ステージ

【兵庫公演】宝塚星組公演「GOD OF STARS-食聖-」にご招待!

2019/08/16

【兵庫公演】宝塚星組公演「GOD OF STARS-食聖-」にご招待!

上海、マカオ、シンガポール、ゴージャスでスタイリッシュな現代のアジアを舞台に華やかに繰り広げられるアジアン・クッキング・コメディー「GOD OF STARS-食聖-」。WOWOWではこの作品の【兵庫公演】に、ご加入されている方の中から抽選で、2組4名様を特派員としてご招待いたしました!
紅ゆずるさん演じる主人公は三つ星天才料理人のホン・シンシン。上海の総合料理チェーン"大金星(グランド・ゴールデン・スター)グループ"の総帥である彼は弟子のリーに裏切られ、これまで築き上げてきた全てを失い、シンガポールの下町へと流れつく。そこでホンを助けたのは行方不明の父親に代わって、自ら食堂を切り盛りする綺咲愛里さん演じるアイリーン・チョウとその仲間たちだった。世界最高の料理人を決めるコンテスト"ゴッド・オブ・スターズ"をめぐり繰り広げられるミュージカル・フルコース。今回はJ-POP、アニメソングをはじめ、映画やゲーム音楽まで、幅広いジャンルの楽曲を提供しつづける音楽クリエイターのヒャダイン氏の作曲で宝塚との初コラボレーションが実現しました!
続く、スペース・レビュー・ファンタジア「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」はまるで星の王子様が舞い降りてきたような美しくゴージャスなレビュー。世界各地を舞台に華麗に歌い踊ります。
星組トップスター・紅ゆずるさんと、トップ娘役・綺咲愛里さんの宝塚退団公演となる今公演。特派員の皆様には、燦然と輝く星のような煌めく2人の姿を目に焼き付けていただきました!

公演内容
ミュージカル・フルコース 「GOD OF STARS-食聖-」 作・演出/小柳 奈穂子

スペース・レビュー・ファンタジア 「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」 作・演出/酒井 澄夫
主演:紅 ゆずる、綺咲 愛里

宝塚大劇場:2019年7月12日(金)~8月19日(月)
東京宝塚劇場:2019年9月6日(金)~10月13日(日)
番組情報
毎月の番組情報を中心に、収録中のこぼれ話などお届け!
WOWOW宝塚オンライン
■宝塚オンラインはこちら!>>

2019年7月20日(土)宝塚大劇場(兵庫県)の特派員より感想が届きました

  • 線崎様親子線崎様親子

お嬢様の感想

この度は、宝塚星組公演「GOD OF STARS-食聖-」へ特派員としてご招待いただき、本当にありがとうございました。宝塚の舞台が大好きで、プラスWを見ながら「当たらないだろうけど、観劇の機会は増やしたい!」と応募した特派員に「当選しました!」とご連絡をいただいた時は、一生懸命に冷静を装いましたが、その後嬉しさを爆発させ、思わずガッツポーズをしてしまいました。
当日は、あらかじめ購入したパンフレットを熟読し、準備万端ではやる気持ちを抑えながら劇場へ。幕開けからヒャダインさんが作曲されたテーマソングが素晴らしく、とても楽しい時間を過ごさせていただくことができました。
お芝居のテンポがとても良く、時には笑いを、時には感動を与えてくれ、紅ゆずるさんが率いる星組の真骨頂を垣間見た気がしました。"ミュージカル・フルコース"というだけあり、第1幕が終わった頃にはお腹が空いてしまっていて、一緒に観劇した母と「こんな公演、初めて!」と、改めて少し笑ってしまったのも良い思い出となりました。
幕間をはさんで始まった「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」は、一見すると宝塚らしいクラシカルなレビューなのかと思えば、蓋を開けてみれば現代的な要素が所狭しと含まれており、新しい宝塚、新しい星組を持て余すことなく体現しているショーだなと感じました。個人的には「ボレロ」の場面が一番のお気に入りで、舞台全体をダイナミックに使った構成と、きれいに揃ったダンスがとても魅力的でした。
また、この公演は現星組トップコンビである紅ゆずるさんと綺咲愛里さんの退団公演でもあり、公演全体を通し「もう、この2人を大劇場で拝見することはできないんだ...。」と感慨深くなってしまうこともありました。
改めまして、このような貴重な公演の特派員という素晴らしいご縁をいただき、本当にありがとうございました。

お母様の感想

応募時に「当たったら、一緒に行こうね。」と娘から声をかけられてはおりましたが、まさか本当に当選し、こうして宝塚歌劇を拝見できるなんて思ってもみませんでした。貴重な特派員としてご招待いただき、誠にありがとうございました。
公演はお芝居もショーも見応えのあるもので、とても楽しく拝見させていただきました。特に「GOD OF STARS-食聖-」のお芝居は、星組トップスターである紅ゆずるさんのお人柄がにじみ出たものであると感じました。
また、ショーの「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」では、フィナーレの黒燕尾姿で魅せる群舞が本当に素敵で、思わず頷きながら「これぞ、宝塚!」と感動することができました。今後も機会があれば、宝塚が大好きな娘と一緒に観劇したいと思います。


  • 徳永様・松尾様徳永様・松尾様

徳永様の感想

「当たればいいな」くらいに軽く考えて応募しましたが、実際当たると、ビックリしたりはしゃいだり大変でした(笑)。長年音信不通にしていた友人と去年久々に会った時、「また宝塚へ一緒に行きたいね。」と言っていたので、これがチャンスと思い、星組公演に行ってきました。
「GOD OF STARS-食聖-」は、確か紅ゆずるさんのサヨナラ公演だったはずだけど?と思うくらい明るく楽しいコメディでした。俺様な紅さんの立て板に水の如くな台詞回しは流石!綺咲愛里さんも、紅ゆずるさんに負けないくらい強く、でもキュートで可愛かったです。
「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」では、「エル・クンバンチェロ」や「ボレロ」など、好きな曲がたくさん出てきて、それだけでワクワクしました。特に「ボレロ」は厳かに格好よく、星組の真骨頂を見た思いです。
あっという間の時間で、サヨナラを忘れさせてくれましたが、何の装飾もない黒燕尾を見た時にはさすがにグッとくるものがありました。ともあれ20年ぶりに観て「浦島太郎状態だ」と言っていた友人も楽しんでいたようで、誘って良かったなと思いました。今回は本当にありがとうございました。

松尾様の感想

忘れもしない40年前、2人の出会いは一冊の歌劇の本。知っている人が誰もいない環境ゆえ、観たことのある2人は意気投合。途中15年程離れていたが、今もずっと友達でいる。2人で最後に宝塚を観たのは20年前だ。超久しぶりなので浦島太郎。あっちこっちが珍しく懐かしいが、宝塚ファンは今も昔も変わらない。グッズ売り場は長蛇の列だった。
久しぶりの宝塚を堪能。ショーの途中で客席に降りてこられたが、何だか恥ずかしく目を合わせられない(笑)。
あっという間の時間。久しぶりの宝塚は、相変わらずの夢の世界。とても楽しい1日になりました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: