映画

【第32回東京国際映画祭】レッドカーペット・イベントにご招待!

2019/11/25

【第32回東京国際映画祭】レッドカーペット・イベントにご招待!

2019年10月28日(月)六本木ヒルズ(東京都・港区)

日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭「第32回東京国際映画祭」が今年も開催!
東京が映画色に染まる季節がやってきました!世界中から厳選されたプレミア作品が六本木や日比谷など各所で上映され、新しい才能が集う、アジアで最も注目される映画祭。1年に1度のプレシャスな映画の祭典のオープニングを飾るのは、世界中から豪華映画スターが集うレッドカーペット。この豪華絢爛なレッドカーペット・イベントに特派員としてご招待しました!
当日は、世界各国からスクリーンの上でしか出会えない豪華俳優、映画監督、映画関係者らが集まり、レッドカーペット・イベントに参加。今回のフェスティバル・ミューズを務める広瀬アリスさんのほか、たくさんの映画関係者が華やかな衣装でレッドカーペットウォークに登場。特派員のお2人にも、この華やかなレッドカーペットを歩いていただき、たくさんのフラッシュやスポットライトを浴び、映画スター気分を体験していただきました♪
その後のオープニングセレモニーでは、審査委員長のチャン・ツィイーさんの挨拶や本年度のオープニング作品である国民的人情喜劇『男はつらいよ』シリーズの50周年記念作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』の出演メンバーの登壇などを間近で見つつ、オープニングパーティーでのおいしいお食事を堪能♪そして、パーティの後半には、世界的に活躍されているロックミュージシャンのMIYAVIさんがスペシャルライブを開催!年に1度の華やかな映画の祭典の始まりを共に祝い、普段味わえない貴重な経験をレポートにしていただきました!

関連情報
■第32回東京国際映画祭公式サイトはこちら!>>

イベントの様子

  • アリーナこちらがメインの大階段!
  • 待機場所待機場所から眺める景色にドキドキ
  • 大階段前もうすぐ大階段を降ります♪
  • 大階段無事階段下の報道陣の前に到着☆
  • 報道陣1
  • 報道陣"
  •  一生分のフラッシュを浴びました(笑)
  • デザート2
  • 乾杯"
  • 素晴らしいお料理の中でもやっぱり女性陣はデザートに釘づけ♪
  • パーティルーム最後まで大満足の1日でした☆

私たちが特派員として参加しました

  • 坂井様・鈴木様親子坂井様・鈴木様親子

お母様の感想

「東京国際映画祭レッドカーペット?実際見られるの?」と、気軽に応募しました。当選して突然現実となり、驚きと不安は多大にありましたが、私の人生の中でもう2度とないことと思い参加させていただきました。
WOWOWスタッフの方がずっと一緒にいてくださり、心強かったです。レッドカーペットを歩く映画界の方々と同じ裏側で出番を待ち、スターのようにカーペットを歩き、夢の中でした。
そしてレッドカーペットがよく見える席で、カメラの数々や華やかな国内外の俳優の皆さんを改めて間近で見ることができて、素晴らしいイベントに参加させていただいているのだと、実感しました。
その後、場所を移して行われたオープニングセレモニーでは、一般の方が入れない会場で、開会宣言、歌など聴きました。また、同列の席に映画祭の審査員の皆さんが座っていらして驚きました。隣の会場では、立食で気軽な感じで美味しいお料理と、デザートもたくさんいただきました。ミニコンサートもありました。
夢のような時間で、一生の良い思い出ができました。WOWOWに加入していて応募して、このような機会をいただいて本当に良かったです。ありがとうございました。

お嬢様の感想

WOWOW特派員として母と参加しました。レッドカーペットを歩ける、さらに記念パーティにも参加できるとのことで、緊張とワクワクで当日を迎えました。
レッドカーペットでは自分の前後に有名な俳優さんやモデルさんが歩き、今まで向けられたことのない数のカメラでフラッシュを浴びました。柵越しに一般観覧の方が自分を撮っていることに気づいた時は、少し申し訳ないような気もしましたが、WOWOW視聴者代表として胸を張って歩きました!映画監督や有名俳優と同じ通路を、同じ時間に歩いたことは一生の思い出です。
その後もステージすぐ横のVIP席に移動し、斎藤工さん、佐藤健さん、間宮祥太朗さん、常盤貴子さん、のんさんなど、いつもスクリーン越しで見ている皆さんが目の前を通り、大興奮。
オープニングセレモニーでも映画関係者の方ばかりで、登壇されるような監督がすぐ横にいたりと驚きの連続でした。世界的に有名な映画祭のオープニングに立ち会えるなんて、とても不思議な気持ちでした。立食パーティでは、レッドカーペットを歩いていた海外の女優の方もおり、同じ空間に自分がいるのが信じられませんでした。ビュッフェ形式の食事は、まるでコース料理のようなクオリティの食事がズラリ。さらに世界的に有名なミュージシャンであるMIYAVIさんの特別ライブを生で見ることもでき、大満足のパーティでした。
自宅に帰ってから、東京国際映画祭の公式映像を見ると、私と母がレッドカーペットを歩いている姿が映っていて、嬉し恥ずかし、有名人になったような誇らしい気分です。
レッドカーペット、オープニングセレモニー、パーティ、どれか1つ参加するだけでも貴重なことを、1日かけて体験させていただき、本当に感無量です。おそらく今までの人生で一番「凄い!」を連呼していたと思います(笑)。私も母も一生の思い出になりました。
この素晴らしい体験をさせていただいたWOWOWさん、そして懸賞を当ててくれた母に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

特派員の皆様、ありがとうございました!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: