音楽

新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS 小坂忠「ほうろう」に150組300名様をご招待!

2019/02/14

新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS 小坂忠「ほうろう」に150組300名様をご招待!

2018年11月26日(月)  東京国際フォーラムホールA(東京都港千代田区)

音楽プロデューサー・武部聡志さんがプロデュースする一夜限りのコンサート「SONGS & FRIENDS」。
世代も時代も超えたアーティストが「100年後も聴き続けてほしい名アルバム」の1曲目から全て再現するプレミアムコンサートです。待望の第2弾としてフィーチャーするアルバムは、1975年発売、小坂忠さんの名盤「ほうろう」。このコンサートに、WOWOWにご加入されている方の中から抽選で150組300名様をご招待いたしました!
2018年3月の第1弾、荒井由実さんの1stアルバム『ひこうき雲』に続く第2弾となった今回、2016年にデビュー50周年を迎えられた小坂さんを中心に、豪華な夢の競演が繰り広げられました!
コンサートではまず、小坂忠とフォージョーハーフのメンバーをはじめ、小坂さんのお嬢様のAsiahさんが登場し、ゴスペルシンガーらしい優しさの中に、力強さを込めた歌声を披露。そしてCharさん、槇原敬之さんら豪華ゲストミュージシャンたちが、武部バンドの演奏で小坂さんの楽曲をカバー。また、アコースティックのコーナーでは、矢野顕子さん、BEGINらの他に、松任由実さんが"荒井由実"として登場し、弾き語りの披露も。最後はレジェンドバンドが集結し、夢のようなセッションが繰り広げられました!
さらに、アンコールでも小坂さんをはじめ出演者の皆さんが再登場し、素敵な歌声を披露。その様子は是非来年のWOWOWでの放送でお楽しみください♪
時を超えて愛されるレジェンドの皆さんとの"奇跡"の一夜!特派員の皆さんに心地よい音楽に酔いしれていただきました♪

公演情報
出演者:小坂忠
荒井由実、Asiah、尾崎亜美、さかいゆう、高橋幸宏、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、
Char、BEGIN、槇原敬之、矢野顕子(※50音順)

後藤次利(from フォージョーハーフ)
駒沢裕城(from フォージョーハーフ)
吉田美奈子
鈴木茂(from ティン・パン・アレー)
林立夫(from ティン・パン・アレー / フォージョーハーフ)
松任谷正隆(from ティン・パン・アレー / フォージョーハーフ)
小原礼
武部聡志(keyboard)、小倉博和(guitar)、根岸孝旨(bass)、屋敷豪太(drums)

総合演出:松任谷正隆
プロデューサー:武部聡志

オリジナルプロデューサー:細野晴臣
番組情報
SONGS & FRIENDS 小坂忠「ほうろう」 2019年春WOWOWにて放送予定!

私たちが特派員として参加しました

  • 三井様・大場様三井様・大場様

三井様の感想

武部聡志さんプロデュースの一夜限りのコンサート「SONGS & FRIENDS」の第2弾として企画されたのは、1975年発売の小坂忠さんのアルバム「ほうろう」。伝説の名盤としての呼び声高いこのアルバムですが、残念ながら私は今まで聴く機会がありませんでした。このアルバムには、今をときめくアーティストたちが参加しているので、彼らの出演や制作当時のビハインドストーリーなどを楽しみに足を運びました。
幕開けのゴスペルに軽く一撃を受けて始まったライブは、1975年当時を彷彿させるものではなく、むしろ2018年版「ほうろう」のアルバムを聴いている様な雰囲気でした。MCで、小坂さんのお嬢様が大やけどをされてから牧師になられたこと、昨年大病を患われてからの復帰であることなどが語られて、小坂さん自身が体験された「奇跡」という想いと共にライブが進んでいきました。
前半は、さかいゆうさん、田島貴男さん、槇原敬之さんという小坂忠さんを敬愛するアーティストによるカバー。ご自身の持ち歌ではない曲を、それぞれのアレンジで「ほうろう」の曲が再現されました。ご本人たちの持ち味を生かしながらも「ほうろう」の世界観が繰り広げられました。そして、小坂さんの活動初期のバンド・フォージョーハーフの一夜限りの結成での演奏。ファンにはたまらないセッションとなりました。
更に贅沢なことに、「松任谷由実」ではなく「荒井由実」としてユーミンの弾き語りや、矢野顕子さんのピアノ、吉田美奈子さんのコーラスが華を添え、CharさんやBEGINとの共演や、細野晴臣さんや高橋幸宏さんとの演奏など本当に豪華でした。
小坂さんも大病を患ったとは思えない程のパワフルな声量と、ファンキーでソウルフルな演奏にすっかり魅了されました。長時間のステージでしたが、濃密な時間を共有させていただきました。「ほうろう」が、日本のR&Bの金字塔として名盤と呼ばれている秘密が詰まったステージでした。
春にWOWOWでの放送も決定されているということなので、楽しみにしております。ご招待いただきありがとうございました。

大場様の感想

友人に誘われて参加したコンサートでしたが、豪華なアーティストの共演に驚きました。ゴスペルあり、ファンキーなサウンドや、少しノスタルジックな曲調と、バラエティに富んだ構成で、時間があっという間に過ぎていきました。
小坂忠さんの曲は聴いたことがなかったのですが、1975年に制作されたとは思えないアレンジで「ほうろう」のアルバムを堪能しました。小坂さんの幅広い人脈にも驚かされました。現役で一流のアーティストとして活躍する方々がバックを務めるゴージャスな演奏。一夜限りの結成とはなんとも勿体ないという言葉しか思いつかない位のコンサートでした。槇原敬之さんを始めとする小坂さんをリスペクトするアーティストたちのカバーも聴きごたえがありました。ユーミンとの弾き語りは、多分この先聴ける機会はないのではないかと思いました。
たくさんの宝石がいっぱい詰まった宝箱のようなライブでした。貴重なコンサートに参加する機会を有難うございました。


  • 森田様姉妹森田様姉妹

お姉様の感想

武部聡志さんがプロデュースする「SONGS & FRIENDS」の第2弾は、1975年にリリースされた名盤、小坂忠さんの「ほうろう」をフューチャー。小坂さんは、数多くのファンやミュージシャンなどに今なお支持されるシンガーソングライターで、牧師でもあるという異色な経歴の持ち主。コンサートには、70年代から日本の音楽界を彩り、けん引してきた、さまざまな世代の"レジェンド級"ミュージシャンが集まった。
清らかで厳かなゴスペルのコーラスで幕を開けたコンサートは大きく4部構成で、第1部は1972年に結成されたフォージョーハーフのメンバーが登場し、途中で高橋幸宏さんを招き入れた。第2部はゲストミュージシャンがリレー形式で、小坂さんの名曲をカバー。当夜ばかりは若手となる、さかいゆうさんは、神のようなミュージシャンを前に「目が渇いている」と打ち明けた。まるで自身の持ち歌であるかのようにアレンジされた楽曲は、聴衆の心の奥底に染み入った。第3部はアコースティックに、松任谷由実さんが「荒井由実」として"昔の名前"で出演し、小坂忠さんとの出会いを振り返るなどした。第4部は女性ボーカリストや細野晴臣さんが現れ、定評のある歌と演奏をさりげなく披露した。
アンコールは出演者全員で、ゲストミュージシャンのソロパートを交えて賑やかに曲を披露。最後の曲は、小坂さんと武部さんの2人がしっとりと歌いあげた。武部さんが「奇跡が裏テーマ」と語ったコンサートは、大病を乗り越えて音楽活動を再開した小坂さんを温かい空気で包み込んだ。そして、観客の多くを占める中高年に、まだまだ頑張らなければという勇気を与えてくれるような一夜だった。

妹様の感想

小坂忠さんとゆかりのアーティストの方々との会話から、ほのぼのとした雰囲気が伝わってきて、耳触りのよい音楽と愛にあふれた世界にたっぷり浸ることができました。
アンコールはアーティスト総出演で、歌と演奏に場内の盛り上がりも最高潮に達し、圧巻でした。
楽しいコンサートに参加させていただき、ありがとうございました。


  • 見黒様・紺野様見黒様・紺野様

見黒様の感想

終わった時、なんて感動的なコンサートなのかと思いました。そんなに多くのコンサートに行ったわけではありませんが、今までに行った中で1番でした。「最初で最後かもしれない」、「凄いメンバーで興奮している」というゲストの方たちのお声からもこのコンサートの貴重さ、素晴らしさが伝わってきました。この奇跡的なコンサートの場に参加できた幸運を与えてくださったWOWOWさんに心から感謝いたします。
今回のいきさつは、たまたま覗いたプラスWの応募欄で、小坂忠さんの名前が目に飛び込んで来ました。小坂さんは、私が通っている教会に何度かコンサートのために来てくださっており、今回のテーマのアルバム「ほうろう」は知らなかったのですが、豪華な出演者との繋がりにも惹かれて、是非生演奏を聴いてみたいと思い、応募しました。
昨年、大きな手術をされたとは思えない小坂さんのしっかりとした声量ある歌声、松任谷正隆さんの趣向を凝らした演出、出演者の方たちとの興味深いトークなどなど、長時間の圧巻のコンサートを十分に堪能しました。そして最も嬉しかったことは、小坂さんの神様への感謝のお証しとゴスペルを壮大なコーラスと共に聴けたことです。小坂さんのトークと歌から温かい愛のメッセージが伝わってきました。
全てに心のこもった、一夜限りという夢のようなコンサートを届けてくださいまして、小坂さんをはじめ、制作された方、出演された方全員にお礼を申し上げたいコンサートでした。

紺野様の感想

私はクリスチャンで、小坂忠さんの大ファンです。毎日、忠さんの歌を聴きながら神様に一緒に賛美しています。それ以外にも、日本を代表する荒井由実さん、細野晴臣さん、尾崎亜美さん、Charさん、BEGINさん、槇原敬之さん、矢野顕子さんなど、日本を代表するこんな素晴らしい方々との共演を観ることができました。
こんな幸せな時間をいただき、最高の幸せでした。一夜限りのコンサートに招待してくださり、一生の思い出となりました。幸せな時間をありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: