救命医ハンク/第2シーズンの最近のブログ記事

ハンクはジルの紹介で、多発性硬化症(MS)のベンという男性を診察する。彼は病状が進行し、視覚に異変が起きていた。ベンがMSと診断されたのは19歳のとき。彼はアパラチアン・トレイルを旅するのが趣味で、当初はひどくショックを受けた。だが「病気に負けない」を信念に、MS患者のための寄付活動を行っていた。

ハンクは新規の依頼でジェスという女性を診察する。実はハンクはER時代、彼女の親友で突然死したハリーを看取っていた。

ハンプトンズに嵐が近づいた日、パークレンジャーのピートがボロボロの姿で発見される。このときハンクは偶然ジュニア隊員チップの治療に来ていた。そこでハンクはピートの状態を確認し、ハンプトンズ記念病院へ搬送する。
ピートは前夜の記憶を失い、聴覚の過敏症と手首の火傷があった。これらの症状から、ハンクはピートが落雷で感電したことを突き止める。

ハンクは新規の依頼でウィリアムズ家を訪ねる。患者はポールとアンジー・ウィリアムズの娘ナタリーだった。彼女はこの前の冬にモノ(キス病)をうつされ、最近はノドの痛みを訴えていた。ハンクはノドの使いすぎによる炎症だと診断して薬を出すが、ナタリーの症状は改善しない。間もなく彼女の両手に黒い斑点が現れ、ハンクは本当の原因を突き止める。

ハンプトンズに人気のリアリティ・ショー「シェアハウス」がやってきた。撮影はジルの自宅の裏にある海岸沿いで行われており、彼女は「騒音がひどい」とプロデューサーのトニーに訴える。ちょうどそのときハンクがジルを訪ね、海上では出演者のクレイグがジェットスキーで事故を起こし、スキーの引くゴムボートに乗っていた女性が海に投げ出される。これを見たハンクとジルは、撮影スタッフや出演者たちとの連携プレーで女性に救命措置を施し、記念病院へ搬送する。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲