プライベート・プラクティス/第4シーズンの最近のブログ記事

サムと別れて孤独に苦しむアディソンは、精神科医から「変化は起こすもの」とアドバイスを受ける。一方、医事審議委員会によってヴァイオレットの医師免許は停止され、ほかのメンバーたちも調査の対象に。クリニックは存続の危機に陥る。そんな中、シャーロットはレイプの被害者を診察。クーパーは、8歳の若年型クラッベ病の少女に造血幹細胞移植を行う。また、ワシントンDCへの出発を延期したファイフは、一緒に来てほしいと再度ナオミに頼むが......。

ほかの病院で中絶手術を受けたというパティが腹痛で来院。実は手術は失敗しており、胎児は19週目を迎えていることが分かる。再び中絶するかどうか悩むパティに対し、中絶反対派のナオミは「産む選択肢もある」と助言するが......。一方、クリニックのメンバーの中に引き取り手がなかったことから養子に出されたデルの娘ベッツィーが、ケガをしてERに運び込まれる。検査と調査の結果、虐待の可能性が浮上するが、里親はそれを強く否定する。

クーパーとシャーロットの結婚式が間近に迫り、両家が一堂に会することに。しかし双方の親は互いに良い印象を持っておらず......。クリニックには、アフリカ出張から戻ったナオミが出勤。アディソンはサムと別れたことを彼に無断で彼女に報告する。また、一度ナオミに振られたファイフは、懲りもせずにストーカーのように彼女をつけ回す。一方、ヴァイオレットの守秘義務違反を調査する医事審議委員会は、クリニック全体に疑惑の目を向け始め......。

シアトルから戻ったアディソン。子作りに協力するつもりはあるのか、サムの答えを待つが......。一方、自伝の内容が守秘義務違反に当たるとして、あのケイティから訴えられることとなったヴァイオレット。ピートの反対を無視して、話し合いのため彼女に会いに行く。結婚式の準備を進めているクーパーは、シャーロットが元夫ビリーの写真を今も持っていることを知り不安になる。シェルダンはヴァイオレットのために、マーラを諦めたつもりでいたが......。

女子高校生3人組が示し合わせて妊娠。動揺する母親と娘たちを相互理解へと導こうと、ヴァイオレットとシェルダンはセラピーを行う。そんな中、刑務所に入っていたピートの母親フランシスが呼吸困難となり、病院に運ばれてくる。発作の原因は「刑務所から出たい」という母親のために、弟アダムが一時的に心臓病を悪化させようと飲ませた薬だった。同じ頃、14歳の天才ピアニストが脳手術を受けることになり......。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲