スポーツ

☆日清食品ドリームテニスNAGOYAプレゼントキャンペーン:合計150名様を会場にご招待☆ 錦織圭、大坂なおみ出場予定!「日清食品ドリームテニスNAGOYA」 エスコートキッズ、コイントスキッズを計5名様大募集!

2018/12/20

☆日清食品ドリームテニスNAGOYAプレゼントキャンペーン:合計150名様を会場にご招待☆ 錦織圭、大坂なおみ出場予定!「日清食品ドリームテニスNAGOYA」 エスコートキッズ、コイントスキッズを計5名様大募集!

2018年11月25日(日) 日本ガイシホール(愛知県名古屋市)

2011年東日本大震災チャリティーイベントとして有明コロシアムを舞台に行われてきた「ドリームテニス」、その有明コロシアムの改修工事に伴い、今年は名古屋で開催。錦織圭選手、大坂なおみ選手出場の豪華エキシビションマッチ「日清食品ドリームテニスNAGOYA」。テニスファンならずとも見逃せないこのイベントをWOWOWでは独占生中継でお届け!
こちらの放送を記念して、WOWOWではこのイベントでのエスコートキッズ、コイントスキッズにご加入されている方の中から抽選で5名様を特派員としてご招待いたしました!
この日は錦織圭選手、大坂なおみ選手の他にチョン・ヒョン選手、奈良くるみ選手、ダニエル太郎選手、綿貫陽介選手、内田海智選手、そしてマイケル・チャンコーチと、松岡修造さんが登場し、ドリームシングルスとドリームダブルスの計5試合を開催。特派員の皆さんには、それぞれの試合でエスコートキッズとコイントスキッズとして登場していただきました♪
最初は緊張していたようでしたが、いざスタートすると堂々と選手をエスコートし、コイントスでは選手の間に立ってコインを投げ、立派に役目を果たされた特派員の皆さん。その様子は生中継されたWOWOWの放送でもバッチリ映っていましたよ♪
また、参加選手との集合写真や握手の他、選手の皆さんから声を掛けてもらったり、グータッチやハイタッチをしてもらう場面などもあり、とても嬉しそうなご様子でした♪そしてこの度、大役をつとめられた皆さんから、思い出いっぱいのレポートが到着しました!

イベントの様子

  • 2ステキな女性選手に囲まれて、
    思い出の1枚です♪
  • 3とっても堂々とした入場でした!
  • 4
  • 5
  • 試合中には観る事の出来ないおちゃめな錦織選手の姿がいっぱい☆
  • 6

  • いつも場を和ませてくれる松岡さん!
    今回も絶好調でした(^▽^)

私たちが特派員として参加しました

  • 三代様親子三代様親子

お嬢様の感想

ドリームテニスの前夜は、寝つけないくらいドキドキしていました。当日の朝は、現実なのか信じられなくて、ドキドキしているようなしていないような感覚でした。外のテントでWOWOWの人に声をかけられて、いよいよなんだなと思いました。会場にはたくさんの人たちがいて、恥をかいたらどうしようと心配な気持ちになりました。
エスコートはとても楽しかったです。なぜかというと、第2試合で奈良くるみ選手と、第5試合でマイケル・チャンコーチと手をつないだからです。奈良くるみ選手と手をつなぐとき、奈良くるみ選手が、質問をしてきてくれました。「どこに住んでいるの?」や、「テニスを習っているの?」と聞かれて嬉しかったです。選手との集合写真は、初めての経験でワクワクしました。奈良くるみ選手と大坂なおみ選手を間近に見て、その身長差にびっくりしました。チャンコーチと手をつなぐときは、ウェーブをしました。突然だったので、びっくりして面白かったです。錦織圭選手もウェーブをつないでくれて、楽しかったです。
私が担当したコイントスは、第4試合でした。コイントスは初めてでしたし、選手やカメラマンの前だったので、ドキドキしていました。コイントスで勝利した錦織選手が優しい顔でグータッチをしてくれたので、とても嬉しかったです。
毎年WOWOWで見るのも楽しかったですが、テレビで見ている以上に、目の前で見たほうが、迫力がありました。また、この機会があったから、隣の人たちとも仲良く過ごせたので、WOWOWに感謝しています。

お母様の感想

この度は貴重な機会をありがとうございました。いつもWOWOWの臨場感あふれるテニス放送を楽しんでいます。娘は4、5年前に半年間の入院を2度経験しており、その時もWOWOWのテニス放送に元気をもらいました。全米オープンの錦織圭選手の快進撃は眠れない私に勇気をくれましたし、同年のドリームテニスは娘も家で見ることができました。退院したての娘が、日清のひよこちゃんの着ぐるみを着た錦織圭選手や、アンドレ・アガシさんとマイケル・チャンコーチのユーモラスなパフォーマンスに大笑いして、テレビにかじりついていたのをよく覚えています。以来、ドリームテニスのテレビ観戦は我が家の恒例行事になっていましたから、この企画に参加できたこと、とても嬉しく思います。
当日の5試合はどれもエキサイティングで、終了するまであっという間でした。ダニエル太郎選手対綿貫陽介選手のタイブレーク11点までもつれ込んだ真剣勝負は、最後まで目が離せませんでした。会場で見るトップ選手の打球音や球速に圧倒されました。マイクありダブルスも、4人がそれぞれに面白く、眼が2つでは足りない状態でした。そして会場が笑いに包まれたかと思うと、スーパーショットが繰り出され、ハッと心をつかまれました。試合の合間も、松岡修造さんやテニス太郎くんが客席を盛り上げてくださり、1秒たりとも飽きることがありませんでした。
娘は、おそらくチャンコーチのエスコートが特に印象に残っているのではないでしょうか。ウォークオンからユーモアセンスを発揮したチャンコーチに楽しませてもらっていました。大会中はWOWOWさんに細やかにご配慮いただき、周りのお席の方々とも交流し、とても楽しく過ごしました。皆様のおかげで、一生の思い出になりました。ありがとうございました。


  • 興津様親子興津様親子

ご子息様の感想

僕はテニスをするのも見るのも大好きで、エスコートキッズをやってみたいと思っていたら、「日清食品ドリームテニスNAGOYA」のエスコートキッズの募集があるよと聞いて応募してもらいました。抽選に当たったよと聞いた時はビックリしたけど、嬉しくてワクワクしました。
当日は抽選で大坂なおみ選手のエスコートと、第3試合のコイントスと、松岡修造さんのエスコートに決まりました。最初の大坂選手のエスコートはすごく緊張しました。でも大好きな大坂選手と一緒に手をつないで歩けてすごく嬉しかったです。コイントスの時は錦織圭選手と握手できて嬉しかったです。松岡さんのエスコートの時は走って入場しました。おもしろかったけど手をつなげなかったのは残念でした。
ずっと緊張していたけど、1日すごく楽しかったです。終わって欲しくなくてずっと続けばいいなと思いました。WOWOWさん、ありがとうございました。

お父様の感想

今回息子が「日清食品ドリームテニスNAGOYA」のエスコートキッズとコイントスキッズに参加させていただきました。大坂なおみ選手のエスコートを熱望していた息子が、奇跡的にその願いが叶い、緊張の中で何とか役目を務めることができ、そのエスコートを終えた後の息子の満足そうな顔を見て、とても幸せな気持ちになりました。
他にもコイントスの時に錦織圭選手が審判となり息子と握手をしてくれたり、松岡修造さんのエスコートでは、手を繋ぐのではなく修造さんの前を走らされたり、修造さんらしい枠にとらわれないエスコートも体験させてもらい、息子にとっては一生忘れられない良い思い出となりました。このイベントに参加させていただき、家族揃って心から感謝しております。ありがとうございました。


  • 山守様親子山守様親子

ご子息様の感想

今年名古屋で開催された「日清食品ドリームテニスNAGOYA」にエスコートキッズとして参加しました。 僕がエスコートしたのは、3回戦でダニエル太郎選手、4回戦でチョン・ヒョン選手、5回戦では錦織圭選手です。ダニエル選手とヒョン選手は手がとても大きくてびっくりしました。でも、錦織選手の手はそんなに大きくはなくて、僕のお父さんより少し大きいくらいでした。3人とも笑顔で挨拶をしてくれたのでうれしかったです。また、錦織選手と入場した時に少し話ができたこともとてもうれしかったです。
コートに出る前には、選手が集まって話をしたり練習をしたりしていました。その場面はエスコートキッズでしか見られなかった貴重な瞬間なのかなと思います。あと、松岡修造さんが思っていたより大きかったので驚きました。 僕はテニスが大好きなので、またこのようなイベントの機会があれば、参加させてもらいたいなと思います。

お母様の感想

この度、「日清食品ドリームテニスNAGOYA」のエスコートキッズに息子が参加し、私も同伴者として試合を観戦させていただきました。息子はテニスを習ってもいますが、家族みんなで休日にテニスをしたり、グランドスラムの時などWOWOWで日本人選手の応援を一緒にしたりと普段からとてもテニスに親しんでいます。
今回この「ドリームテニス」が地元の名古屋で開催されると知り、是非にという思いで応募し、当選のお知らせをいただいた時は、家族で飛び上がる程喜びました。
当日は憧れの選手に会えるというので親子共に緊張していましたが、スタッフの方々が優しく気さくに接してくださったので、緊張もほぐれ息子も落ち着いてエスコートできていたように感じました。私自身も大のテニスファンなので、いつも応援している選手たちを息子がエスコートしている姿に感無量の思いでした。
エスコートを終えるとすぐに客席に子供を案内していただいたので、親子で試合を観戦することもできました。プロ選手の試合を生で観戦するのは初めてでしたが、やはり目の前で見るショットはとても早く迫力がありました。エキシビションの中に時折真剣勝負のプレーもあり、見応えがありました。錦織圭選手と大坂なおみ選手のドリームペアのダブルスは2人の掛け合いが楽しく、また2人のペアを見たいなと感じました。
最後の錦織圭選手と松岡修造さん、マイケル・チャンコーチ、内田海智選手を交えてのダブルスは、これこそドリームテニスの真骨頂という感じで、マイクをつけながらのゲームはお腹が痛い程笑いました。チャンコーチがかなりのエンターテイナーで、お客さんを楽しませていて、会場も最高に盛り上がっていたように感じます。 第1試合から第5試合まで結構長時間でしたが、あっという間に感じ、どの試合もとても楽しめました。親子で一生の思い出になる経験をさせていただき、とても感謝しています。そしてこれからもずっとWOWOWでテニスを楽しみたいと思います。


  • 山本様親子山本様親子

ご子息様の感想

ぼくは最初の試合でチョン・ヒョン選手のエスコートキッズをさせてもらいました。そのときにWOWOWのスタッフさんに韓国語のあいさつを教えてもらったので、ヒョン選手に「アニョハセヨ」と言うと、「アニョハセヨ」と返してくれました。ヒョン選手は背が高くてやさしかったです。
次に第4試合の大坂なおみ選手のエスコートキッズをさせてもらいました。ぼくは大坂選手がとても好きなので、話すことができうれしかったです。ベンチについたとき大坂選手に「ありがとう」と言ってもらいました。
最後の試合ではコイントスをさせてもらいました。トスの時に松岡修造さんに「気合入れろよ!本気出せよ!」と言ってもらい、思ったよりもうまくできました。最後の試合はたくさん笑いました。特にマイケル・チャンコーチのサーブの声が印象に残っています。
ぼくは今テニスをがんばっています。錦織圭選手のように強い気持ちを持って大坂なおみ選手のように強いサーブを打つことが目標です。今回たくさんのすごいプレーを見ることができ、とても勉強になりました。

お母様の感想

「これに応募して欲しい!!」テニスに夢中の息子がWOWOWから毎月送られてくる番組表を見せてきました。そこにはチケットが発売開始すぐに売り切れ、取ることができなかった「日清食品ドリームテニスNAGOYA」のエスコートキッズ、コイントスキッズ大募集の記事が載っていました。ダメ元で応募してみたのですが、幸運にも当選!!夢のようなイベントに参加させていただくことができました。
息子はチョン・ヒョン選手と大坂なおみ選手のエスコートキッズと、最後の試合のコイントスをさせてもらいました。最初は緊張で息子はガチガチ、私もハラハラしていたのですが、最後は余裕も出てきたようで、楽しんでいました。
観戦中はどの試合も目を離すことができず、気づけばお昼ご飯を食べるのも忘れて見入ってしまいました。トップ選手のスーパープレーや、まるでコントのような試合(第5試合)を間近で見ることができ、本当に夢のような時間を過ごさせていただきました。これからもWOWOWで日本人選手の応援をさせてもらいます!本当にありがとうございました。


  • 米田様親子米田様親子

お嬢様の感想

錦織圭選手、奈良くるみ選手、内田海智選手のエスコートと、大坂なおみ選手対奈良くるみ選手の試合のコイントスをしました。みなさんとても優しかったです。最初はとても緊張してコイントスも難しかったけど、錦織圭選手とお話ができて、大坂なおみ選手とはハイタッチができて、とてもうれしかったです。奈良選手は色々お話ししてくれました。初めてテニスの試合を見て、プロの選手はすごいなーとワクワクしました。マイケル・チャンコーチと松岡修造さんはずっと面白かったです。
またプロの試合があったら見たいと思いました。スタッフさんはとても優しくて、安心してエスコートなどができました。今日は本当にありがとうございました。

お父様の感想

WOWOWのホームページでこのイベントを知り応募いたしました。錦織圭選手のエスコート、大坂なおみ選手の試合でのコイントスなど5試合中、4試合に娘が役割をいただき、親子でとてもよい思い出となりました。
また普段はテレビでしか見たことのないプロの凄いショットや、公式戦では見られないリラックスした表情を間近で見ることができ、貴重な経験となりました。数時間のイベントが、あっという間でした。最後のダブルスではマイケル・チャンコーチのユーモアにかなり笑わせられ、試合の合間での松岡修造さんのトークも楽しかったです。
このような素晴らしい企画を用意していただき、本当にありがとうございしました。これからも視聴者が参加できるイベントなどがあれば嬉しいです。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: