スポーツ

ニッポンでテニスを応援しよう!「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2019」シングルス決勝SS席にご招待!

2019/11/01

ニッポンでテニスを応援しよう!「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2019」シングルス決勝SS席にご招待!

2019年9月22日(日) ITC靱テニスセンター(大阪府大阪市)

アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会「東レ パン パシフィック オープンテニス」。昨年に引き続き、WOWOWでは今年も連日生中継で放送。2016年、2018年と2度の準優勝の雪辱を果たせるか期待が高まる大坂なおみ選手の他、世界ランキング5位のアンゲリク・ケルバー選手も出場!こちらの放送を記念して、シングルス決勝のSS席の観戦にご招待いたしました!
今回の大会は大阪最大のテニススタジアム"ITC靱テニスセンター"で初の開催。最終日のシングルス決勝は大坂なおみ選手対アナスタシア・パブリウチェンコワ選手の対戦に!パブリウチェンコワ選手も2017年に準優勝しており、どちらが勝っても初優勝という試合でしたが、結果はストレートで大坂選手が見事に勝利。以前からご自身が望んでいた通り、生まれ故郷の大阪で初優勝を飾りました!その喜びは試合後のインタビューでも伝わり、「生まれた町で優勝できたのは格別!」とコメント。さらに「この優勝に新聞記事のタイトルを付けるなら?」と聞かれた大坂選手は「3回目の挑戦で大坂が大阪で勝った!」と愛嬌いっぱいのタイトルも披露する場面も♪
特派員の皆さんには、この貴重な優勝の瞬間と、決勝での両者パワー溢れる熱い戦いを見届けていただきました!

私たちが特派員として参加しました

  • 中矢様ご夫妻中矢様ご夫妻

ご主人様の感想

台風が近づく天候は雨具を用意していった私たちを裏切り、日焼けをする程暑くなりました。グッズを買いに行った妻を待っている間は、元テニスプレーヤー対関西トップジュニア選手のダブルスのエキシビションマッチを楽しみました。
いよいよ決勝。前日はダブルヘッダーになったにもかかわらず、大坂なおみ選手は軽やかに姿を見せました。そのせいか、流れるように試合は進んでいきました。準々決勝から大坂選手のファーストサーブの成功率がぐっと上がって、190km以上のボールってどんなだろう?と思っていました。
初めて生で見るとまさしく目にもとまらない、サーブを打った手を振り降ろした途端、相手コートに突き刺さっている、という感じでした。
劇画の表現の様な「ズバアーン!」「バゴオーン!」という衝撃が続き、唯々圧倒されました。そして、両選手のボールがものすごい勢いで両コートにたたき込まれるラリーでは、ネットが切れるかと思う程に、ここまですれすれにボールがスピードに乗っていくのかと、思わず大きなため息が出てしまいました。
大坂選手は2セット目の7ゲーム目ではつま先をラケットで叩く仕草もありましたが、ずっと思い通りに試合が運んでいった様でした。勝った瞬間からは本当に喜びを華やかに振りまいて、家族や陣営の元でついに掴んだ勝利をかみしめている様子は、見ているだけで感動しました。
初めて大阪で開かれた東レ パン パシフィック オープンテニスで、大坂選手の優勝するシーンに参加させていただき幸せでした。一生忘れられない思い出です。ありがとうございました。

奥様の感想

準々決勝、準決勝をテレビの前で応援しながら、どんどん胸は高鳴ってきました。まさかこの大会の決勝を目の当たりにできるなんて、特派員として招待していただき、ありがとうございました。
当日、9時半頃にITC靱テニスセンターに到着すると、早くも入場を待つ人たちの行列。私たちはイベント広場に入る順番待ちをしました。10時に入場して真っ先に大坂なおみ選手の応援うちわをもらい、展示されている実際に使われたラケットや写真パネルなどを見て廻りました。大会アンバサダーの沢松奈生子さんの熱くて愉しいトークを聞いた後はいよいよコートへ。
席を確認したら急いでグッズを買いに行き、同じ願いの観客の方々に囲まれて、ますますテンションは上がっていきました。コートや客席には想像以上のテレビカメラがあって、カメラマンは外国人が多いなと思いました。
エキシビションマッチが終わり、大坂なおみ選手とアナスタシア・パブリウチェンコワ選手が入場。待ちに待った瞬間なのに、気持ちが落ち着いて静かになったのが不思議でした。大坂選手は昨日の疲れも感じさせず、思っていた以上に綺麗でした。
とんぼがどこからともなく何匹も飛んできたと思ったら、突然蝉が鳴き出したり、これが屋外コートのライブ感ですね。準々決勝で対戦相手のユリア・プティンセバ 選手が足首を負傷した時に、誰よりも先に氷を持って駆けつけ、タオルを敷いてあげられる大坂選手が、ボールボーイに対しても常に頭を下げたり、丁寧にボールを返したりする優しい様は心から気持ちが良かったです。
自分を奮い立たせるために腿を拳で叩く姿は何度も見たことがありましたが、実際に見ると思いの外強く、音が鳴る程叩いていたんですね。聞きたかった「カモーン!」を確かに生で聞きました。やっぱりかわいい声のシャープな言い方でした。沢松さんが「もしなおみちゃんの気持ちが落ちたり、ピンチになった時はすかさず『なおみ、カモーン!』と声をかけてくださいね」言われていたけど、そんな必要が全くなかったプレーでした。大坂選手は強さも優しさも、間違いなく女王でした。
表彰式が終わってから、ご自分のスマホでママに写真を撮ってもらって、はしゃいでいる様な幸せそうな大坂選手。最後に、ファンが待つ客席の前へ行き、時間をかけてたくさんサインをする大坂選手。礼儀正しくお茶目で美しい覇者の大坂選手。そんな大坂選手が優勝する瞬間に立ち会えるというすばらしい体験をさせていただきました。


  • 鎌田様親子鎌田様親子

お父様の感想

今回、息子と観戦させていただきました。家族全員映画好きで、特に妻は大のWOWOWファン。今回も妻が応募、見事当選してくれました。テニスはというと、私は15歳から部活で始め、今も週1ですが現役で、歴は40年になります。また、息子も小学生から高校までテニスをしていました。今回は大阪での開催ということもあり、大坂なおみ選手が決勝に残ってくれることを信じていましたが、台風だけが心配でした。しかし、ナオミパワーで吹き飛ばしてくれたので、多少風がありましたが、素晴らしい決勝戦でした。
センターコート、観客席、大会運営、もちろん選手のプレーは素晴らしいものでしたが、大坂選手のコメントにあった通り、それに劣らず、観戦マナーが素晴らしかった。大阪で行われる大坂選手の決勝戦、しかも、初優勝がかかった試合。日本人ひいきが心配でしたが、そんなものは全然なく、両選手の素晴らしいプレーに自然と拍手がわき起こり、素晴らしい観戦マナーでした。
このような機会をプレゼントしてくれた妻と、もちろんWOWOWに感謝いたします。次は是非、全米オープン観戦プレゼントをお願いいたします。

ご子息様の感想

高校までテニスを続けていましたが、大学では茶道部に入り、4年間テニスから離れていました。久々のテニス、とても新鮮に楽しめました。大学卒業前の良い思い出になりました。
プロの試合は初観戦でしたが、テレビで感じる以上のサービススピード、腰を落とし、膝を曲げ、ライジングでコースに打ち分ける技術、かつ詰め将棋のように相手を追い詰めるクレバーなプレー、とても素晴らしかった。
次は東京にも是非行きたいので、お母さん、よろしくお願いいたします。


  • 原田様・植嶌様原田様・植嶌様

原田様の感想

この度は「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2019」シングルス決勝戦に参加させていただき、ありがとうございました。いつもWOWOWで東レPPOを観戦していましたが、生で観ると迫力満点で、特に大坂なおみ選手のサービスは男子選手並みのスピードで驚きました。大坂選手は2度の準優勝を経験していますが、今回生まれ故郷の大阪で優勝できると信じて応援していました。圧巻のサービス、厳しいところを攻めるラリーも鋭角に決まるボレーも素晴らしく、感動、感激するばかりでした。アジア初の国際女子トーナメントで初優勝する瞬間に立ち合えて幸運でした。
会場の皆さんも、選手を盛り上げるウェーブをして応援し、会場が一体となれたことを感じ、とても充実した体験でした。

植嶌様の感想

初めてテニスの試合観戦に参加させていただき、ありがとうございました。生・大坂なおみ選手に会えたこと、鋭いサーブと正確なリターンで圧倒されました。迫力が半端なく、今日は特に絶好調じゃなかったですか?次々とサービスエースとリターンエース、エンドラインぎりぎりに入るストローク。幸せな空間に酔いしれました。また次回も行きたいです。


  • 中本様ご夫妻中本様ご夫妻

奥様の感想

いつもテレビでしか見ることのない世界のトップ選手が大阪に来る!!WOWOW視聴者プレゼントに応募しましたら幸運にも当選し、決勝戦のチケットが送られてきました!前々日の雨での順延などがあり、天候が気になるところでしたが、当日はほぼ晴天のテニス日和となりました。
昨年のデビスカップ以来のITC靱テニスセンターでの観戦でしたが、大坂なおみ選手が出場するとあって、朝から会場は超満員でした。
大坂なおみ選手の195kmのサーブにどよめき、ネットプレーやダウンザラインのスーパーショットに、またアナスタシア・パブリウチェンコワ選手にも大きな拍手が起こり、とても気持ちの良い試合と会場でした。ゲーム間で起こったウェーブも和やかな雰囲気を反映するものでした。生で観る試合は迫力があり、選手の息づかいや、ボールが弾む音は会場でないと体験できない貴重なものでした。
大阪で大坂選手が3度目の正直の優勝を果たし、ご本人は勿論ですが、観戦していた私たちにとっても感慨深い大会となりました。WTAツアー初優勝を飾った時と同じく、相手選手(ダリア・カサキナ選手と今回のアナスタシア・パブリウチェンコワ選手)への賞賛と感謝の言葉を途中で思い出し、慌てて言い添えたスピーチも大坂選手らしくキュートで微笑ましいものでした。(力強いプレースタイルとのギャップがチャーミングで大好きです!)
同伴した夫と共に良い思い出になりました。本当に素敵なプレゼントをありがとうございました。


  • 倉崎様・本岡様倉崎様・本岡様

倉崎様の感想

大阪に国際大会が来るなんて!と応募させていただきました。さすが決勝戦だけあり、たくさんの観客が来られている中、観戦することができ、大坂なおみ選手が近!大きい!足長い!と感激の嵐でした。
いざ試合が始まると、大坂選手絶好調!サーブが早すぎてINかOUTかわかんない!200 km近いサーブ、ミラクルショット連発で、思わずオーっと声が出てしまいました。テレビ観戦も表情や解説があり楽しいですが、一度、生で迫力を体感してもらいたいです。この度は、良い機会を与えてくださり、ありがとうございました。

本岡様の感想

とっても楽しく拝見させて頂きました!!
大坂なおみさんを身近に拝見出来て、又、最後のポイントマッチかという時のチャレンジが外れた時の、なおみちゃんが可愛いかったです!!
貴重なお席で、貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございます!!

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: