救命医ハンク/第4シーズンの最近のブログ記事

ハンプトンズに戻ったハンクは、知人や友人の治療に駆り出される。まず、退院したばかりのオーウェンが倒れてしまう。

ハンプトンズは冬を迎え、街は休暇らしい雰囲気に包まれる。ゲストハウスではエヴァンとペイジの結婚式を間近に控え、準備が着々と進んでいく。

ハンクたちは、ビーチバレーの大会で医療テントの仕事を請け負う。このとき彼はプロ志望の選手キャメロンを診察する。彼女は咳をしており、吐き気があった。
間もなくキャメロンは激しい咳を繰り返すようになり発熱する。このときハンクは、彼女の肺周辺に胸水が溜まっていることを突き止め、肺炎と診断する。

ハンクはボリスと地中海の島にたどり着く。そこでは瀕死のディミトリが助けを待っていた。この土地は民主化を目指す市民たちが立ち上がっており、ディミトリとボリスは彼らの活動を支援していたのだった。

ハンクメドにあらたな患者が現れる。それはジャッキーとフィオナの親子で、二人は見た目も性格も趣味も対照的だった。母親のジャッキーはおしゃれな自由人といった雰囲気で、官能小説家でもあった。一方、娘のフィオナは化粧っ気のない、化学に熱中する高校生だった。また彼女は腹痛やむかつきといった症状に見舞われていた。彼女を診察したハンクは、吐き気止めを処方して様子を見る。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲