スポーツ

ニッポンでテニスを応援しよう!「楽天ジャパンオープンテニス」準決勝・決勝SS席にご招待!

2019/11/01

ニッポンでテニスを応援しよう!「楽天ジャパンオープンテニス」準決勝・決勝SS席にご招待!

2019年10月5日(土)、10月6日(日) 有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート(東京都江東区)

日本国内で唯一のATPツアー、楽天ジャパンオープンテニス。昨年は武蔵野の森総合スポーツプラザでの開催でしたが、今年は再び有明で開催。本大会初出場となる世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手が参戦したこの大会の準決勝・決勝コートサイド席での観戦にご招待しました!
会場となった有明コロシアムおよび有明テニスの森公園は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの会場となる予定で、2017年より老朽化対策とバリアフリーへ改修などの工事が進められ、今大会でお披露目となりました。オリンピックを来年に控え、並々ならぬ意気込みで本大会に参戦したジョコビッチ選手。準々決勝は50分のマッチで勝ち進み、本人も今年のベストマッチと称する程の右肩上がりのジョコビッチ選手は、準決勝で一昨年の覇者で第3シードのダビド・ゴファン選手に快勝。続く決勝では今大会80位から勝ち上がってきた勢いのあるオーストラリアのジョン・ミルマン選手と対戦し、見事、初出場で初優勝を飾りました!
今回参加者の皆様には1階のSS席をご用意!息もつかせぬサーブや迫力あるラリーから繰り広げられる熾烈な戦いをお楽しみいただきました!

2019年10月5日(土)準決勝参加の特派員より感想が届きました

  • 土屋様親子土屋様親子

お父様の感想

テニスを始めて5年。大会への出場を目指している小学5年生の息子に、世界トップクラスの試合を見せることができたら...そんな思いで、今回応募させていただきましたところ、幸いにも当選の機会をいただきました。
当日会場へ向かう際に、出場選出の戦歴や、勝敗の行方について話す息子の選手知識の多さにとても驚いたのが印象的でした。
いただいた指定席は予想以上にコートに近く、選手がターンする度に聞こえる靴の音、接戦の際に口から漏れる息遣いが聞こえ、とても臨場感のある席でした。私も息子も生でプロのテニスを見るのは初めてでしたが、同じタイミングでつく他の観客のため息や、良いプレーに対する拍手が一体となっている会場雰囲気は、これまで感じたことのない高揚感をもたらしてくれました。
私たちの中で特に盛り上がったのは、プレーの合間の選手休憩時に、会場のスクリーンに私と息子がしばらくの間映し出されたことです。残念ながら、録画したWOWOWの番組映像には写っていませんでしたが、この瞬間の記憶は、一生の宝物になること間違い無しです。
最終的にシングルス2試合、ダブルス1試合を観戦させていただきましたが、あっという間の1日でした。
1つ後悔していることは、バスタオルを早めに買っておけば良かったことです。試合後ショップに行ったところ、全て売り切れになっていたのが残念でした。
この度は、このような機会をいただき、ありがとうございました。

2019年10月6日(日)決勝参加の特派員より感想が届きました

  • 安陪様親子安陪様親子

お嬢様の感想

このような素敵な企画に参加させていただき、ありがとうございました!当選の連絡をいただいた時は驚きと喜びでいっぱいで、母と一緒に大満喫させていただきました!
当日の会場周辺は、しっかりめの雨が降っていて、到着するやいなや午前中に予定されていた車いすテニス・シングルス決勝の開始時間が遅れるというアナウンスが。ひとまず会場に入ってみると、コロシアムのコートではすでにダブルスの選手たちが練習を始めていました。
屋根の閉まったコロシアムは、客席が少し薄暗く、コート上だけがスポットライトを当てられたように明るく、試合開始までまだ時間があるにもかかわらず、独特の緊張感に包まれていました。会場内に響き渡るプロ選手同士の打球音が、より一層の重厚感ある雰囲気を演出しているようでした。
続いてコート上に現れたのは、ATPランキングNo.1のノバク・ジョコビッチ選手。ジョコビッチ選手のプレーを、日本で、この東京で見られる日が来るなんて信じられない気持ちで胸が高鳴りました。
今、考えてみると、試合はテレビでも見ることができますが、練習は現地に行かないと見られないと思うので、またとない機会だったと思います。体の柔らかさの活きたしなやかな動きと、巧みなラケットさばきを間近で見ていると、テニスがすごく簡単な球技のように錯覚してしまいます。
その後、対戦相手のジョン・ミルマン選手の練習があり、ついにダブルス決勝戦が始まりました。ダブルスの試合というと、1時間程度であっという間に勝負がついてしまう印象ですが、さすが決勝。どちらのペアも一歩も引かず、スピード感のある打ち合いが繰り広げられました。第1セットはタイブレークにもつれ込む大接戦で、このセットだけで1時間近い試合時間となりました。結果はお揃いのウェアをまとったニコラ・マユ選手、エドゥアール・ロジェバセラン選手ペアの優勝でしたが、身長差のあるニコラ・メクティッチ選手、フランコ・スクゴル選手ペアのコンビネーションも素晴らしく、とても見応えのある試合でした。
車いす部門の決勝戦も見たかったのですが、雨の影響で試合時間が重なってしまったので、ダブルスの観戦をしながら、WOWOWオンデマンドでスコアを確認していたのですが、我らが日本の国枝慎吾選手が見事に優勝!前日にグラウンドチケットを購入して、ステファン・オルソン選手とペアを組んだダブルス決勝戦を観戦したのですが、シングルス決勝のスコアを見て、改めて国枝選手の圧倒的な強さを感じました。
午後には、朝あんなに降っていた雨もすっかり止み、シングルスの試合開始に合わせてコロシアムの屋根が開かれると、そこにはきれいな青空が。いよいよ選手入場の時間が迫ってくると、異様な高揚感と会場の緊張感で、何だか少し涙が出そうになりました。
選手がコートに入ってくると、待ってましたとばかりに、この日1番の大歓声が上がり、私たち親子を含め、この試合への期待が爆発したようでした。試合が始まってからは、ジョコビッチ選手のサービスエースやスーパープレーに感動したり、ランキング差を感じさせない激しいラリー戦に、予選から勝ち上がってきたミルマン選手の粘り強さを感じたり、熱中しているうちにあっという間にスコアはマッチポイントに。
ジョコビッチ選手の優勝が決まった瞬間、彼が本当に日本に来てプレーしてくれていたんだなという実感が急に湧いてきて、この記念すべきジャパンオープン初出場・初優勝の場面に立ち会えたことが、とても嬉しかったです。
選手たちの素敵なスピーチも聞けて、本当に最高で幸せな1日になりました。ありがとうございました!


  • 藤木様親子藤木様親子

お母様の感想

楽天ジャパンオープンテニスには過去何度も行っていますが、決勝は2年前に最後列で1度見ただけです。決勝では選手の喜び方、観客の雰囲気も違い、何より表彰式の選手のスピーチにとても感動して、またいつか行ってみたいと思っていました。今回WOWOWさんにその機会を与えていただき、素晴らしい席で娘とテニスを楽しむことができて本当に嬉しかったです。
新しい有明で、初参戦の世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ選手の初優勝を見ることができました。いつもテレビで「強すぎる!!」と思っていたジョコビッチ選手のテニスは、動いていても常に上半身が安定していて、生で見るともっと力強くかっこよかったです。予選から上がってきたジョン・ミルマン選手の必死のストロークにも心打たれ、応援に力が入りました。また、普段テレビでもあまり見ることのないダブルスは、生で見るととても迫力があり面白かったです。
楽しみにしていた表彰式では、ジョコビッチ選手が日本語を一生懸命話してくれて、No.1の優しいスピーチに感動しました。本当に貴重な素晴らしい時間を過ごすことができて、これからのWOWOW観戦をもっと楽しむことができそうです。ありがとうございました!!

お嬢様の感想

ジョコビッチかっこよかったです!

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: