#12 ワイルドカード(スキャンダル5)

2017/01/07

スキャンダル#12.jpg
フィッツはジャーナリストのリリアンと大っぴらに関係を持つようになり、アビーは大弱り。大統領には警護態勢が常に必要なのだが、独身の大統領に対してのガイドラインがない上に、フィッツが事前の相談もなく、勝手に行動するので現場では振り回されていた。そんなフィッツをアビーは必死に諌めるのだが、逆ギレされてしまい、手の出しようがない。


オリヴィアは父ローワンからジェイクに付き合っている人がいると聞かされる。ジェイクとは大人の男女の関係を続けているオリヴィアだが、ハックから「ジェイクがNSAの長官になったのも、今、ローワンと一緒に住んでいるのも、未だにローワンに支配されているからだ」と言われ、オリヴィアもジェイクに怪しさを感じたことから、クインたちにジェイクのデート相手ヴァネッサ・モスを調べさせる。
スーザンは次期大統領への立候補を表明。そしてデイヴィッドはエリザベスに炊きつけられてスーザンとも関係を深めているが、スーザンの善良さを裏切っていることに後ろめたさも感じていた。
一方、フィッツに冷遇されたサイラスは次期大統領の候補として、ペンシルヴェニア州知事フランシスコ(フランキー)・ヴァルガスに目をつけて部下のイーサンに身辺調査をさせる。だが、彼には全く非の打ちどころがなく、欠点は知名度が全くないことだった。そこで、特殊部隊にいたというフランキーの経歴を生かそうと考える。
サイラスから指令を受けた元警護官のトムはタウンミーティングでフランキーの教育法案に文句をつけ、騒いでいたウェイン・ターナーに接触。幼い息子の命を守る代わりに、州庁舎に侵入してフランキーを襲えと脅す。従うしかないウェインはトムに促されて、州庁舎ビルにフランキーを人質にして立てこもる。
クインはチャーリーと週末バカンスに出かける予定だったが、チャーリーから友人の子供を預かることになったと言われ、子連れ旅行をすることに。意外にもチャーリーの子供の扱いのうまさにクインは驚き、上機嫌で戻ってくる。だが、その子供こそ、ウェインの息子マックスだった。
ペンシルヴェニア州庁舎立てこもり事件はテレビで実況中継され、果敢なタックルでターナーを取り押さえたフランキーは一夜で時の人になる。サイラスは、フィッツがリリアンとのスキャンダル写真を撮られ、その対応に追われるアビーにフランキーをホワイトハウスに招くことをそれとなく提案。大統領執務室でフィッツと記念撮影をしたフランキーは、何も知らず首席補佐官のサイラスと握手を交わすのだった。

●『ワイルドカード』はホワイトハウスの暗号だった!?

オリヴィアが去って以来、ほとんど制御不能に陥っているようなフィッツ。前回、アビーは真夜中だろうが電話で叩き起こされ、おしゃべりの相手をさせられ、さんざんな目に遭っていました。そんな時に、大統領を取材したいというジャーナリストのリリアンに取材のOKを出したアビー。これでようやくフィッツの話し相手から解放され、通常の仕事に戻れると思ったはず。ところが熟女リリアンはなかなかのクセモノだったようです。フィッツを口説き、たちまち深い関係になり、フィッツが勝手にデートに出かけたり、お泊りしたりすることから、警護態勢もきちんと取れずに大わらわ。それを諌めようとすると逆ギレされるハメになるアビー。本当にお気の毒ですね。
アビー曰く、大統領が不特定の女性たち=ワイルドカードと呼び、そんな女性たちとのお楽しみのことを「ワイルドカードする」と言うようですね。ただ、女好きのフィッツのことだから、これからまだまだワイルドカードしちゃいそう。
ちなみに、アビーが「独身の大統領は、過去に2人しかいません」と言っています。1人がジェームズ・ブキャナン(1857年~1861年在任)、もう1人がグローバー・クリーヴランド(1885年~1889年、1893年~1897年在任)ですが、ただし、彼は1期目の在任中の1886年、49歳のときに結婚。唯一、ホワイトハウスで結婚式を挙げた大統領でもあります。

●サイラスが大統領選に担ぎ出したい男、フランキー

清廉潔白だけど、大統領選を狙うには、全国区での知名度ゼロという致命的な欠点のあったペンシルヴェニア州知事フランシスコ・ヴァルガス。そこで、野心満々のサイラスはたった一夜でヒーローにする企みを実行。本当に自分の野望を果たすため、人が不幸になろうと全く関係ないようで、久々にサイラスのダークサイドを覗き見たような気分になりましたね。
さて、そんなサイラスの野望の犠牲になりそうなフランキーを演じているリカルド・チャビラ。『NYPDブルー』『24』などに出た後、大ヒットドラマ『デスパレートな妻たち』でエヴァ・ロンゴリア演じるガブリエル・ソリスの夫カルロスを演じて大人気を得た俳優です。見おぼえのある人も多いのではないでしょうか。


今回のファッションチェック
 
いつも女性ばかりなので、今回は男性ファッションをチェック。まず1人目が、ペンシルヴェニア州知事のフランキー。クリーンで誰からも好かれるという知事らしく、ネクタイも品よく、決して個性的な柄は選ばないタイプのよう。果敢なタックルを見せた彼、終盤、上半身裸をちら見せしてましたが、さすが湾岸戦争で特殊部隊にいただけに筋肉質の鍛えた体で、彼ならいざと言う時も頼れそうでしたね...。あ、ファッションと関係ない、失礼いたしました。

元警護官のトム。長年、シークレットサービスの仕事をしていただけに、ギンガムチェックのシャツとネクタイの柄の取り合わせを見てもファッションは二の次。そもそも基本目立っちゃいけないし、いざとなったら、大統領の盾になる...というようなお仕事ですもんね。とはいえ、長身の彼、コート姿はクールでイケてます。



カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲