スポーツ

ニッポンでテニスを応援しよう!「楽天ジャパンオープンテニス」準決勝・決勝コートサイド席にご招待!

2019/11/01

ニッポンでテニスを応援しよう!「楽天ジャパンオープンテニス」準決勝・決勝コートサイド席にご招待!

2019年10月5日(土)、10月6日(日) 有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート(東京都江東区)

日本国内で唯一のATPツアー、楽天ジャパンオープンテニス。昨年は武蔵野の森総合スポーツプラザでの開催でしたが、今年は再び有明で開催。本大会初出場となる世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手が参戦したこの大会の準決勝・決勝コートサイド席での観戦にご招待しました!
会場となった有明コロシアムおよび有明テニスの森公園は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの会場となる予定で、2017年より老朽化対策とバリアフリーへ改修などの工事が進められ、今大会でお披露目となりました。オリンピックを来年に控え、並々ならぬ意気込みで本大会に参戦したジョコビッチ選手。準々決勝は50分のマッチで勝ち進み、本人も今年のベストマッチと称する程の右肩上がりのジョコビッチ選手は、準決勝で一昨年の覇者で第3シードのダビド・ゴファン選手に快勝。続く決勝では今大会80位から勝ち上がってきた勢いのあるオーストラリアのジョン・ミルマン選手と対戦し、見事、初出場で初優勝を飾りました!
今回参加者の皆様にはコートサイド席をご用意!選手の熱気が感じられる程近くで、トップ選手が繰り出す目で追い切れない程のサーブ、激しいラリーの応酬、響き渡るボールの音を体感していただきました!

2019年10月5日(土)準決勝参加の特派員より感想が届きました

  • 高橋様・鹿野様高橋様・鹿野様

高橋様の感想

締切り間際の当プレゼントに応募しましたら、金曜日にはナントまさかの当選の報あり!!それ以来、僕の心臓の高鳴りはほぼマックスでした。しかし、実はWOWOW特派員という重責もありましたので、試合観戦当日の朝はその緊張もあってか、てんやわんやの状態で電車に飛び乗りまして、それでも颯爽と中央特快の四谷駅経由で地下鉄を乗り継ぎ、さらに久々のモノレールゆりかもめに揺られながら、とても美しい湾岸の景色を堪能しつつ、有明テニスの森駅に辿り着き、暫くして今回の同伴者の鹿野さん(僕のテニス&音楽仲間で、実は庭球前後には公園でギター&コーラス練習することも!)と合流しました。
そして僕ら2人が、その会場である有明コロシアムに入場し指定された座席に着いて、ほんの少しだけ時間が過ぎた頃に、ダビド・ゴファン選手が試合前の軽い練習のために入場しました!
いつもはテレビ画面の戦況を釘付けで見ていた、あのゴファン選手が目の前に現れてベースラインでラリーを始めていました。いやぁ、これはまさに、感動!!のひと言です。ずっとずっと夢見ていた、究極の見るテニっ☆が実現した瞬間でした。しかし、まだこれはその序章に過ぎませんが。
ゴファン選手の練習が終わり、まだシングルスの試合開始までは時間的に余裕があったので、各メーカーの展示ブースと、屋外コートで練習中のノバク・ジョコビッチ選手を遠目に確認してから、この日の男子シングルス第1試合ライリー・オペルカ選手対ジョン・ミルマン選手戦を現地でライブ観戦しました。
この日は10月越えの夏日で日差しがかなりきつくて、現地観戦も生半可ではなかったかと思います。まぁ僕は、ちゃっかりと飲み物類だけはクーラーボックスに豊富に用意はしておりましたけどね。さて、ミルマン選手が2−0で超長身のビッグサーバー、オペルカ選手を退けました。
そして次なるは、いよいよこの日のメインイベント、ジョコビッチ選手対ゴファン選手戦に突入です!!まさに、鹿野さんと僕にとってのリアル・ドリーム観戦の幕開けです。元トップ10でATPファイナルズ準優勝の経験もあるベルギーのゴファン選手と、2019年10月現在もATPランキング1位の座を堅持しているセルビアの一番星、ジョコビッチ選手とのとてつもなく熱きシングルスバトル。
それは、決してテレビ観戦では味わえないものでした。有明コロシアムに響き渡る打球音、靴音、出場選手たちの肉声やため息、雄叫び、吐息と会場に集った人々の歓声を伴った全ての塊を自分の眼と耳で捉えた世界は、紛れもなく僕のテニス人生においても唯一無二の素晴らしく美しき想い出となりました。それが手の届きそうな僕らの眼前に実際にあるのですから、その臨場感と迫力は凄まじいものでした。
この試合の結果は、ジョコビッチ選手が2-0でゴファン選手に対してはほぼ隙のない圧勝でしたが、非常に中身の濃いシングルスマッチを観戦することができ、とても満足しました。ジョコビッチ選手のプレーは、常に平常心の雰囲気の中にありましたから、これはつまり彼が最強のテニスメンタルの持ち主であると言うことを改めて実感いたしました。特に2ndサーブの間合いは、僕らの参考にもなりました。サーブの立ち位置(この日登場のプロ選手の多くは、かなりベースラインの前方へのトスアップが目立ちました)も含めて、僕らも進化する予定です☆
最後の男子ダブルス準決勝を含め、3試合を観戦し終え、帰宅しました。長い長い充実した1日でした。どうもありがとうございました。


  • 木下様ご夫妻木下様ご夫妻

ご主人様の感想

この度、「楽天ジャパンオープンテニス」準決勝・決勝コートサイド席に当選し、特派員として観戦しました。
一流プレーヤーのテニスを初めて間近で見ることができ、自分のプレーの参考になりました。

奥様の感想

WOWOWでのテニス視聴は、もう10年以上になります。今回は楽天ジャパンオープンテニスの準決勝に、幸運にも夫婦で参加させていただくことができました。
ライリー・オペルカ選手のサーブに驚愕し、ジョン・ミルマン選手の粘りに感動し、ダビド・ゴファン選手の冷静さを尊敬し、ノバク・ジョコビッチ選手の勝利のメンタリティーに圧倒されました。コーチ陣営のすぐ近くの席だったこともあり、終始、手に汗握る観戦でした。
10月とは思えない暑い日でしたが、帰路のお台場の夕焼けは美しく、心動かされる1日となりました。

2019年10月6日(日)決勝戦参加の特派員より感想が届きました

  • 小川様親子小川様親子

お父様の感想

この度は、貴重な席での観覧をさせていただき、ありがとうございました。プロの迫力あるプレーを間近で見られたこと、各種イベントでも楽しめて最高の1日でした。
特に、競技の脇役、スタッフ、スポンサーやボランティアの皆さんの運営の姿にも感服しました。お目当てのノバク・ジョコビッチ選手のプレーもさすが!世界1位という貫禄にも圧巻しました。
このような機会がまた訪れることを願って止みません。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: