ナース・ジャッキー/第1シーズンの最近のブログ記事

ケヴィンの店。ジャッキーがタップダンス教室での出来事を愚痴ると、ケヴィンはフリンさんと付き合ったのは16歳の時、2週間だけだと明かす。グレースが不機嫌なことも心配するジャッキーだが、ケヴィンは今夜帰ったらサプライズがあるよと彼女を励ます。ジャッキーは店から病院に向かうが、外にいたエディが入れ代わるように店内へ。ビールを注文したエディは、ケヴィンがジャッキーの夫だと確信し、色々探りを入れる。

ケヴィンの店。結婚指輪問題を収拾すべく、前回、左手の薬指をハンマーで叩いたジャッキーはグレースに手当てをしてもらっている。フィオナは、これからパパとお使いに行くのがどこかお店だとバラしそうになり、ケヴィンにたしなめられる。ジャッキーはグレースを連れ、タップダンス教室へ。

母と娘のダンス教室。ジャッキーはグレースと過ごす時間を増やすため、一緒にタップダンスを習い始める。慣れないジャッキーがぶつかった相手は同じ高校に通っていたフリンさん。彼女は学園のクィーンに選ばれた人だった。フリンさんの娘ケイトリンは5年生。その娘が4年生のグレースにそっと耳打ちする。教室を出た後、ジャッキーはグレースに耳打ちされた内容を尋ねると、フリンさんとケヴィンは元恋人同士だと言われたとの答。気にしない素振りのジャッキーだが......。

ジャッキーは家族と公園へ。手から風船が1つ飛んでいき、3つが2つになったと駄々をこねる次女フィオナに、姉グレースは残り2つのうち1つを割り、自分が持っている数と同じ、1つにする。カフェでジャッキーはお菓子を買っておいでと娘2人に1ドルずつ渡すが、グレースは「1ドルあげるから家にいて。病院なんて無くなればいい」と主張。お手洗いでこっそりとクスリを吸ったジャッキー。今日は仕事を休もうかと躊躇するが、夫ケヴィンに反対されて病院に向かう。

家の近所を家族と歩くジャッキー。次女フィオナがアイスクリームを食べてつけた口の汚れを拭おうとするが、持っていたクスリの中身がアイスの上に、まるでトッピングのようにかかってしまい、思わず焦るはめに。無理矢理アイスを捨ててやり過ごすが......。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲