ステージ

新作ミュージカル「怪人と探偵」にご招待!

2019/10/17

新作ミュージカル「怪人と探偵」にご招待!

2019年9月15日(日)、 16日(月・祝)KAAT神奈川芸術劇場<ホール> (神奈川県横浜市)

江戸川乱歩が生み出した日本文学史上最も有名な2人を主人公に、乱歩作品に登場するキャラクターたちが、騙し騙され華麗な対決を繰り広げる新作ミュージカル「怪人と探偵」。
脚本・作詞・楽曲プロデュースを手掛けるのは、日本を代表する作詞家で、ミュージカル界でも活躍著しい森雪之丞さん。演出は次々と話題作の演出で注目を集める、KAAT神奈川芸術劇場芸術監督の白井晃さん。お2人がタッグを組み、日本発の新作ミュージカルが誕生!こちらの公演にご招待いたしました!
主人公の1人、怪人二十面相を演じるのは、「ジャージー・ボーイズ」など唯一無二の歌声で人々を魅了するミュージカル・スターの中川晃教さん。対する名探偵・明智小五郎を演じるのが「1789 -バスティーユの恋人たち-」「タイタニック」など大型作品の主演が続く加藤和樹さん。そして、ヒロインの令嬢リリカを「ファン・ホーム」や「メタルマクベス disc2」に出演の次世代のミュージカル界の歌姫・大原櫻子さんが演じるなど、豪華キャスト陣が集結!
軽快な音楽にキレのあるダンス、始めから終わりまで一瞬たりとも目が離せないミステリー&ラブストーリー。果たして世界で一番綺麗な宝石、「愛」を手に入れるのは怪人二十面相か、それとも名探偵・明智小五郎か?!謎解きだけでは終わらない、最後の最後まで驚きの連続!昭和モダンな時代を背景に繰り広げられる極上の新作ミュージカルを存分にお楽しみいただきました♪

公演情報
新作ミュージカル 「怪人と探偵」 2019年09月14日(土)~2019年9月29日(日)
会場:KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>

2019年10月3日(木)〜10月6日(日)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

■オフィシャルサイトはこちら!>>

2019年9月15日(日)公演へ参加の特派員より感想が届きました

  • 山本様ご夫妻山本様ご夫妻

奥様の感想

この度は新作ミュージカル「怪人と探偵」の特派員として観劇させていただき、ありがとうございます。WOWOWの番組で、今回出演されている3人の歌声を聴いて、観劇を楽しみにして行ってきました。
新作ミュージカルであり、物語も楽曲も一から作られているということで、ストーリー展開も歌やBGM もハラハラ、ドキドキで時間があっという間でした。コミカルなシーンも、思わず胸が熱くなるシーンもあり、三人三様の愛の形や苦悩が伝わってきました。
中川晃教さんはミステリアスな役どころを見事に演じられ、一気に現実から江戸川乱歩の世界に誘ってくれました。加藤和樹さんはピュアで一途な明智小五郎役を、とてもスマートに演じられていました。また、大原櫻子さんの歌声は可愛らしさだけでなく憂いも表現できていて、その歌唱力に驚かされました。WOWOWで聴いた時と、役柄として3人が歌われた時の歌声は、更に様々な感情が加わって素晴らしい歌声となり、その歌唱に酔いしれました。

ご主人様の感想

カンパニーの一体感が感じられるよい舞台でした。どの演者も生き生きと無駄な動きがないことで、観る者の心を掴んで離さないスピード感がありました。
また、照明や音楽、セットなどもよく考えられていて、素晴らしいミステリーの空間を造り上げていました。演者の方の個性を十分に活かした脚本は、江戸川乱歩の世界感を十二分に表現されていました。


  • かな様・谷様かな様・谷様

かな様の感想

タイトルの「怪人と探偵」をWOWOWさんのホームページで目にした時、これは江戸川乱歩?怪人二十面相?と、子どもの頃に夢中になって読んだシリーズを思い出しました。ハラハラドキドキしながらページをめくった当時を思い出しつつ、サイト掲載文を読み進めると、"新作ミュージカル"の文字。出演者は...中川晃教さん、加藤和樹さん、大原櫻子さん、と歌ウマさんばかりのお名前が並んでいます。ドラマで拝見していた六角精児さんもミュージカルに?と新たな発見もあり、これは是非観たい、と今回のイベントに応募しました。
当日は本当に楽しみで、ワクワクしながら会場に到着しました。開演直後から一気に作品の世界観に引き込まれて、本当にあっという間の時間。1幕の終わりは「2幕は一体どうなるのだろう...」と、様々な展開を予想しながら2幕を待つ楽しさを味わうことができました。2幕は1幕以上に「え?」「ええっ?」とまさかの展開の連続で。これは何回でも観たくなります。
しかし、この作品の真の見どころは、探偵もの、推理もの、というミステリーの部分ではなく、作品を流れるテーマである「愛」の描かれ方だと思います。世界で一番綺麗な宝石(愛)の意味の難解さと得難さ、手に入りにくいものだからこそ手に入れようと奔走する者、諦めようとする者。考えさせられるものがありました。
心に残る楽曲の数々、主要キャストの方々の歌唱力はもちろん、セットや照明、アクションや場面転換など、トータルとして「怪人と探偵」の世界は、大変充実したものです。乱歩作品に初めて触れる小学生から、昔は小学生だった世代まで、幅広く観ていただける素敵な作品です。WOWOWさん、貴重な機会をありがとうございました。

谷様の感想

怪人二十面相と名探偵・明智小五郎の物語という情報だけで行ったので、事件を通して対決する2人のやり取りを楽しめるのだと思っていたら、まさか、あんなに愛が主軸の物語だとは...。
人は相手の何を愛するのだろう?容姿?家柄?人柄?一瞬にして愛が揺らいだ令嬢リリカの姿に共感した時にハッとして、愛とは何かを改めて考えています。初めて愛を知った怪人さんの純粋が故の見事な偽りが最高でした。
シリアスでコミカル、ダンスあり殺陣あり、素敵な歌いっぱいのめくるめくエンターテイメント。途中、え?!と何度も思い、分かった上でもう1度よく観たいと思う舞台でした。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: