WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/02/23 up

新たな旅の"幕が上がる"。ももいろクローバーZの"青春"はここにある!

「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ

アイドルグループとして成長を続け、ついに結成10周年を迎える「ももいろクローバーZ」。彼女たちの目の前には昨年から続くジャパンツアー"青春"シーズン3のスタートが3月3日に迫っている――。

そんな彼女たちが、'14年の夏から秋にかけて、まさに"青春"を懸けて挑み、'15年に公開されたのが映画『幕が上がる』と、その舞台裏を追ったメイキング映画『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』だ。

平田オリザの原作小説を、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督、『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平の脚本、そしてももクロの主演で映画化した『幕が上がる』は、第39回日本アカデミー賞話題賞・俳優部門、第40回報知映画賞特別賞、第70回毎日映画コンクールTSUTAYA映画ファン賞・日本映画部門などを受賞し、映画ファンからも高い評価を得た。

『幕が上がる』は、間違いなくアイドル映画史に残る作品だが、同時に、有安杏果が卒業し、4人のももクロとしてリスタートする今だからこそ観るべき映画でもある。それは劇中の演劇部員たちとももクロがシンクロするからにほかならない。演劇部部長としてみんなを引っ張るさおり役をももクロのリーダー、百田夏菜子が演じたほか、ムードメーカーの"がるる"役を高城れに、部長に寄り添うユッコ役を玉井詩織、年下ながら圧の強い明美役を佐々木彩夏、転校生として途中から入部する中西役を有安と、キャラクターは原作小説となんら変わらないものの、まるでそれぞれのパーソナリティーに合わせたかのようにピッタリとハマっている。

さおりは中西に「(演劇を)始めた理由は大してない。でもやめる理由はもっとない。私は多分、ううん、絶対最後までやり通す」とつぶやくのだが、今となってみるとこのセリフは胸に迫るモノがある。そのうえで、さおりは「舞台の上でなら、どこまでも行ける」と言い放つ。グループとして新たな一歩を踏み出していく、ももクロの決意表明(3年も前の作品ではあるが)にも聞こえてくる。『幕が上がる』のBGMには、ももクロの楽曲が10曲ほどアレンジされて使われているので、それを見つけ出すのも一興だ。

さらに『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』には、平田オリザのワークショップで演技を一から学び、撮影のクランクアップで涙ぐむメンバーたちの姿がある。ももクロは10年間、そんな風にずっと地道に歩んできた。ひたむきに努力を重ね、逃げ出したくなるような緊張感に襲われながら、本番で観客を魅了し、ホッとしながら感動の涙を流す。そんなももクロの歩みそのものが、このメイキング映画には詰まっているのだ。

6月まで続くツアー"青春"シーズン3の合間には、4月に"春の一大事"、5月に10周年記念ライブが待っている。モノノフなら、この2本の映画でももクロとは何かを今一度思い返し、新体制となったももクロのライブ会場で「ウリャ! オイ!」と踊り狂おうではないか!

detail_180223_photo02.jpg「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」©2015平田オリザ・講談社/フジテ レビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ

文=小林佑馬

[放送情報]

『幕が上がる』
WOWOWシネマ 2/26(月)よる6:30 ほか

『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』
WOWOWシネマ 2/26(月)午後4:45 ほか

TOPへ戻る

もっと見る

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.