どのように展開されていくのかとても楽しみです。
本日はとても貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました!

伊東様の感想

『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』完成披露試写会&舞台挨拶に参加させていただきました。4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)という非常に高い画質での放映で、物語の世界がより鮮明に映り、その世界にグッと引き込まれていきます。シーズン1を経て更にこのシーズン2では、日本の歴史などが背景に絡んでいき、より一層ドラマに深みが増していると感じました。
舞台挨拶は、絆が増した出演者の方々と監督によるもので、笑いも多く和気藹々とした雰囲気でした。その中でお1人お1人のコールドケースへの想いや、ここは見逃せない!という見せ場を聞くことができ(出演者にフォーカスした回がいくつかあるらしい)、それを聞いてからの試写会はドラマだけを観る時よりも色々なことを感じられます。特に主演の吉田羊さんの「コールドケースの撮影現場は、私にとって帰りたくなる場所」という言葉が印象的です。このひと言でドラマへの並々ならぬ愛を感じました。
『コールドケース2 ~真実の扉~』は毎回、忘れてはいけない大切な何かに気づけたり、心にズッシリと何かが残るメッセージ性の強いドラマです。主演の吉田さんも"日本が世界に誇るドラマ"と仰っています。その通り素晴らしいドラマだと私も思います。是非、実際に観てそれを体感して欲しいと感じました。


  • イウ様・森安様イウ様・森安様

イウ様の感想

『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』の完成披露試写会&舞台挨拶に参加しました。
世界初の4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)の解像度にびっくりしました。実物が拡大して目の前にいるように迫力が半端なかったです!ストーリーのテンポもとてもよく、各シーンを見逃さないようにスクリーンに引き込まれました。第2話も楽しみです。

森安様の感想

舞台挨拶で出演者の方の和気藹々としたやり取りを見せていただいた後のドラマの試写だったので、いい意味でギャップが凄かったです。
吉田羊さんが仰っていたように、正義を振りかざして悪を裁くのではなく、罪を犯した人間に静かに寄り添って問いかける、熱を持ったお話でした。
WOWOW未加入ですが、続きが観たいので加入しようか迷っています!素敵な機会をいただき、ありがとうございました!!

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: