映画

斎藤工とゲストが映画を語る「特集:隠れた名作"発掘良品"」の番組公開収録にご招待!

2019/10/09

斎藤工とゲストが映画を語る「特集:隠れた名作

2019年9月22日(日) 都内某所

WOWOWシネマ×TSUTAYAの人気企画、『特集:隠れた名作"発掘良品"』。新作・旧作、有名・無名、公開・未公開ではなく、全ては"本当に面白い映画"を基準に100人の映画通に選ばれた4作品を連日放送する企画。映画の前後には、映画情報番組「映画工房」に出演中の俳優・斎藤工さんとゲストが作品の見どころを解説するコーナーをお届けしています。この番組の公開収録にご招待いたしました。
今回のゲストは、数々の映画やドラマ、舞台でご活躍の石井正則さん。石井さんと斎藤さんは2020年3月公開予定の映画『Fukushima 50』に共に出演とのこと。映画を愛する2人だからこその情熱のこもった映画解説に期待は高まります。
今回発掘していただいたのは『セルピコ』『男たちの挽歌』『ゼイリブ』『戦争のはらわた』の4作品。実話をもとにしたサスペンスからSFスリラーなど、バイオレンス描写満載の作品を、斎藤さんが監督目線で解説!"発掘良品"ファンにはたまらない時間です。そして、さすが!お笑い芸人でもある石井さんは、身振り手振りを交え映画のワンシーンを再現!大好きな作品に対する熱いトークに会場も引き込まれ、終始笑いが絶えませんでした。
特派員の皆さんに、番組を、そして映画をより身近に感じられるひと時をお過ごしいただきました!

番組情報
特集:100人の映画通が選んだ"発掘良品" TSUTAYA名物コーナー"TSUTAYA発掘良品~100人の映画通が選んだ本当に面白い映画~"とWOWOWシネマがコラボレート。

【今回紹介される4作品】放送予定 ・10月28日(月)よる11:15 WOWOWシネマ『セルピコ』
・10月29日(火)よる11:30 WOWOWシネマ『男たちの挽歌』
・10月30日(水)よる11:30 WOWOWシネマ『ゼイリブ』
・10月31日(木)よる11:30 WOWOWシネマ『戦争のはらわた』
■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
【TSUTAYA発掘良品】100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 ■オフィシャルサイトはこちら!>>

『映画工房』 ■オフィシャルサイトはこちら!>>
  • hakkutu20190922-1
  • hakkutu20190922-6
  • たくさんのお客様が見守る中、公開収録が始まりました!
  • hakkutu20190922-2
  • hakkutu20190922-3
  • 石井さんの身振り手振りを交えた映画のワンシーンの再現もあり
    映画好きなお2人の語りもヒートアップ!!
  • hakkutu20190922-5楽しくもとっても勉強になる解説でした
    放送が楽しみですね♪

私たちが特派員として参加しました

  • 鈴木様・田中様鈴木様・田中様

鈴木様の感想

この度は、このような収録に初めて参加させていただき、ありがとうございました。当選の連絡が来てからはワクワクと緊張で当日を迎えました。映画を楽しめる時間も作れるようになってきた今日この頃、映画鑑賞初心者として色々なジャンルの見方の勉強になればと思いました。
そして、いざ斎藤工さん、石井正則さんの登場!対照的なファッションのお2人でしたが、とても個性的でこだわりを感じさせるお姿は素敵でした。正直、4作品は知らないものばかりでしたし、タイトル名から女性が敬遠しがちな感じだったので、睡魔に襲われたらどうしよう...と不安でした。でも実際、そのようなことは全くなく、全ての作品において監督、役者の方々の熱量を感じました。
石井さんから、芸人時代の今回の映画にまつわる楽しい話や、役者に転身した頃の話、斎藤さんからは映画を作る側からの視点での話など、素人には分からない多方面からの解説は大変興味深かったです。それもこれも石井さんのアクション(この番組ではレアらしい)がらみで映画のシーンを再現して盛り上げたりと、お2人の映画に対する思い入れを語り合う半端ない熱量からなのかと。あっという間に感じた貴重な時間を共に過ごすことができました。また、お2人から客席にまで温かいお言葉をかけていただき、感激しました。
こんなにも映画解説をしっかりと聞くことは今までなかったです。早く4作品を堪能したくなりました。そして、映画をもっと観ていきたいと思いました。皆様、本当にありがとうございました。

田中様の感想

今回は番組公開収録の体験という貴重な機会を与えていただけたこと、感謝いたします。このイベントには、友人に誘われ申し込みましたが、本当に申し訳ないのですが、参加するまでこの番組について存じ上げませんでした。申し訳ありません!ですが、これまで知らなかったことを大変後悔させられてしまう、とても素晴らしい番組でした。
隠れた名作映画4本について、斎藤工さんと今回ゲストの石井正則さんが語ってくださるという構成でしたが、拝聴者は、紹介される映画をダイジェストなどで観ることもなく、お2人の熱い紹介トークを聞くのみ、というものなのに、聞いているだけで俄然その映画に興味が沸き、早く観てみたい気持ちになりました。
お2人とも映画に詳しく、本当に語りが熱く、かつ流暢なトーク術で、唯一私が観たことがあった映画『ゼイリブ』ですら、改めてもう一度観てみよう!と思わされてしまいました。それこそ、今この時代だからこそ観たい!と思わされるトーク内容でした。
斎藤さんの映画に対する造詣の深さは周知の上でしたが、私の想像を遥かに超え、とてもとてもお詳しく、その情報量にも驚かされました。紹介された映画を観る上で見逃せないポイントであるとか、押えておくべき場所、"これは監督の実体験があったからなんです!"というような貴重で、かつ映画をより楽しめる情報が盛り込まれ、観た後で、その映画を通じてどう感じましたか?と問われるようなお話もあり、大変感慨深かったです。
ゲストの石井さんについては、斎藤さんも仰っていましたが、体で映画のシーンを再現されつつお話ししてくださったので、より分かりやすく楽しく拝聴できました。また、石井さんが俳優としてデビューされた時のお話なども絡めて聞けたのも貴重でしたし、その経験というものが、今回紹介された映画にしっかりと繋がっていた辺りも聞き逃せないポイントでした。
番組公開収録というものに参加するのは、おそらく初めての経験だったと思いますが、とても和やかな現場で、かつ、収録中に映画の話題に対してスタッフさんから笑いが出るあたり、スタッフさんも映画に造詣が深く、だからこそ笑いがこぼれるのだなと、映画への愛が溢れる人たちが制作している番組なんだなと感じました。おかげさまで緊張せずに楽しめたところも良かったです。大変楽しい時間をありがとうございました。


  • 藤川様親子藤川様親子

お母様の感想

斎藤工とゲストが映画を語る「特集:隠れた名作"発掘良品"」の番組公開収録に参加させていただきました。
今回は介助として息子に同行してもらいましたが、何せ私自身が子供の時の作品ばかりで少し不安でした。しかし、まず斎藤工さんのファッションが気になったらしく(ネクタイみたいなストール?)引きはよく安心しました。そして、ゲストの石井正則さんの観覧席へのサービスが素晴らしく、何度も席を立って身振り手振りで映画のシーンを説明されるのが、コントを見ているみたいで楽しく面白い時間となりました。
特集の4作品については、バイオレンスのため、恐らく流し見で記憶に薄いです。その中で唯一『ゼイリブ』は異色だったので何となく覚えています。でも今回初めて知りましたが、全米1位を取っていたんですね。驚きました。『ゼイリブ』自体がエイリアンの名前だろうと思っていたので、『They Live』で実は社会風刺が込められていたことを知り、勉強になりました。
その他にも『セルピコ』の髭事情の話や、『男たちの挽歌』のカタルシス祭、ハイスピードのリアリティ、2作目の禁じ手と、書ききれない程の興味深いトークがたくさんあった中で、特に共感したのが、『戦争のはらわた(邦題)』の残念さ!『死霊のはらわた』が大好きな自分も『戦争のはらわた』は食わず嫌いでした。原題の『Cross of Iron』だったら正座して観ていました。とても無念です(笑)。本放送ではちゃんと観ます!
今回、怪我などで参加が心配でしたが、WOWOWスタッフさんのご配慮もあり、最後まで楽しい時間を過ごすことができました。とても感謝しております。ありがとうございました。放送を楽しみにしています。


  • 杉本様杉本様

杉本様の感想

この度は斎藤工とゲストが映画を語る「特集:隠れた名作"発掘良品"」の番組公開収録に参加させていただき、ありがとうございました。実は過去にも友人の同伴者として参加させていただき、以来"発掘良品"のファンです。今回また斎藤工さんとゲストの石井正則さんのお話が直接聞けるということで、とても楽しみにその日を迎えました。
今回の4本はどれも未見で、やはり自分の好みでは選択しない作品ばかりでした。一番興味深かったのは2本目の『男たちの挽歌』。最初の15分がスゴいそうで、その話で一気に心掴まれました!そして石井さんが大好きで何回も観た映画だそうで、好き過ぎてお笑いのコンビをしている時にネタにした話や、立ってのパフォーマンスも飛び出し、とても楽しくお話を聞くことができました。
この映画に限らず、この日紹介された4本の映画は"現代につながる映画"という話も出て、時代背景こそ違うけれど、色々な側面で今に通じるものがあるというお話は、これから映画をより深く観る、楽しく観るきっかけをいただいた感じがしました。紹介する映画にとどまらないトークで、斎藤さんをはじめ、スタッフの皆さんの映画愛が詰まった番組だなと改めて思いました。これからも番組ファンとして応援しています。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: