#20 ゴシップ合戦(スキャンダル5)

2017/03/04

スキャンダル#20.jpg
共和党の指名候補争いで、ホリスが首位に。オリヴィアとアビーは打倒ホリスで共闘することになる。だが、裏ではお互いの弱点となるアラ探しを始めていた。
マイアミでの遊説中に、スーザンとのギクシャクした関係を修復したデイヴィッドは、スーザンにプロポーズ。オリヴィアにはサイラスが接触。彼が推す民主党候補フランキー・ヴァルガスが苦戦していることから、対立候補のエディソン陣営について探りを入れてくる。オリヴィアは、エディソン陣営を仕切っているのは、ローワンだと知らせる。そのローワンはアビーに接触。オリヴィアがフィッツの子供を中絶した証拠を手渡し、攻撃材料にするようそそのかす。

ホリスは相変わらず暴言を吐き。ゴシップも次々と出るが、人気は衰えず。勢いに乗るホリスは、サリーの政治番組で、「先に予備選から撤退した方を副大統領にする」と言い放つ。
エディソンは、ホリスの人種差別発言について黒人の大統領候補としてコメントしたいとローワンに話すが却下され、さらにジェイクを副大統領候補に加えろと命じられる。
そんな中、オリヴィアはホリスを訪ねて、メリーを副大統領にしたいと話す。ただし、ホリスの過激な人種差別発言が気がかりだと語ると、それを受けてホリスは「人種差別発言は本心じゃない。ビジネスマンだから、サービストークをしている」と言いたい放題。そのホリスの放言が、全てサリーの番組で流される。オリヴィアがスマホで録画していたのだった。この一件で、ホリスは脱落。メリーVSスーザンの戦いが再開する。
オリヴィアはローワンの野望を潰すため、エディソンに「次回、大統領の座を狙えるようにしてあげる」と約束。遊説先で黒人候補として過激なホリス批判したエディソンは予備選から脱落する。結果、民主党候補はヴァルガスに決まり、サイラスは大喜び。
メリーとスーザン陣営は、中傷合戦を避けるため、手の内を見せ合う。オリヴィアが出したネタは、デイヴィッドとフロリダ州知事との裏取引だった。一方、アビーはメリーが息子ジェリーの死を嘆くあまり、ホワイトハウスに12回霊媒師を呼んだというものだった。初めて聞かされる事実に衝撃を受けたスーザンは予備選から離脱すると宣言。デイヴィッドに別離を告げる。
その夜、アビーの家を訪ねたオリヴィアは彼女が持っていた攻撃材料が、自分の中絶の事実だったことを知る。しかも、入手先はローワンだと教えられる。同じ頃、ローワンはジェイクと共にエディソンのもとを訪ね、ホリス批判はオリヴィアの案だったことを確信。ジェイクはエディソンを痛めつけながら、ローワンの目を盗んで「オリヴィアに助けて欲しいと伝えてくれ」と囁く。

●昨日の友は、今日の敵か...

暴言王ホリス。その姿も言動もまんま、現アメリカ合衆国大統領の座に収まってるドナルド・トランプに本当に激似ですね。そんな彼を引きずり下ろすために、メリー陣営のオリヴィアとスーザン陣営のアビーが共闘。でも、手を組んだそばから、「スーザンのアラを探して。致命的な...」と口にするオリヴィア。一方のアビーもメリーのゴシップ集めに画策する。
双方、なかなかエゲツない(失礼!)戦いをしてましたが、とはいえ、アビーはオリヴィアほどの冷徹さはやっぱりないということが明らかになりましたね。なんだかんだ言っても、親友で同じグラディエーターとして闘ったオリヴィアの中絶ネタを「傷つけたくなくて...」と攻撃材料には使えなかった。前々回のアンドリュー殺害一件以降、クインも心配するほど、
オリヴィアとアビーの仲は険悪になり、ハック曰く、「もう元には戻らない」ですが、それでも今回のことで、オリヴィアはいざ知らず、
やはり、アビーはまだまだ優しいし、友は捨てられないってところなんでしょうね。だからこそ、やっぱりアビーは、オリヴィアにはなれないということになるんでしょうか。

●ジェットコースターの日々 byデイヴィッド

スーザンの恋心を利用した末、それがバレてフラれたデイヴィッド。優しく誠実なスーザンを傷つけたと大反省し、悪女エリザベスからの誘惑も断ち切って、ひたすらスーザンが大統領になれるように支援。彼女のためなら、話題作りのために仮面カップルも演じ、前回のマイアミ遊説でやっとスーザンに許され、今回プロポーズ。幸せそうなスーザンを見て、
デイヴィッドも一安心でしたが...。あのフロリダの野心家な州知事と裏取引をしてた!!  もう二度とだまさないと言いながら、スーザンをだましてたデイヴィッド。まさかの裏切りで、全てご破算に。まあ、彼としてはスーザンのためならば...なんでしょうが、ダーティーなことは嫌いのスーザンが許すはずがない。バッサリと切り捨てられてしまったデイヴィッド。
でも、デイヴィッドも元々、裏取引やダーティーなことは嫌いな人間だったんですけどねー。どこでどうして、こうなった...!? やっぱ、根は真面目、誠実だけど、小心者ってところが災いしてるんでしょーか。

今回のファッションチェック

オリヴィアのブルーのコート
目にも鮮やかなブルーのコートはアルマーニのもの。"kimono wrap coat"とあり、日本の着物にインスパイアされたデザインのよう。
華やかなイメージがオリヴィアにはお似合い。
写真では見えていませんが、黒のアルマーニーのパンツに、靴はジミー・チュウ。

オリヴィアのブルーのカーディガン
同じブルーでも、こちらはMargaret O'Learyのカーディガン。ホリスが失言で脱落し、オリヴィアのオフィスでアビーと祝杯をあげているシーンでのコスチューム。余裕も手伝ってか、落ち着いたイメージに見えますね。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲