ドラマ

WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」古川雄輝&SUMIRE&池田鉄洋 舞台挨拶付き特別試写会にご招待!

2019/10/01

WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」古川雄輝&SUMIRE&池田鉄洋 舞台挨拶付き特別試写会にご招待!

2019年9月24日(火)  ユナイテッドシネマ豊洲(東京都江東区)

麻見和史氏の原作を基に、2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」と、WOWOWオリジナルドラマとして映像化された「殺人分析班」シリーズの猟奇殺人犯"トレミー"。彼の前日譚を描いた「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」が10月6日よりスタート!
本作はシリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯"トレミー"からインスパイアされたドラマオリジナルのストーリー。主人公"トレミー"を演じるのは「石の繭」「水晶の鼓動」に引き続き古川雄輝さん。このドラマの舞台挨拶付き特別試写会にご招待いたしました。
舞台挨拶には主演の古川雄輝さん、SUMIREさん、池田鉄洋さんが登壇。本作の撮影前に再度シリーズを全て見直したという古川さん。謎多き"トレミー"の過去を演じるにあたり、難しさもあったとのことですが、これまでの彼の行動から人物像を考えたり、監督と話し合いを重ねながら楽しく撮影に臨めたそうです。また、共演のSUMIREさんや池田さんとの撮影時のエピソードも紹介。ドラマはかなりスリリングな内容ですが、そんな作品のイメージとは異なり、とても穏やかな舞台挨拶となりました♪
他にも、今回は残念ながら参加できなかった深澤辰哉さん(Snow Man/ジャニーズJr.)からのお手紙が紹介された他、ペリスコープでの生配信も実施!
最後に古川さんから「「石の繭」と「水晶の鼓動」での犯人が主人公としてフューチャーされ、こういう形で皆さんに応援していただけることを嬉しく思っています。これからどんどん面白くなるので、最後まで観ていただきたいです。」とメッセージをいただき、舞台挨拶は終了しました。
殺人鬼でありながら、どこか惹きつけられてしまう"トレミー"。彼はなぜ冷徹無比な殺人鬼になってしまったのか―?驚愕の事実が待ち受ける、衝撃のクライムサスペンスをお見逃しなく!
また11月からは新シリーズ「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」も開始予定です。こちらもどうぞご期待ください!

イベント詳細
第1話上映
舞台挨拶
【登壇者】
古川雄輝、SUMIRE、池田鉄洋
番組情報
「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(全5話) 大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズのスピンオフドラマ。鮮烈なキャラクター、トレミーはいかにして冷酷な殺人鬼になったのか。その原点が明かされる。
10月6日(日)スタート![WOWOWプライム] 毎週日曜よる10:30 ※第1話無料放送 ■番組放送スケジュールはこちら!>>

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

関連情報
「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」放送記念!「石の繭」全5話一挙放送 ■番組放送スケジュールはこちら!>>

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」(全6話) 大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズ待望の第3弾!
シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件に殺人分析班メンバーが挑む! 11月17日(日)スタート![WOWOWプライム] 毎週日曜よる10:00 ※第1話無料放送

番組オフィシャルサイトはこちら!>>

イベントの様子

  • 1-1
  • 1-2
  • 1-3
  •  3人の素敵なお人柄溢れた舞台挨拶でした♪

私たちが特派員として参加しました

  • 中粉様・進藤様中粉様・進藤様

中粉様の感想

今回、WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」舞台挨拶付き特別試写会に参加させていただき、ありがとうございました。イベントでは、池田鉄洋さんがとても会場を盛り上げてくださり、笑いありの素敵な会となりました。出演者皆さんから撮影の裏話が聞けて、今後、作品を観る際の見方が変わりそうです。
本作品は、八木沼雅人がどのようにして殺人鬼トレミーへと変貌してしまったのかが描かれています。「石の繭」からずっと作品のファンで見続けており、トレミーの心の闇の部分と悲しい衝撃的な出来事に涙していたので、今回のスピンオフでトレミーの過去が知れることにとても満足しております。
第1話を先行で拝見しましたが、あっという間に終わってしまって、次がどうなるのか展開が気になり、次の放送まで待ちきれないです!これからの展開でアクションシーンもあるとのことで、更なる期待で胸が膨らみます。今後をより楽しむために、「石の繭」→「水晶の鼓動」と順番に観ることをオススメされていたので、私も改めて最初から見返したいと思っております。良かったら皆様も是非!

進藤様の感想

この度はたくさんの応募者の中から「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」舞台挨拶付き特別試写会にお招きいただき、ありがとうございました。ドラマの試写会は初めてでしたので、どんな感じなのだろうと...そこからになりますが、会場が映画館ということで、大きなスクリーンで迫力を感じました。会場では皆さんの年齢層が幅広く、お勤め帰りであろう方の姿も見受けられ、同じ空間で同じ作品を共有できるご縁も感じつつ楽しませていただきました。
「悪の波動」は「石の繭」「水晶の鼓動」に登場する"トレミー"こと八木沼雅人が殺人鬼になるまでを辿るスピンオフドラマなので、前2作を観ていただいてから今作を観ていただくと、色々な登場人物に感情も入れやすいと思います。単純に今回の作品から観ていただいても、ストーリーの展開が面白く引き込まれる作品かと思います。私は前の作品を観て、予めどういうことかをわかった上で観させていただきましたので、ものすごい勢いでストーリーに引き込まれてしまいました。時間もあっという間で、お誘いいただいた中粉さんとも開口一番に、「あっという間だったね」「早く続きが観たいね」と話しました。
上映後の舞台挨拶では古川雄輝さん、SUMIREさん、池田鉄洋さんのドラマ以外の姿が拝見でき、皆さんの素敵なところはもちろん、お人柄も感じられ、とても良かったです。SUMIREさんはクールなイメージだったのに、意外にアニメ好きだとか...池田さんの作品もいくつか拝見しておりますが、ご本人もおっしゃっていたように、ワイルドな刑事役は珍しく思いましたが、とってもお似合いでした。改めて、振り幅の大きいどんな役でもこなせる俳優さんだと思いました。
そして古川さんの作品もいろいろ拝見していまして、その中でもトレミーは私の中の古川さんのイメージを覆す冷たく鋭い...その中で時々見せる人間らしさが生い立ちなどから切なく感じ、同情してしまいます。古川さんの新たな一面が見られるトレミーは私の中でも好きな古川さんの作品のひとつです。とにかくこの作品が一人でも多くの方に観ていただけることを祈りつつお礼とさせていただきます。ありがとうございました。


  • 寺村様ご夫妻寺村様ご夫妻

奥様の感想

連続ドラマWで放送された「石の繭」、続編の「水晶の鼓動」のスピンオフドラマ。トレミーが連続殺人犯となる前のお話です。子供時代のエピソードが描かれる冒頭から、陰惨な雰囲気が画面に広がっています。女性を狙った連続殺人事件の容疑者と思われる、古川雄輝さん演じる無表情な八木沼雅人が時に爆発させる怒りは、何に対してなのか。
八木沼を犯人として疑い、追い詰めようとする井口刑事。コメディの印象が強い池田鉄洋さんが、厳しい表情で捜査一課の「デカ」になりきっていました。
第1話を観た限りでは、八木沼は犯人なのか?SUMIREさん演じる浅田吉佳の事件への関与は?と、謎が次々と出てきて30分があっという間。第2話を早く観たくなりました。
その後の舞台挨拶は、ドラマの重い空気とは打って変わって、出演者の皆さんから撮影時の印象的なエピソードなどを伺うことができ、皆さんのチームワークの良さが伝わってくる和やかで楽しいものでした。

ご主人様の感想

古川雄輝さんとSUMIREさんの何とも表現しにくい影のあるキャラクターと、池田鉄洋さんの今までの役どころとは違うカッコいい刑事役が印象的。舞台挨拶の生(なま) 池田さんが、スクリーンよりずっとカッコ良かったです。あっという間の30分でした。
主人公はノートに書き連ねることで自己を何とか押さえつけようとしているのだろうか?初回だけではわからない。子供の時の体験がこれから先の展開にどう影響していくのか楽しみです。


  • 小関様ご姉妹小関様ご姉妹

お姉様の感想

「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」の舞台挨拶付き特別試写会に参加させていただきました。以前よりSnow Manのファンなので、深澤辰哉さんの迫真の演技をいち早く観たいと思い、この度は応募させていただきました。そのため、大変恐縮ではありますが、今までの「殺人分析班」シリーズも見たことがありませんでした...。
タイトルからシリアスなお話というのは想定していましたが、どんなものだろうと、ワクワクしているうちに上映が始まりました。出だしから映像や音の迫力に、これがテレビドラマだとは思えませんでした。古川雄輝さん演じるトレミーの底知れぬダークさに圧倒され、美しくもどこかに抱える闇を感じるSUMIREさんに引き込まれ、ハラハラドキドキしながら気づけば30分間があっという間でした。早く続きが観たいです...!また、トレミーがどんな凶悪犯になり世間を揺るがしたのか気になり、今までの「殺人分析班」シリーズも勉強したいと思います。
上映後の舞台挨拶では、ご本人の登壇はなくても、深澤さんがこのドラマに懸ける想いのこもったコメントも聞け、嬉しかったです。深澤さん演じる矢島刑事の今後の活躍にも期待しながら、気になる続きはお家で拝見したいと思います。この度は貴重な機会にお招きいただき、大変ありがとうございました。

妹様の感想

姉の誘いで舞台挨拶付き特別試写会に参加させていただきました。付き添いという気持ちではありましたが、上映が始まると、作品の世界にどんどん夢中になりました。SUMIREさんの淡く綺麗な瞳が、どこか儚げな浅田吉佳という役にぴったりでとても美しかったです。
上映後の舞台挨拶では、先程までスクリーンで見ていた出演者の方々のトークを間近で聞くことができました。暗い暗い闇にいるトレミーを演じていた古川雄輝さんが、当たり前ではありますが、劇中とは打って変わってキラキラしていて素敵でした。場を和ませてくれる池田鉄洋さんも、とてもチャーミングでした。
舞台挨拶付き特別試写会へは初めての参加となりましたが、とても貴重な経験ができ、嬉しかったです。ドラマの続きも、楽しみにしたいと思います。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: