ドラマ

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」トークイベントに30組60名様を特派員としてご招待!

2018/11/16

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」トークイベントに30組60名様を特派員としてご招待!

2018年11月5日(月)  神楽座(東京都千代田区)

革命的な発明により、"パンドラの箱"を開いた人々の運命を描く「パンドラ」シリーズの最新作がドラマWに登場!今回のテーマは"AI"人工知能。人工知能という"パンドラの箱"が社会に何をもたらすのかをリアルに描き出します。医学界を根底から覆す画期的な医療用AIを開発する主人公を向井理さんが演じる待望の最新作。このドラマの放送を記念して脚本家・井上由美子さんと"ホリエモン"こと実業家・堀江貴文さんのトークイベントを開催しました!
同シリーズを第1作目から手がける井上氏が「パンドラ」シリーズのコンセプトや、今回「AI」をテーマに選んだ秘話を明かし、2015年に「予防医療普及協会」を立ち上げ、医療分野にも精力的に進出する堀江氏は、AIが医療の世界でもたらしている現状や未来予想について語っていただきました。井上さんも「堀江さんの話はドラマより面白い!」と終始和やかな雰囲気の中、堀江さんは「WOWOWのドラマは良質」と絶賛。さらに「今回の「AI」はドラマのテーマとしてはすごく適切だと思います」と太鼓判を押していただきました。
続きが楽しみな「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」。AIに取って代わることは不可能であろう俳優陣の熱演を、どうぞお楽しみに♪

イベント詳細
・第1話上映会
・トークセッション
【登壇者】
脚本家:井上由美子、堀江貴文
番組情報
「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」(全6話) 連続ドラマWの原点!井上由美子の社会派ドラマシリーズ最新作。向井理演じる医療用AIの開発者を主人公に、人工知能というパンドラの箱が社会に何をもたらすのかを描く。
[WOWOWプライム] 毎週日曜よる10:00
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」放送記念!向井理主演作 ■番組放送スケジュールはこちら!>>

イベントの様子

  • 会場の様子
  • Aさんと一緒に
  • 会場の様子

  • お互いに聞いてみたかったことや未来予想まで、"なるほど"と
    唸らせられるトークに、会場のみなさんも興味津々でした!

私たちが特派員として参加しました

  • 横田様ご夫妻横田様ご夫妻

ご主人様の感想

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」トークイベントに参加しました。私自身IT企業に勤めており、"AI"という言葉は身近に感じていたので、今回のドラマテーマにはとても関心がありました。
定刻になり、ドラマの上映が始まりました。今回、パンドラシリーズは4作品目。しかし私がWOWOWに加入したのはどの放送も終了した後でしたので、過去の放送知識がまったくない状態での鑑賞となり、その点を少し心配していたのですが、まったく問題なくドラマを楽しむことができました。ドラマの内容については、色々な媒体で紹介されていますので割愛しますが、医療用AIが善と判断されるのか、悪と判断されるのか、今後の展開が大変楽しみな作品でした。
上映会に続いて、脚本家の井上由美子さんと実業家の堀江貴文さんのトークショーが行われました。今回のドラマテーマである医療用AIから話が始まり、堀江さんが今取り組んでおられる予防医療の話は、とても興味深いものでした。しかし、このトークショーで一番の盛り上がりを見せたのは「WOWOWの買収を考えていた」と堀江さんが発言したところ。最終的にこの話は流れてしまったとのことですが、「WOWOWは良質なドラマが多く、この先も安泰」という言葉は自分も納得でした。
また今回のドラマでは、診察をAIが行うことで診察医が不要になることが描かれていますが、堀江さん曰く「最終的にAIで9割の人が職を失う。」とのこと。イベント後に入った定食屋では、テーブルにタブレットが置いてあり、そこから注文をするシステムでした。そのうち料理はロボットが運び、会計はテーブルで可能となる。そうするとホールの人たちはいらなくなる・・・先ほど堀江さんがおっしゃったことを体験した瞬間でした。

奥様の感想

本日のイベントはWOWOWファンの旦那さんの誘いで参加しました。一緒に暮らし始めるまでは、連続ドラマを観ることなんてほとんどなかった私ですが、WOWOWのドラマは1つのドラマ自体の話数が長すぎることもなく、飽きずに最後まで楽しく観られる、まさに"ちょうどよい"ドラマなんです。今回のパンドラシリーズも、過去の作品は観たことがなかったのですが、そんな私でも全く問題なく楽しめる素敵なワクワクする作品であったなと思います。今、自分の周りでも話題になっているAIが発達していくことによって起こる、そう遠くない未来を疑似体験できるような世界観だなあと思いました。今から続きがとても気になります。
トークショーに登場した実業家の堀江貴文さんは、"テレビで時折見かける大きなことを言っている方"というイメージを持っていましたが、話を聞いているうちに、この人は本当に"ただものものではない方"であるとひしひしと感じました。ただ何の考えもなく大きなことを言っているのではなく、自身で深めた知識や分析結果の元、発言し世間を動かしているのだ、と。テレビで映るのは彼の発する目立つ部分の発言だけであることが多いように感じますが、全部の話を直に聞いていると、それだけじゃないのだと知ることができたのはとても貴重な機会でした。


  • 渡邊様親子渡邊様親子

お母様の感想

この度は、ご招待いただき、ありがとうございます。最近、何かと話題になる人工知能AI。"AI医療で未来はどう変わるの?"について考えさせられる素晴らしい作品でした。
確かに病気の診断においても、簡易な問診であればAI技術を用いた症状チェッカー、助言サービス程度は医療用AIを取り入れられる可能性はゼロではない。医師の主な業務である患者の診断、薬の処方、手術などをAIやロボットが担うという趨勢は不可逆的なものとなっていくと思われます。医療現場でAIは与えられたデータ:年齢、性別、体重、居住地、職業、喫煙の有無などのみから患者を冷静に診断することができます。人ならではの先入観や勘違いに起因する誤診をなくすことができ、経験が豊富な医師よりも安全性が高い、正確な診断に基づいて、薬の処方も適切にでき、特定の場面で人間の行動の一部を代替するAIは様々な分野で活用されているようになっていくでしょう。
「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」は何度でも観たくなるドラマ、観るたびに新しい感動と発見を与えてくれる作品です。皆様も是非観てくださいね。

お嬢様の感想

この作品が扱っているテーマは"AI"と"医療"についてであるため、観る前は正直難しい話なのではないかと思っていました。しかし、上映が始まり物語が進んでいくにつれて、瞬きすら忘れてしまう程見入ってしまいました。
鑑賞後は続きが気になり、その日の夜の夢にもこのドラマが出てくる程パンドラの世界観に惹かれていました。また、登場人物に感情移入がしやすいため、主人公の気持ちをメインで観たり、他の人物の気持ちで観たりなど視点を変えることで180度違う感想が生まれてくるんだろうなとも感じました。
私のように医学やAIについて全く知らない人でも、ストーリー展開が分かりやすいため、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめる作品であると思います。「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」全6話の放送を今から楽しみにしています。


  • 今井様・平井様今井様・平井様

今井様の感想

井上由美子さん脚本、向井理さん主演と言うことで非常に楽しみにしていました。イベントの最初に上映された「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」第1話を観た限りでは、想像を超えた作品の出来栄えで、ドラマWのクオリティの高さを実感。このドラマのテーマカラーになっているブルーを基調にした映像、物語にマッチした音楽も素晴らしいのですが、何より役者さんたちの演技のコラボレーションが素晴らしかった。向井さん演じる医学者・鈴木哲郎と、渡部篤郎さん演じるIT企業CEO・蒲生俊平の対比に注目したい。エンディングクレジットでの音楽が、パンドラ前シリーズと同じなのが次につながりそうだ。
上映後の井上由美子さんと堀江貴文さんのトークもなかなか興味深いものがありました。中でもサブスクリプションに関する話には、個人的にも深く同意。リアリティがあるメッセージ性のあるドラマを観たいという人もたくさんいるはず。もちろん、複雑に絡み合った生きにくい時代に、リアリティのあるドラマを観るのが辛いという考えもわからないわけでもないが、やはり今ある社会的問題をないがしろにして前には進めないはず。井上さんがこのドラマの最後にパンドラの箱を開いた者をどう描くかに注目したい。

平井様の感想

友達に誘われて参加しました。向井理さん主演の社会派ドラマを一番に観ることができるので、ワクワクで会場に到着。ただ最先端の医療AIと言うことで難しい内容かと思いましたが、身近なドラマとして楽しめました。向井さんが独特の透明感で、まるで本物のアンドロイドではと疑ってしまう程新しい魅力発見です。
ドラマの後、井上由美子さんと堀江貴文さんのトークイベントでは、堀江さんが楽しそうにAIに関するお話をされていたのが印象的でした。
個人的には、お医者さんが患者さんよりパソコンに向かって長い時間入力しているのを見ると、AIでもいいかなと思ってしまいます。きっと医療のAI化はすぐそこまで来ているのでしょう。しかし井上さんがドラマで提示している問題をどう解決されるのか。日本の医師会などは手ごわそうですしね。ますます楽しみです。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: