スポーツ

【埼玉】「Rakuten Cup バルセロナ来日プレシーズンマッチ」観戦にご招待!

2019/08/09

【埼玉】「Rakuten Cup バルセロナ来日プレシーズンマッチ」観戦にご招待!

2019年7月23日(火)  埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)

スペインサッカー ラ・リーガで26回の優勝を誇るスペインの名門クラブ、バルセロナが来日!イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシー、そしてイニエスタやビジャらが所属するJリーグのヴィッセル神戸との対戦がRakuten Cupで実現!WOWOWでは、日本で実現する夢の対戦2試合の模様を生中継でお届けするとともに、こちらの放送を記念して、2試合の観戦にご招待いたしました!
今のサッカー界を牽引する世界的スター、リーガ連覇を果たしたバルセロナの来日は、2015年のクラブワールドカップ以来、約3年半ぶり。7月23日の埼玉スタジアム2002では、同じく来日中で、2019年のUEFAヨーロッパリーグを制した強豪クラブ、チェルシーとの試合が開催されました。
チャンピオンズリーグでも、いくつもの名勝負を演じてきた両者の試合が、ここ日本で見られるということで、会場には試合開始前からたくさんのファンが集結。皆さん、ウォーミングアップの時間からこの空間を楽しまれているご様子でした!
また今回の対戦では、フランス代表のエースであるFWのグリーズマンがバルセロナデビューを飾るということで、貴重な瞬間を見届けられる絶好の機会に♪世界最高峰プレーヤーたちによる夢の対戦を特派員の皆さんにご堪能いただきました!
そして、いよいよ8月16日からは皆さんお待ちかねの「ラ・リーガ 2019-20シーズン」が開幕!WOWOWでは毎節最大5試合を生中継でお届けします。こちらも是非お楽しみに!

番組情報
「Rakuten Cup バルセロナ来日プレシーズンマッチ」 世界最高の選手と称されるメッシなどスター選手を擁するバルセロナが来日。イングランドの強豪チェルシー、そしてイニエスタやビジャが所属するヴィッセル神戸と対戦する。

■番組放送スケジュールはこちら!>>
関連番組情報
「リーガダイジェスト!」 サッカーファン必見のリーガ情報番組。週末に開催された全試合の全ゴールに加えて、選手の独占インタビューやオリジナル企画など。ラ・リーガがもっと楽しくなる!

■「リーガダイジェスト!」番組情報はこちら!>>

「ボールを奪え パスを出せ/FCバルセロナ最強の証」 サッカー界屈指の強豪チーム、バルサことFCバルセロナ。スター選手の証言や貴重な映像で、グアルディオラ監督が率いた同クラブ黄金時代の強さに迫るドキュメンタリー。

■番組放送スケジュールはこちら!>>
関連情報
■スペインサッカー  ラ・リーガ スペシャルサイトはこちら!>>

イベントの様子

  • 会場1
  • 会場2

  • 会場3
  • 会場4
  • グッズ売り場にはたくさんの人が並び、会場前のスペースはお祭り騒ぎでした♪

試合の様子

  • 会場5
  • 会場6
  • 会場7世界最高峰プレーヤーたちによる夢の対戦!!

私たちが特派員として参加しました

  • 磯部様親子磯部様親子

お父様の感想

このような貴重な試合の観戦をさせていただきまして、心より感謝申し上げます。私はバルセロナの大ファンで、リーガを見るためにWOWOWに加入し、毎回リーガ及び「リーガダイジェスト!」を視聴させていただいております。また、実際にカンプ・ノウでの試合を観に行った程大好きなチームですが、チケットが取れず落ち込んでいたところ、願いを込めて、応募させていただき、当選することができました。本当に嬉しく思います。この感動を、6歳でサッカーを始めたばかりの小1になる子供と観戦しました。
会場の雰囲気ですが、リーガと違い、両チームとも応援団がいるわけでも無く、通常より静かな感じの中、選手たちは試合をしていました。というよりも、トラップ、ドリブル、パスなど全てのプレー技術が非常に高く、素晴らしいプレーごとに歓声が上がりますが、全ての観客が一つ一つのプレーを見逃すまいと見入ってしまっている感じでした。観客が5万1千人も入っている中で、試合中の選手の掛け声が聞こえる試合は非常に珍しいと思います。トップレベルの選手たちも大きな掛け声を出しながらプレーしていることを改めて知ることができました。
試合については、残念ながら1-2でバルセロナが負けてしまい、また、前半と後半でバルサ全員が変わる異例の試合でしたが、ファンにとっては普段見れない選手も見ることができ、より貴重な試合だったと思います。テア・シュテーゲン、ピケ、セルジ・ロベルト、ブスケツ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、ラキティッチ、デンベレなど、常にトップチームの試合に出ている選手、新規加入のグリーズマン、デ・ヨング、ネト、復帰したラフィーニャといった選手も見ることができました。
私の記憶に残ったシーンですが、グリーズマンからのパスでデンベレがシュートしたシーンが印象的でした。バルセロナに加入して初めての試合になると思いますが、デンベレとの連携や、プッチとのワンツーなど、早くもバルセロナに溶け込んでいる印象は受けました。今後、メッシ、スアレスとの連携がどうなるか非常に気になりますが、今日の感じでは期待してリーガを迎えたいと思っております。今後、バルセロナが新規加入組とチーム一丸となって、昨年同様リーガ連覇を目指してほしいと思います。

ご子息様の感想

「小学校1年でサッカーを始めたばかりだけど、俺もスタジアムの試合に出てみたい。プロの選手たちのプレーが上手いから、しっかり見て自分に活かしたい。バルサは負けちゃったけど、良い試合だったね。」との息子の言葉でした。
正直、初めてサッカー観戦をさせたため、スタジアムの大きさ、選手たちの大きさ、プレーの上手さなど全てに驚いておりました。普段は寝る時間に試合が終わりましたが、一生懸命に試合を見ており、何かを覚えようとしているように思えました。
子供から「俺もスタジアムで試合してみたい」との言葉や、「もっと練習しなきゃ」など、将来を感じさせるような言葉が出てきましたので、連れて来て良かったと思っております。ありがとうございます。


  • 永田様親子永田様親子

お父様の感想

プレミアリーグの中でも特にチェルシーが好きで、何気なくWOWOWのプレゼントに応募したらまさかのペア当選!幼い頃から私のそばでサッカーをテレビ観戦してバルサ好きになった娘との観戦になりました。
普段は高い位置の席から選手全体のシステム的な動きを見ることが多く、ほぼ選手目線からの観戦は、新鮮で迫力満点でした。そして、チェルシー応援の私VSバルサ応援の娘の勝負は、2-1で見事に私の勝利。
ワールドクラスのサッカーをライブ観戦する機会をいただき、何より娘との素敵な時間をプレゼントしてくれたWOWOWに本当に感謝です。F1やセリエAを放送していた頃から加入していた甲斐があったというものです(笑)。

お嬢様の感想

ある日、突然父から「バルサ見に行かない?」。調べるとメッシやスアレスこそ来ていないものの、ピケとかブスケツのプレーが見られるのは嬉しいチャンスなので、会社帰りに父と待ち合わせしてスタジアムに向かいました。
入場すると、席から選手の声がはっきり聞こえてきました。サッカーって、ゲーム中にあんなに大きな声を出しているんですね。初めて知りました。そして場内は8割方がバルセロナのファンのよう。近くの席ではスペイン人?がビール片手に自国語での応援で盛り上がっていて、気分はちょっぴりカンプ・ノウ(笑)。
2-0からアディショナルタイムに1点返した時は、思わず立ち上がって両手を振り回してしまいました。惜しくもそのまま2-1で敗れてしまいましたが、世界の一流チームのプレーがこんなに間近で見られて大満足!
WOWOWさんにも、父にも、ありがとうを贈ります。そしてパパ、これからもプレゼントのチェック&応募係、よろしくね(笑)。


  • 谷口様親子谷口様親子

お父様の感想

臨場感溢れる席で、大変楽しい時間を過ごせました。選手の声や接触時の音が間近で聞こえて迫力がありました。バルセロナのパスはテレビで見るより速く感じましたし、選手間が狭いなかで強く速いパス回しにビックリしました。ブスケツの運動量は凄いですね。ゴール前にいたと思ったら相手側のゴール前に顔を出していてビックリしました。
スタジアムで8月16日からリーガが始まると聞いて、また寝不足の月曜日が始まると思うと嬉しいです。次は新カンプ・ノウでクラシコを見るのが夢です。次はメッシに会いに行きます。大変素晴らしい機会をありがとうございました。

ご子息様の感想

先日はイベントに参加させていただき、ありがとうございました。日本ではなかなか目にすることのできないクラブチームであり、彼らのアップ練習から目を離すことはできませんでした。スタジアム観戦で選手たちと同じ空間にいて、観客に向かって反応してくれていたことも嬉しく感じました。
試合ではビッグクラブ同士ということもあり、お互いにパスやトラップなどの1プレー1プレーの質がとても高く、難しいボールでさえ簡単に扱っているように見えました。さらに彼らのストロングポイントを活かすためチャンスを狙っていたり、隙を伺っていることもあり、オフェンス陣がボールを受けるたび、何かが起きると思い興奮しました。さらにそのチャンスを止めるため体を張ってゴールをさせないようにしていたディフェンス陣の集中力も素晴らしかったと思います。
このような素晴らしい試合を観戦させていただき、ありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: