そして、渋谷らくごがすき(2015/2/13配信)

2015/02/16

そして、渋谷らくごがすき_re.jpg

今回のテーマは『そして、渋谷らくごがすき 』
サンキュータツオさん、池田裕子さん、内田理央さんでお送りしました!

またまたやってきました!渋谷のユーロライブより「渋谷らくご(シブラク)」の生中継!前回の大好評を受け、今回は第二弾です!

今回はシブラクキュレーターのタツオさんと、シブラク常連の裕子氏、そして落語初体験のだーりおちゃんでオープニングトークとエンディングトークを行いました!

落語はずばり難しそうなイメージを持っているというだーりおちゃん。「着物を着て日本の昔の言葉を使ってとっつきにくそうなイメージでドキドキする!」と語っていましたが、果たして終演後はどんな感想を持つのでしょうか?!
初回から毎月欠かさずシブラクを見ている裕子氏からは、初めて落語を観た時はそれまで持っていたイメージがまるで変わったという体験談が!「見る前は正直 言って一般的な20代の感性には合わないんじゃないか、年配の方が好きなイメージが強いし笑いのツボが合わないんじゃないか、と思っていたけど全くそんな ことなかった!入船亭扇辰さんの落語を生で見たときには、今まで存在すら知らなかった扉が開いたような感じだった!」と語ってくれました。タツオさんから も「裕子氏に推しメンがいるように、一人気になる人を追いかけると色んな落語家に出会える」と落語の楽しみ方のひとつを教えて頂きました。

「噺家さんは自分の持っている噺の中から、その日のお客さんの様子を伺ってネタを選ぶ。2番目の人はトップバッターの噺を受けて、じゃあこの噺をしよう、 と決めるので出たとこ勝負。まだ今日どんな噺があるのかは自分も知らない!」というタツオさん。「普通の演芸会はキャリアの浅い人からお客さんを暖めて、 最後にどーんと大御所が出るけど、シブラクはトップからトリのような気持ちで爆笑を掻っ攫う危険因子を各回に設けている!今回のトップバッターは春風亭 昇々さん!」ということで本日の噺家さんの紹介があり、ついにシブラクがスタート!
今回は、1人につき30分ずつのお噺をお送りしました。今回の演目はコチラ。

・春風亭昇々「そうおん!」
・桂春蝶「久高島」
・神田松之丞「鹿島の棒祭り」(講談)
・橘家文左衛門「転宅」

どの演目も大きな笑いが巻き起こり、終始魅了されっぱなしの落語会となりました!

だーりおちゃんは「めっちゃめちゃ面白くてびっくり!最初は難しいイメージだったけど、物語が映画みたいに進んで行くからそんなの思う必要なかった!講談ももっと聴きたかったのに!!気になって仕方ない!」と初めての落語に大興奮!
裕子氏も講談は初体験。「すごくエネルギッシュで圧倒された!」と語りましたが、戦うシーンを追い立てる喋りのスピードやリズム感の気持ち良さは講談特有 のもの。特に神田松之丞さんは変わった芸風の講談師だけど、講談でしかできないような喋りの気持ち良さをしっかり表現していて、講談界の未来を背負う期待 のホープだとタツオさんは語りました。

2月の渋谷らくごは2月17日(火)まで開催!
生中継を行った回には、初めて会場に見に来られたという方も結構いらっしゃいました!ニコ生で興味を持ったあなたも、落語好きなあなたも、ぜひ会場で生の落語を体験してみてはいかがでしょうか?
出演者、公演スケジュールは渋谷らくごオフィシャルサイトでご確認いただけます!

・「其の壱」2/15(日)午後4:30~
・「其の弐」3月7日(土)夜8:30~
・「其の参」4月放送予定

ベテランもフレッシュな顔ぶれも集まる豪華共演の落語祭り!
ぜひ本日のぷらすととあわせてお楽しみください!

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ