スポーツ

【西野朗×宮澤ミシェル クラシコSP対談】公開収録イベントに75組150名様をご招待!

2019/02/27

【西野朗×宮澤ミシェル クラシコSP対談】公開収録イベントに75組150名様をご招待!

2019年2月14日(木) 東京都港区

日本時間の3月3(日)に開催される伝統の一戦クラシコ「レアル・マドリードvsバルセロナ」。今回もWOWOWではテレビ独占&現地より生中継で放送します!
WOWOWではこの全世界注目の一戦を盛り上げるべく、昨年のロシアW杯で日本代表をベスト16へ導いた西野朗さんと、リーガ・エスパニョーラでレギュラー解説を務める宮澤ミシェルさんとのスペシャル対談イベントを開催!その公開収録にWOWOWにご加入されている方の中から抽選で75組150名様をご招待いたしました!
今回の番組テーマは「日本サッカー×世界最高峰」。クラシコはもちろん、それ以外にも「スペインサッカー」や「アジアカップ」、そして「サッカー日本代表」や「ロシアW杯」についてもお話を伺いました。西野さんは、5万人のスタジアムで指揮している時よりも緊張されたとのことですが、丁寧でわかりやすく、監督ならではの鋭い分析を展開。宮澤さんとともに貴重なお話を時間の許す限り、たっぷりと語っていただきました!
また、この日の収録がバレンタインということもあり、「WOWOWリーガール」の鈴木美羽さんも登壇し、お2人にチョコレートのプレゼントも♪そして、収録に参加された皆さんへはサプライズとして西野さんと宮澤さんのサイン入り色紙が当たる抽選会も実施されました♪
毎回大好評のクラシコ直前スペシャル対談。今回も充実のトークが盛りだくさんです!なんとクラシコ当日はマドリードからの現地解説も西野さんと宮澤さんのお2人が務めてくださいます。是非クラシコの生中継とともにクラシコスペシャル対談をお楽しみください!

出演者
西野朗
宮澤ミシェル
鈴木美羽(WOWOWリーガール)
柄沢晃弘アナウンサー(進行)
荻野仁美アナウンサー
番組情報
生放送!伝統の一戦クラシコ直前スペシャル 今夜語り尽くす「日本サッカー×世界最高峰」 ロシアW杯で日本代表を率いた西野朗とリーガ解説でおなじみの宮澤ミシェルが、目前に迫る伝統の一戦クラシコ、さらに日本サッカーについて熱く、深く、語り尽くす。
3月1日(金)[WOWOWライブ] よる10:00 ■番組放送スケジュールはこちら!>>
関連情報
現地より生中継!リーガ・エスパニョーラ 第26節 伝統の一戦クラシコ レアル・マドリードvsバルセロナ 王座奪還を目指すR・マドリードが連覇へ突き進むバルセロナを迎え撃つスペイン頂上決戦を、ロシアW杯で日本代表を率いた西野朗を解説に迎えて現地マドリードよりお届け!
3月3日(日)[WOWOWライブ]午前4:30 ■番組放送スケジュールはこちら!>>

■クラシコ特設サイトはこちら!>>
■スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ スペシャルサイトはこちら!>>

イベントの様子

  • 会場1
  • 会場2
  • 「WOWOWリーガール」の鈴木美羽さんがサプライズで登場!
    バレンタインチョコのプレゼント。お2人とも嬉しそうですね♪
  • 会場3
  • 会場4
  • 会場5
  • 会場6
  •  クラシコ直前のお2人の熱いトークをたっぷり聞くことができました!
    3月3日の伝統の一戦、是非お楽しみください!!

私たちが特派員として参加しました

  • 岩佐様ご夫妻岩佐様ご夫妻

ご主人様の感想

スペインサッカーが好きで、2016年に夫婦でスペイン旅行の時には、バルセロナの試合をカンプノウで見るために本来の日程に3日間延泊をして、対ヘタフェの試合を見ました。6-1で勝った試合で、現地観戦は楽しかったです。それにこの時、マドリードではレアル・マドリードのホーム、サンティアゴ・ベルナベウスタジアム見学ツアーを楽しみました。今回のクラシコは、あの8万人入るスタジアムがどんな感動を生み出すのか興味津々です。
そんな中、今回の企画を知り早速応募し、よもやの当選。冷静な西野朗さんが、クラシコを、サッカーをどんな風に見ているのか、また熱いナビゲーター・宮澤ミシェルさんの的確で楽しい引き出しの仕方を楽しめました。そして、西野さんのロシアW杯での選手選択、起用方法、ベルギー戦での思いを知ることができてよかったです。また、森保ジャパンのサッカーの見方も聞くことができて、これからの自分のサッカー観戦で参考になりました。
クラシコについては、今季調子の出ないレアルと首位のバルセロナに対する西野さんと宮澤さんの見方、さらに現地での解説に興味津々です。当日は早朝の放送ですが、早起きしてクラシコを楽しみます。西野さん、宮澤さん、現地解説期待しています!

奥様の感想

WOWOWのイベントに初めて参加してきました。夫に「この日空いてる?」と言われて「大丈夫」と答えたものの、何のイベントかよくわからないままでの参加でした。クラシコの対談ということで思い出したのは、以前旅行でバルセロナへ行った時にカンプノウスタジアムで観戦したバルセロナの試合のことでした。スタジアムを包む満員の観客。サッカーのことをよく知っている目の肥えた観客と共に興奮気味に観戦した思い出でした。
イベントの当日は、テレビでよく拝見している宮澤ミシェルさんの軽快なトークと、宮澤さんのノリについていけないと言いながら、分かり易く丁寧なお話をされる西野朗さんに引き込まれている自分がいました。日本代表戦の話から始まり、海外で切磋琢磨している若き選手たちまで、監督目線のお話はとても興味深かったです。またこのようなイベントがあれば是非とも参加させていただきたいと思います。


  • 宇佐美様・荒井様宇佐美様・荒井様

宇佐美様の感想

この度は、【西野朗×宮澤ミシェル クラシコSP対談】にご招待いただきまして、ありがとうございました。受付を済ませ会場内に入ってから収録開始の間、両チームの映像が流れ、とてもいい雰囲気の中で収録が始まりました。
西野朗さんのロシアW杯の回顧録は、ご本人の言葉で語られたことで、舞台の裏側を垣間見たような気がして、とても興味深く聞くことができました。その後のバルセロナ、レアル・マドリードのチームに関してのコーナーでは、西野さんのバルセロナへの思いが溢れたトークが満載でした。また、レアルのチーム状況が上向いていることも丁寧に説明をされておりました。
そしてクラシコに関しての話になると、西野朗さん、宮澤ミシェルさんともに試合展開の予想を交えながら熱いトークを繰り広げ、今これから試合が始まるかのような雰囲気を会場内にもたらしました。
最後にお2人のサイン色紙のプレゼント抽選会があり、幸運な3名が当選されました。こうして予定時間を超えて対談は終了しましたが、あっという間の収録時間でした。もっとお2人の話を聞きたかったので、終了時間を迎えてとても名残惜しかったのですが、この続きはクラシコでのお2人の解説で楽しもうと思います。


  • 木下様・向井様木下様・向井様

木下様の感想

ミシェルさんのテンションが最高でした。 イベントの構成として、昨年のロシアW杯を振り返り、スペインサッカー、クラシコの魅力と繋げ、それをどのように今後の日本サッカーに繋げていくか、という流れは示唆に富んでおり、とても勉強になる2時間でした。
西野朗さんのこれまでの経歴・実績は常に対比の図で、クラシコの観戦をさらに楽しめる一助となるものでした。ガンバ大阪と日本代表は継続とスター軍団を率いるという、バルセロナとレアル・マドリードの構図であり、ポゼッションとデュエルというハリルホジッチ政権時と西野さんのチーム作りと重なるところが感じ取れました。ロシアを振り返った時の印象的だったポイントは、ベルギー戦ハーフタイムに「これでいい」と長谷部誠選手に中途半端な指示をしてしまったという後悔です。「具体的に出せていれば・・・」という後悔は結果論で理解できる一方、あの場面でそれ以外の指示とはと考えると、世界での戦いとは、想像を絶するレベルで、それを体験されてきた西野さんが、飄々とお話しされる姿に、尊敬の念を感じました。
監督業と解説者の視点は違いがあり、常に先を見る監督業と、今を伝える解説者という観点もとても面白く、観戦者の私はやはり目の前しかみてなく、予言(予想)してくれる西野さんと、現在から先を追っかけてくれるミシェルさんのダブル解説で観戦できる、クラシコはとても楽しみです。 バックアップ選手への目配りをしていたという西野さんの、ベンチワークの説明などもとても楽しみです。 適応力の差で惜敗を経験された観点からの、一試合の中での選手・チームの成長や戸惑いなども期待しています。
今後の日本サッカーが更なる高みを登っていくために、クラシコを通じて、観戦者一人一人がサッカーIQを高めていくことが大切だと思います。最高の解説陣で観戦できることの喜びを感じます。ありがとうございました。

向井様の感想

今回、【西野朗×宮澤ミシェル クラシコSP対談】の公開収録を観覧させていただいた。私もWOWOW加入者であるため、時間がある時はリーガをテレビ観戦し、日本代表の試合はほぼ欠かさず見ている。また、今回登壇された西野朗さんが監督を務めたロシアW杯の日本代表とセネガル代表の試合を現地エカテリンブルクで観戦したこともあり、対談を興味深く聞かせていただいた。 対談内容は、アジアカップの総括やロシアW杯の表裏話、リーガやバルサ、レアル両チームの印象、来るクラシコの展望と多岐にわたった。
中でも印象に残ったのは、西野さんがリーガ全体について語っていた場面である。西野さんはリーガを、世間一般の評価と同様「技術レベルが高い」と評しつつ、加えて「技術レベルが高いからこそ、相手の技術を出させまいとする守備力が他のリーグと比べて高い」と語っていた。攻撃的サッカーを志向するイメージが強く、対談でもバルサを手本とし、バルサにコーチ留学もしていたという程の西野さんが、守備について他の場面でも多く言及しているのが印象的だった。
また、リーガの守備レベルが高いという話の流れで、日本人選手で通用するのは誰かとの問いに、「何人か技術レベルが高い選手がいるのは事実だが、その技術を発揮させないのがリーガであって、日本人は技術が高いと考えるのは、勘違いを起こさせる可能性がある」とも語っていた。ワールドカップを戦い、代表監督として欧州視察をしたことで得られた実感なのだろう。いま最も日本人サッカー選手をシビアに評価している人かもしれない。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: