ステージ

【東京公演】宝塚雪組「壬生義士伝」にご招待!

2019/08/27

【東京公演】宝塚雪組「壬生義士伝」にご招待!

浅田次郎さんのベストセラー小説『壬生義士伝』が、宝塚歌劇で舞台になって登場!幕末、貧困にあえぐ家族を救うため、南部藩を脱藩して新選組隊士なった田舎侍・吉村貫一郎を主人公に、武士としての義、家族への愛、そして友との友情を描きます。この作品の【東京公演】にご招待しました!
ドラマ化、映画化ともに大ヒットを記録した『壬生義士伝』。主人公・吉村貫一郎は新選組の中でも近藤勇や土方歳三、沖田総司といった誰もが知る幕末のヒーローではなく、いわば泥臭い、汗臭い一介の侍。しかし、その剣の腕前は新選組の名だたる隊士が一目置いたと言われた程の人物です。激動の時代を生き抜いた下級武士・吉村貫一郎を望海風斗さんが切なく力強く演じます。また、トップスターとしては非常に珍しく、劇中で南部弁も披露。さらに圧巻の殺陣もお見逃しなく!
泥臭い侍姿から一変してダイナミック・ショー『Music Revolution!』の幕が開くと、そこは"音楽"の華やかな世界!望海風斗さんと真彩希帆さんの迫力ある歌声に、雪組生が一丸となり奏でるハーモニーと、色鮮やかなステージをお楽しみいただきました♪

公演内容
幕末ロマン 『壬生義士伝』 ~原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)~
脚本・演出/石田 昌也

ダイナミック・ショー 『Music Revolution!』 作・演出/中村 一徳

主演:望海風斗 真彩希帆
宝塚大劇場:2019年5月31日(金)~7月8日(月)
東京宝塚劇場:2019年7月26日(金)~9月1日(日)
番組情報
毎月の番組情報を中心に、収録中のこぼれ話などお届け!
WOWOW宝塚オンライン
■宝塚オンラインはこちら!>>

2019年8月17日(土) 東京宝塚劇場(東京都千代田区)の特派員より感想が届きました

  • 内藤様・阿部様内藤様・阿部様

内藤様の感想

2017年に『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』を観劇し、トップの望海風斗さんと真彩希帆さんの心地よく心に響く歌声と、音楽のように語られるセリフの美しさに感動し、一気に雪組さんのファンになりました。ですが、今回はチケットが入手できず、完全に諦めていましたので、WOWOWさんから当選の連絡をいただいた時は夢のようで、娘に連絡する手が震えてしまいました。心より感謝申し上げます。
『壬生義士伝』は華やかなトップスターの望海さんが盛岡出身の朴訥な武士をどう演じるのか、少々不安でもあり楽しみでもありました。望海さんが登場された時、そこにはもう故郷と家族を愛する純粋な魂を持った吉村貫一郎がいて、物語にどんどん引き込まれていきました。盛岡の美しい風景が浮かぶような澄んだ歌声に早くも涙腺が緩んでしまいました。貫一郎がしづ(真彩さん)に求婚する場面は盛岡訛りも自然で息もぴったり。これからもずっとこのコンビが続いてくれたらと思う瞬間でした。
上級武士の立場と幼馴染の友情に揺れる大野次郎右衛門を演じた彩風咲奈さん、斎藤一を演じた朝美絢さん、土方歳三役の彩凪翔さん、沖田総司役の永久輝せあさんの迫真の演技に目が釘付けになり、オペラグラスを離せませんでした。軍医総監役の凪七瑠海さんと大野次郎右衛門の母役の梨花ますみさんの演技には風格を感じました。
浅田次郎さんの小説を読み、映画も観てからの観劇でしたが、宝塚ならではの華やかさが随所にあり、特に新選組の武士たちの麗しさ、格好良さには目も心も奪われ続けました。
一転してショー『Music Revolution!』では、幕開けから大勢の歌とダンスに圧倒されました。黒地に銀ラメの衣装が素敵です!舞台がスペインだったり、ニューオリンズ、ニューヨークのジャズや、お馴染みのクラシックが編曲された曲もあり、息をつく間もない程楽しめました。
宝塚を観劇して毎回感じるのは、舞台や衣装の豪華さだけではなく、日々芸に精進しているタカラジェンヌさんたちの圧倒的なエネルギーです。ショーの中で歌われた「Music is My Life」を聞きながら、進化を続ける宝塚をこれからも応援したいと思いました。
観劇した当日は台風が去った後の猛暑日でしたが、劇場に一歩足を踏み入れた瞬間から親子で思い出に残る素敵な1日になりました。WOWOWさん、本当にありがとうございました!

阿部様の感想

いつも大人気の雪組公演。チケットが取れず諦めておりましたので、母から当選の連絡をもらった時は飛び上がって喜びました!連日の猛暑のなかでも特に日差しの厳しい日の観劇でしたが、劇場に向かう間は暑さすら忘れる程心が弾みました。
『壬生義士伝』の原作は未読でしたが、それぞれのキャラクターが魅力的に演じられていたので、お話の筋はとても分かりやすかったです。何よりも、望海風斗さん演じる吉村貫一郎の生き様に感動。厳しい生活の中、しづとのささやかな愛を大切に育む姿。新撰組に入隊してからは、誰に対してもこうべを垂れ忠義を尽くす姿。真に優しい人というのは、誰よりも心の芯が強い人でもあるんだなぁ...と、胸に刻まれました。
また、真彩希帆さんの可憐で伸びやかな歌声が素晴らしく、まるで雫石の豊かな自然の中で聴いているかのような、美しい響きでした。他にも、ロックナンバーにのせた新撰組の登場シーンは、凛とした皆さんの立ち姿が美しく眼福でしたし、その後、銀橋に並んだ芸者役の娘役さんたちの艶っぽさも印象に残っています。
『Music Revolution!』は、次から次へと煌めくスターさんたちが歌い、踊り...ずっと観ていたいな、終わってほしくないなと思ってしまいました。望海さんの歌声によって劇場全体が優しく包まれ、真彩さんとのデュエットでは、その響きがまた大きく広がってゆくとても幸せな時間でした。
ステージのどこを観てもかっこいい男役さんと綺麗な娘役さん。ダンスも観たいし後ろのコーラスの方も気になる...正直言って、目が足りません!数々の名曲の斬新なアレンジや豪華な生演奏にも酔いしれ、音楽の醍醐味が詰まったショーを堪能させていただきました。
観劇後は母とゆっくりお茶をしながら、雪組の皆さんの素晴らしさについて語り合いました。この度は貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました!


  • 菅谷様・神原様菅谷様・神原様

菅谷様の感想

この度は、宝塚雪組公演『壬生義士伝』にご招待いただきまして、ありがとうございました。「宝塚プルミエール」や「宝塚への招待」をいつも楽しく拝見しております。プラスWのプレゼント企画に今回初めて応募させていただいたのですが、2組4名という高倍率の応募にまさか自分が当選するとは思わず、連絡をいただいた時はとても驚きました。
テレビでは宝塚の作品を観ていましたが、劇場に行くのは今回が初めてだったので、公演日までずっと楽しみにしておりました。ドラマや映画は観ていなかったので内容を理解できるか不安でしたが、観劇後は原作を読んでみようと思えるような素晴らしい作品で感動しました。
『Music Revolution!』ではガラリと雰囲気が変わり、映像で観ていたパレードを生で観ることができて嬉しかったです。
公演が終わってからも、友人と公演の感想を話し合ったりと、その後も素敵な時間を過ごせました。このような機会をいただけたことに感謝いたします。

神原様の感想

初めて宝塚を観たのですが、とっても感動しました。もともと幕末辺りの話は好きで、浅田次郎さんの本を読んだこともありました。その小説が実際に動いていて、あの時代でもこういう風だったのかなと思うと涙が出てきました。
ショーの『Music Revolution!』も生の階段や羽を見ることができてよかったです。タカラジェンヌの皆さんの素早い衣装替えに感動し、躍りながら歌までとにかくすごかったです。
また機会があれば拝見したいです。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: