サウナの入り方 (2015/2/24配信)

2015/02/25

サウナの入り方_re.jpg

今回のテーマは『サウナの入り方』
マキタスポーツさん、速水健朗さん、太田広さん、池田裕子さんでお送りしました!


前週のアカデミー賞ウィークから昨日の授賞式まで、アカデミー賞づくしでお送りしていましたが、この日から通常モードとなったぷらすと。
アカデミーから一転、今回はサウナにまつわるアレコレを深掘り!

 

ゲストの太田さんはぷらすと初登場!温浴業界最強のコンサルタントで、通称サウナ王!年にサウナに入る日は実に320日というまさに"プロサウナー"です!元々はそんなに暑いのが好きではなかったそうですが、若い頃にバイト仲間たちとサウナに通う中で、サウナに入るオジサンたちが気持ち良さそうにしてい たことから自分も入るようになりその魅力に気付いたのだとか。太田さん流のサウナの入り方は、10分以上サウナに入り、5分以上水風呂に入ること。水風呂 からすぐ出てはだめで、水温に近付いて水に同化していく自分を感じた後に出ると快感が襲ってくるのだそうです!

 

サウナの歴史としては4000年くらい前から始まっていて、その当時は加熱した石に水をかけて発生した蒸気に入る発汗浴が行われていました。今私達が思い 浮かべるサウナ室という概念はフィンランドに起源があり、中央アジアから北欧に居移ったフィン族が、寒さに耐えることと身体を綺麗にして疫病防止すること を目的に始めたのだそうです。フィンランド人は家を設計するときでもまずサウナ小屋から設計を行ったり、昔医者が少なかった頃には家で一番清潔な場所だということからサウナで出産を行ったり、戦争の時でもサウナを持って行って入るほどで、もはや必要不可欠なもの。
こうした背景からも日本には東京オリンピックの選手村にサウナ小屋が作られ、一般にもそこから普及していきました。日本はもともと温泉文化でお風呂に入る習慣があるからこそスムーズに広まっていったようです。

 

そもそも海外は湯船に入らないというのも当たり前なので、お風呂もあってかつサウナもあるというのはハイブリットで日本独自の文化。
その他にもサウナ室にテレビがあったり、サウナ室を出たところにリクライナーが並んでいたり、カウンターでボトルキープができたりと、色々な設備が付加された複合施設となっているのは日本ならではなんだとか。

 

こうして高温サウナ普及したとはいえ、そもそも暑いのが苦手で入れない人もいっぱいいました。そういう人たちをどう取り込んだらいいのかということは業界 の発展として問題になっていたそうです。さらに、バブル崩壊前は会社の先輩にサウナに連れて行ってもらうということも多くあったそうですが、その後はそう した付き合い方もなくなり、若者のサウナ離れとも言われていたそうです。

 

そこで注目されたのが岩盤浴。
サウナは高温というのが当たり前でしたが、暑いのがダメな人でも岩盤浴なら入れるという人も。
また、サウナは会社の付き合いであったりと男同士の文化でしたが、1983年のディズニーランド開業以降は消費がカップル単位へと遷移。最近の岩盤浴はカップル同士で入れるフロアがあったりとデートスポットにもなっていてカップル消費も取り込んだサービスとなりました。

 

また、サウナビジネスの中でもう一つポイントとなるのがロウリュウ。
ロウリュウは、サウナストーブの上に乗っている石にアロマが入った水をかけて上がる蒸気のこと。その蒸気をうちわやタオルで煽いで熱波を浴びせるというサービスで、室内の温度は然程変わらなくても、湿度が急激に上がることで体感温度的には200度くらいになるのだそうです!
サウナは普通に入っているとじわじわ汗をかきますが、ロウリュウは一気に汗が噴出!サウナーとしては一気に出す汗が気持ち良くて、その後に入る水風呂も最高なんだとか。
ロウリュウと言う言葉はフィンランド語ですが、日本には1998年にドイツから上陸。ドイツ語ではロウリュウはアウフグースと言い、ドイツで熱波師をするにはサウナマイスターという国家資格が必要でまさに職人技!
日本には国家資格や協会資格はありませんが、太田さんが北海道で一番お気に入りだという「ニコーリフレ」というお店には、職人技を操る名物スタッフがたく さんいるのだとか!温風を送るにも上手い下手があるそうで、上手い人は風の最大インパクトが体に当たるように風圧をコントロールできる温風のDJなんだそ うです!

 

その他にも、サウナ王が選ぶベストサウナ!ということで全国のサウナを教えて頂きました!
セルフロウリュウができるお店や、薬湯があるお店、水風呂の水に高級ホテルでも出されるようなミネラルウォーターを放水しているお店など、どこも様々な工夫がされているようです。
配信中に紹介されたものの全てではないですが、こちら(⇒http://curated-media.com/c10542.html)のサイトに太田さんオススメのサウナが紹介されていますので、要チェックです!

 

ロウリュウをやっているお店に行きたい!と言う人も最近は増えていて、ロウリュウをしているか否かは良いサウナと悪いサウナの見分け方の大きなポイント。
ロウリュウをするためには、まずサウナストーブ自体が水をかけても傷まない設備にしなければならず、人件費の他にも消耗品や経費が掛かります。それでもロウリュウをするのは経営者や施設がサウナのお客さんを大切にしていたり、サウナに力を入れているということ。
最近はスーパー銭湯などでもロウリュウを行っているところもあり、温浴ビジネスのひとつの大きな転換点となったようです。

 

配信中には「サウナは宇宙だ!2000円払うと宇宙に行ける!」なんて名言も飛び出しましたが、今の寒い時期はサウナを始めるにはベストシーズン!今から サウナを始めたくなったあなたも、すでにプロサウナーだというあなたも、楽しく気持ち良いサウナライフを楽しみたいですね!

 

WOWOWでは「テルマエ・ロマエ」シリーズの2作品を3/7(土)よる7:00より一挙放送!
http://bit.ly/1AqVaPz

 

阿部寛さん主演のスペクタクル入浴コメディ、本日のぷらすととあわせてお楽しみください!

 


アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ