プライベート・プラクティス/第3シーズンの最近のブログ記事

交通事故で負傷したマヤとデルが聖アンブローズに搬送され、クリニックのメンバーたちが集まる。デルは軽症と診断されるが、マヤは脊椎骨折の恐れがあるらしい。アディソンはマヤと赤ちゃんの両方を助けようと奮闘するが...。その頃サムは、何も知らずに事故の加害者のオペを進めていた。しかし、オペの合間にピートから事情を聞き...。一方、クリニックでは、ウィリアムが治験を断り、遠方に住む娘の元へと旅立つ。

ヴァイオレットの患者で気難しかったクレアが突然、陽気な性格の女性へと変貌を遂げる。脳腫瘍の影響で性格が変わったようだが...。一方、スイスから帰国したウィリアムの病状を心配するナオミは、承認待ちの治験薬を投与してほしいとファイフに頼む。そんな中、妊婦のキムが背中の痛みを訴えて、父とともに来院する。検査の結果、大動脈瘤があることが判明。さらに、彼女と父親は血縁関係にないことが分かり...。

※東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 
ルーカスの親権をめぐる訴訟が始まった。ヴァイオレットは共同親権を求めるものの、ピートはまだ早いと主張。クリニックのメンバーたちも証言台に立ち、デルとナオミが抱える自身の子どもとの問題や、ヴァイオレットがPTSDで中絶経験があること、ピートが元妻の死に何も感じなかったこと、アディソンが浮気後に離婚したことなどが、赤裸々に暴露されていく。それぞれの粗探しが目立つようになり、泥沼化するかと思われたが...。

※東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 
旅から戻ったヴァイオレットは「ようやく正気になった。今ならルーカスの母親になれる」と言って、ルーカスを共同で育てたいとピートに申し出る。けれどもピートは、"まだ早い"とそれを断り...。そんな中、クーパーとシェルダンは、異食症の少年オリヴァーの治療を担当。クーパーは、オリヴァーが異物を食べないよう彼にホッケーマスクをつけた母親に対し、「原因を探ることが重要」と指摘する。一方、サムはアメリアにけしかけられて、アディソンにキスをしてしまい...。

※東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 
エディは自発呼吸を再開した妻ケイラを目覚めさせるため、有名な脳神経外科医ギンズバーグを招く。そして、彼女の助手としてデレクの妹アメリアもLAへ。アディソンは、彼女が兄のデレクと同じ脳神経外科医として修行中だとは知らなかったため驚く。一方、シャーロットとクーパーは、性感染症が広がりを見せている高齢者施設で性教育セミナーを開く。入居者の1人が、セックスの悩みをクーパーに打ち明けるが...。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲