ミディアム/第3シーズンの最近のブログ記事

アリソンが恐れていた事態が起きた。彼女の秘密を暴露した記事が全米紙に掲載されたのだ。だが、ちょうど4件目のすげ替え事件が発生したため、アリソンとデヴァロス検事は取材攻撃から解放される。4人目の犠牲者はパメラ・フランクリン。地元フェニックスの住民だった。彼女が殺害された時刻、ホテルでは偶然警報器が作動した。そのため、被害者の首は完全には切り落とされていなかった。つまり犯人は3人目の被害者の首を4人目の体にすげ替えることができなかったのだ。これは依然として、デブラの体に3人目の首が付けられる可能性を示していた。

パクストン事件の裁判以来、各紙やメディアでは連日、デヴァロス検事に対する批判を展開し、いつしか真犯人は「すげ替え犯」と呼ばれるようになる。このネーミングを考えたのは、P・D・マコールという記者だった。
 その頃アリソンは、3人目の被害者の首がデブラの胴体についているのを夢に見る。間もなく、すげ替え犯による事件が再び起きる。

アリソンは最近、ある夢を見続けている。それはウォルター・パクストンという男が口論の末、妻ナタリーの首を切り落とすという内容だ。彼は現在、妻殺しの罪で起訴され裁判が行われている。有力な物証はないものの、状況証拠からパクストンの有罪は明らかに見えた。
 被告側の最終弁論の日――。パクストンは突然、担当のロムニー弁護士を解雇する。

アリソンは寝室が雪景色に変わる夢を見る。そして翌朝、ジェニー・ヘファナンという女子大生の捜索に参加する。それから間もなくアリソンは吹雪のヴィジョンに襲われ、一軒家の冷凍庫から氷漬けになった女性の遺体を発見する。その遺体はジェニーと思われた。
 ジェニーは10歳で母親に捨てられ、しばらく姉のヘイリーと暮らしていた。だがヘイリーが突然失踪し、その後は里親の元で育った。そして奨学金を取得しメーサ大学に通っていた。

今回はアリソンの弟マイケルが再登場する。彼は電話で心霊相談を始めていた。そしてある日、得意客のターニャ・キングから「夫が殺された」という連絡を受け、事件の起きたフェニックスに向かう。なんとその殺人事件の捜査担当はスキャンロン刑事とアリソンだった。
 マイケルがフェニックスに来た目的は単なるカネ儲けだった。彼は何度も霊と遭遇していながら、いまだに自分の能力を信じていない。今回も真面目に対処するつもりはなく、夫人の機嫌を取ってカネを稼ぎ、時期を見はからって引き上げるつもりだった。

カテゴリ

放送ラインナップをチェック

ページTOPへ ▲