ドラマ

☆滝沢秀明主演☆「連続ドラマW 孤高のメス」完成披露試写会&舞台挨拶に800名様をご招待!

2018/12/27

☆滝沢秀明主演☆「連続ドラマW 孤高のメス」完成披露試写会&舞台挨拶に800名様をご招待!

2018年12月12日(水)  都内某所

1980年代後半を舞台に、当時の医療界ではタブー視されてきた"臓器移植"に向き合った医師の姿を描く「連続ドラマW 孤高のメス」がスタートします。原作は、現役医師であり、医療に関するエッセイや医療漫画の原作などを数々執筆している大鐘稔彦氏が自身の体験をもとに描いた医療小説です。
主演で初の外科医役に挑むのは、今作が俳優としての最後の勇姿となる滝沢秀明さん。旧態依然とした医療体制の中で、患者を救うという信念に向き合い続けた外科医・当麻鉄彦を演じます。WOWOWでは、このドラマの完成披露試写会と舞台挨拶に、ご加入されている方の中から抽選で、800名様をご招待いたしました!
今年いっぱいでプロデューサー業へ専念することを表明された滝沢さん。この日は最後の完成披露試写会ということで、来場された皆さんにとっても特別なイベントとなりました。舞台挨拶では、主演の滝沢秀明さん、仲村トオルさん、工藤阿須加さん、山本美月さん、長塚京三さん、内片輝監督が登壇。作品に対する想い、撮影時のエピソードなどを語ってくださいました。
滝沢さん曰く、手術シーンは手元だけ別の方が演じる予定でしたが、いざ撮影が始まるとご本人が演じることに!何度も自主トレを重ねられたという手さばきは必見です。そして「医療ドラマですが、人間ドラマと言えます。作品から色々なメッセージを受け取ってください」とのこと。また、それぞれのキャストがとても魅力的に描かれているそうですよ!
この日は参加された皆さんへのプレゼントとして、プレスシートと、当麻医師が勤める甦生記念病院の診察券になった座席チケットもお持ち帰りいただきました!
これまで様々な仕事に対し、誠実に向き合ってこられた滝沢さん。その姿勢は当麻医師に重なるようでもあります。「俳優・滝沢秀明」にとっての集大成となる「孤高のメス」を皆様どうぞお見逃しなく!

イベント詳細
・第1話上映会
・舞台挨拶
【登壇者】滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督
番組情報
「連続ドラマW 孤高のメス」(全8話) 臓器移植がタブー視されていた1980年代後半、アメリカで研鑽を積んだ外科医・当麻鉄彦(滝沢秀明)。帰国後、地域医療の発展が必要だと考え...。
2019年1月13日(日)スタート![WOWOWプライム] 毎週日曜よる10:00 ※第1話無料放送
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

私たちが特派員として参加しました

  • 竹田様親子竹田様親子

お母様の感想

「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会&舞台挨拶をものすごく楽しみにしていました。ありがとうございます。WOWOWは放送開始当初から契約し続けています。熱烈な滝沢秀明さんファンの娘の影響で、タッキーのドラマや舞台は欠かさず観てきました。地上波のドラマとは一線を隔したドラマWにタッキーが出演することを知り、興奮を抑えることができません。ましてや私の生きてきた昭和の激動の時代が舞台と聞き、放送が楽しみで仕方ありませんでした。
舞台挨拶でタッキーや他の共演者の皆さん、監督がこのドラマに寄せる熱い情熱が伝わってきました。また、皆さんのやり取りを聞いて、仲の良さを感じました。
第1話だけですが、日本で初めて肝臓移植を行うまでに、どれ程の苦労や挫折があったのかが想像できて、第2話以降への期待がますます膨らみました。できるなら、あまり当麻先生をいじめないで欲しいですが、時代はバブル、昭和へのノスタルジーと、医療現場の臨場感と緊迫感で、観ている人をぐいぐい引っ張って感情移入させる演出はさすがです。
原作は10刊を超える大作で、8話では描ききれないのでは。続編を勿論タッキー主役で製作してもらえないかと、第1話しか観ていないのに思ってしまうのは、おそらく私以外のこの場にいらした方々も同じではないでしょうか。とにかく今は第2話以降が待ち遠しくてなりません。

お嬢様の感想

「連続ドラマW 孤高のメス」完成披露試写会&舞台挨拶へご招待いただきました!幕が開いて、仲村トオルさん、工藤阿須加さん、山本美月さん、長塚京三さん、内片輝監督の間で、真ん中に立つ主演の滝沢秀明さんを見た瞬間、涙が出そうでした!!
舞台挨拶でタッキーが「手術の手元のシーンは、別の方がやると説明を受けていたのに、実際撮影に行ったら別の方など居なくて嘘だった!騙された!(笑)」と話していたので、タッキーの手さばきにも注目しました!どれもこれも全部全部タッキーの手なんだと思ったら、とても綺麗でドキドキしました!そして相当練習されたのだろうなぁと思ったらジーンとしました。手術シーンでは、ひやっとするところがあったのですが、ドラマなのに声が出そうになる程、とてもリアルでした!リアルじゃないところは、医師やナースの高すぎる顔面偏差値だけでしょうか!?(笑)
大好きなタッキーのドラマということで、しっかり目に焼き付けたいと思って瞬きするのも勿体なく、画面に食らいついていたら、あっと言う間に終わってしまいました。放送が始まったら録画して何度も何度も観たいと思います!放送がとても待ち遠しいです!
こんなに素敵な作品で、シリーズ何作品にもなる大作「孤高のメス」の主役なのに、今回で表舞台から退いてしまうなんて勿体ないです。いつか続編を、当麻先生はタッキーのままでやって欲しいなぁと、ここで呟くだけなら許してもらえますか。
元々、WOWOWドラマの映像美と出演者の演技力の高さが好きで、WOWOWに長年加入していました。今回このような完成披露試写会&舞台挨拶に呼んでいただけて、素敵なグッズまで貰えて、ますますWOWOWが好きになりました!!今回はご招待いただき、ありがとうございました!


  • 夏原様ご姉妹夏原様ご姉妹

妹様の感想

WOWOWの予告で滝沢秀明さんが主演のドラマがあるのを知りました。しかも医師役ということで、今までタッキーが演じたことのない役柄だったので、来月の放送を楽しみにしていたところ、今回の完成披露試写会&舞台挨拶のお知らせかあり、ダメ元で応募してみたら当選し、参加することができました。
出演した方々の手術シーンの裏話など、楽しい話を堪能した後に試写が始まり、ドラマの世界に引き込まれ、あっと言う間に終わってしまいました。手術シーンも、とてもリアルに描写され大変良かったです。第2話以降の展開がとても気になります。1月からの放送を楽しみに待っています。
今回は本当に楽しい時間をありがとうございました。タッキーのディナーショーに行くことができず、がっかりしていたところに、このようなイベントに当選でき、表舞台最後の生タッキーが見られたので、とても感謝しています。ありがとうございました!

お姉様の感想

妹からのメールで「タッキーのドラマWの舞台挨拶が当たったよ」と連絡があり、今回のイベントに参加!夢のような時間を過ごすことができました。ありがとうございます。
舞台挨拶は幕が上がり始めると、「タッキー!!」と歓声が響き、豪華出演者の登場で華やかな空気に包まれました。撮影時の思いや大変だったことなど、色々な話題となり、今回のドラマに対する熱い思いが伝わってきました。リアリティを追求する監督に、完璧主義の滝沢秀明さん、どんなドラマになるか大変興味が湧いてきました。
ドラマが始まると、皆さんが言っていたことが思い出されるシーンなどあり、次回が待ち遠しいです。舞台が30年前とのことで、医療の進化と共に変わってしまったこと、変わってないこと、変わってはいけないことを少し考えるドラマになるのかなと思いました。展開が楽しみです。


  • 大畠様ご夫妻大畠様ご夫妻

ご主人様の感想

「滝沢秀明に会いたーい」の一念で応募した妻のために観に行った今回のイベント。会場に着くと9割以上が女性!同じ考えの人でいっぱいですね。そんなこともあり、内容にはあまり期待していない状態で(ごめんなさい)試写会が始まりました・・・が!!派手でも不要に重々しくでもなく、自然な感じでしっかりとした作品でした。妻が「俳優陣が豪華だったよね」と、観終わってからの感想です。
30年前という自分たちも体験してきた"知っている過去"なので、懐かしいと感じる部分や、「まだ、こんな考え方をしていたんだ」と思い出したり、「今でもこういう人居るんだろうな」と感じたり、時の流れは早いような遅いような・・・放送が始まったら、家で楽しみたいと思います。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: