#23「直感のままに」(グレイズ・アナトミー12)

2016/12/08

グレイズ#23.jpgオーウェンが新居を購入し、トレーラーを売却。メレディスは、引き取られていくトレーラーを見て気持ちをざわつかせる。さらに、アメリアとオーウェンの間に同居、もしくは結婚の話が持ち上がり、メレディスは機嫌の悪いままネイサンたちと一緒にオペに入る。一方、髄膜炎で入院してきたカイルは病状が悪化。心配でいてもたってもいられないステファニーだが、カイル本人に加え、彼の家族からも関わりを拒まれてしまい......。

●病状が悪化したカイルは......
髄膜炎で入院しているカイル。その後も病状が悪化し続けており、ステファニーは心配でいてもたってもいられない状態。アメリアの忠告に逆らってカイルの病室に顔を出しますが、駆けつけた彼の家族から「受診が遅れたのはあなたのせい!」と責められ、カイルへの関わりを拒否されてしまいます。でも、黙って静観することなどできないステファニー。ジョーを問い詰めてカイルの病状を聞き出し、アメリアが脳室洗浄の処置に踏み切ろうとしていることを知ります。このリスクを重々承知しているからこそ不安が拭えないステファニーでしたが、ほかに策はないと自分で自分を納得させると、再びカイルの病室へ。「きっとオペはうまくいく」とカイルを励まし、再び互いに気持ちを通い合わせたところで彼とキスを交わします。
その直後、アメリアの執刀でカイルのオペがスタート。ところが、オペ中に恐れていた事態が発生。アメリアの健闘もむなしく、カイルは帰らぬ人に。オペ後、「全力を尽くしたけれど手遅れだった」と語るアメリアに、ステファニーは無言で背を向け......。愛する相手が亡くなる瞬間を見学室から見てしまったステファニーの心情は、察するに余りあります。

●アメリアとオーウェンが結婚!?
再三、アメリアから「大人の家を買え」と言われていたオーウェンは、新居を購入してトレーラーを売却。たまたま、トレーラーが引き取られていく場面に居合わせたメレディスは、デレクのことを思い出して気持ちがザワザワし始めます。その後、アメリアとオーウェンの間に、同居だの結婚だの本気とも冗談ともつかない話が持ち上がり、メレディスはますますイライラ。仕事では、車の教習中に気を失った少年のオペを担当するものの、機嫌の悪いままオペに入ってネイサンらに当たり散らし......。それでも少年のオペは見事成功させたメレディスでしたが、今度はこれからオペというアメリアに対し、「口先だけで調子のいいことを言っていないで、自分の足で立って自分の人生を歩け!」と怒鳴りつけるという横暴ぶりで......。
その後、アメリアはカイルの死を悲しみながらも、オーウェンとの関係は、仮の話や妄想でごまかしたくないと自分の気持ちを再確認。「本物が欲しい。結婚してくれる?」と自らオーウェンにプロポーズ! 急展開にビックリです。

●カリーとペニーは破局!?
裁判後、ぎくしゃくとした関係が続いているカリー&ペニー。ペニーはカリーのためにニューヨーク行きを遅らせようとしますが、「どうせ結末は見えてる」とカリーは投げやりな態度。もう別れようということかとペニーに問い詰められると、「もう終わりにすべきかも」と事実上の決別宣言をします。
一方、カリーはアリゾナともぎくしゃくとした状態。この日、ソフィアを預かるスケジュールをなんとかアリゾナに調整してもらったばかりだというのに、ペニーと別れた寂しさから、今日ソフィアを預からせてほしいと追加の相談を持ちかけます。カリーのために譲歩しているつもりだったアリゾナは「これ以上あなたの力にはなれない!」と怒りをあらわにし、カリーの申し出を突っぱね......。
その後、傷心のペニーはニューヨーク行きを早めようと、泣きながら荷物の整理を始めます。そこに出くわしたメレディスは、カリーとの破局を嘆くペニーを「あなたなら大丈夫」と励まし(機嫌が悪いわりに優しかった!)、ペニーはペニーで、自分を指導してくれたことなどこれまでの感謝の気持ちをメレディスに伝えるのでした。

●ベンとベイリー、相変わらず険悪!
ベンとベイリーの険悪ムードに仲間たちはやきもき。ジャクソンはベン、リチャードはベイリーをそれぞれ気遣いますが、二人とも「正しいのは自分。相手がそれに気付くまで待つだけ」と言って譲らず......。

●再度アレックスから結婚を迫られたジョーの答えは......
アメリアとオーウェンの結婚話に刺激を受けたアレックス。もう待てない!とジョーにあらためて結婚の意思を問います。ジョー、今度こそ首を縦に振るかと思いきや、まさかの「ごめん、無理」との回答! どうしてジョー、愛する相手との結婚をこれほどまでに躊躇するんでしょう!?

●メレディスとネイサンがキス!!
この日の夜の駐車場。仕事を終え、トレーラー売却の寂しさを引きずりながら帰ろうとしていたメレディスの前にネイサンが通りがかります。二人はちょっとしたやり取りから口論になり、「デレクは死んだのに、生き残った妹のアメリアが幸せになろうとしているのが気に入らないんだろう」と、ネイサンはメレディスが機嫌の悪い原因をずばり言い当てます。メレディスはメレディスで「身近な人間を亡くした者同士だからといって馴れ馴れしくするな!」と言い返すのですが、その勢い余って言葉の応酬が熱いキスに発展!! シーズン・フィナーレの直前で、このような展開が用意されているとは!

......というわけで、次回はいよいよシーズン12のフィナーレ。とんとん拍子でアメリアとオーウェンの結婚話が進み、二人は結婚式の日を迎える模様。それに加え、エイプリルの出産やらなにやら、いろいろ事件が勃発! これは最後まで見逃せません!!
-----------------------------------------------------------
【今回の原題】
「At Last」は、Etta Jamesの曲"At Last"からの引用。
-----------------------------------------------------------
【ゲストスター】
教習所の教官役は、「MAD MEN マッドメン」のハリー・クレイン役で知られるリッチ・ソマー。
-----------------------------------------------------------
【メレディスの一言】
もし、とっくに消し去ったつもりでいた不快なものが残っていたら?
もし、とっくに答えを見つけたつもりでいたのに違ってたら?
消し去れたと、いつ分かるのか
いつ、安全に次へ行けるのか
ずっと分からずに、成り行きで判断するしかないのかもしれない
どんな感情がわくか
もし気分が良ければ、すごく良ければ、あとでどうなろうと突き進め
-----------------------------------------------------------
【今回使われた楽曲】
♪"Walk Into The Sun" Maverick Sabre
♪"Pray You Catch Me" Beyonce
♪"Waiting Game" Parson James
♪"Masterpiece (Mona Lisa)" Jazmine Sullivan







HB.jpg
ライター:HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る大人女子。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲