「CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC」がついに放送スタート! 「実写版ならではの美しくて怖いファンタジーに仕上がっています」と主演の杏

(2013/02/21)


holic.jpg

(C)2013 WOWOW
(C)2013 CLAMP/講談社

 

 大ヒットクリエイター集団・CLAMPの累計発行部数1200万部を誇るメガヒットコミック「xxxHOLiC」をWOWOWが初の原作完全実写化。その放送がいよいよ2/24(日)からスタートするが、それに先駆け2/21(木)にメインキャストと監督が出席しての制作発表記者会見が行なわれた。会場は東京・渋谷に期間限定でオープン中のホリックカフェ“ミセ”。「CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC」のヒロインである侑子の“ミセ”をモチーフにした店内に、劇中の衣裳を着た壱原侑子(いちはら・ゆうこ)役の杏と、四月一日君尋(わたぬき・きみひろ)役の染谷将太、そして演出の豊島圭介監督が登場した。

 

 侑子は対価と引き換えに“ミセ”を訪れた客の願いも叶える不思議な力の持ち主。演じる杏も幼い頃から原作のファンだったと明かし、「まさか自分が『xxxHOLiC』の世界に登場するなんて。大好きな作品だけにできるかなと思いましたが、演じられるうれしさが勝ちました。衣裳にもアイデアを出させていただいたし、原作のような漫画体型に見えるよう、体重を3キロぐらい落としたり筋トレをしたりしました」と役作りを振り返った。豊島監督は「侑子に関してはもう完全に“監修・杏”でしたね。本番中に杏さんがした指使いが原作のひとコマにあるものだったりして、侑子像を作り上げた杏さんに感動しました」と絶賛。それに対し、侑子のミセで働くことになる高校生・四月一日を演じる染谷は、「人ならぬ“アヤカシ”が見えるという役柄も、撮影現場でアヤカシと触れ合ったのも初めて。原作は読みましたけど、僕は四月一日に似てないでしょ?」と控えめにコメント。すると、杏と豊島監督が「すごく似ているよ」と口をそろえて否定し、会場では笑いが起きた。

 

 完成した第1話を見たという杏は「映像が本当に鮮やかで美しい。まさにダークファンタジーという感じで、実写ならではのドキッとするような怖さもあります。脚本もよく練られていて、現場で演じていても『原作のこのセリフをここで使うのか』と何度もうなることがありました。原作ファンにもドラマから入る方にも楽しんでもらいたいですね」と充実した表情で仕上がりへの自信を見せていた。

 

 

【放送情報】
「CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC」(全8回)
2月24日(日)スタート!
[WOWOWプライム]毎週日曜よる11:00 ※第1話無料放送

番組オフィシャルサイトはこちら >>