ぜったい、渋谷らくごがすき(2015/4/10配信)

2015/04/13

ぜったい、渋谷らくごがすき_re.jpg

今回のテーマは『ぜったい、渋谷らくごがすき』

サンキュータツオさん、海下真夕さん、玉木碧さんでお送りしました!

月一回のお楽しみ、渋谷らくごの生中継が今月もやってきましたー!

今回の落語体験者は、小学校の学校寄席と大学の落語研究会の寄席を観たことがあるという玉木ちゃんと、落語初体験の海下ちゃん!

オープニングトークでは二人とも初心者ということで、タツオさんから簡単な落語レクチャー。

前座⇒二つ目⇒真打という噺家さんの階級や、「憚り」「厠」「雪隠」の意味、一人二役についてなど、落語豆知識を教えて頂きました!

 

美術鑑賞にはまっている海下ちゃん、そしてディズニー好きな玉木ちゃんに、落語も二人が好きなものと一緒だよ!と話すタツオさん。

落語も夢が詰まっていて人間の想像力が作り出したもの。そして、人によって違う捉え方をさせてくれて、想像力を掻き立ててくれるというところは共通なのです!

 

恒例となったロビー中継中には立川吉笑さんの入り姿なんかもお届けしつつ、いよいよシブラクがスタート!

今回の演目はコチラです!

 

◆立川吉笑「粗相茶」

◆隅田川馬石「鮑のし」

◆神田松之丞「三年寝太郎」

◆立川生志「お見立て」

 

それぞれのお噺の世界に没頭している間にあっという間の2時間!

エンディングではそれぞれの感想をトーク。

最初は「言葉が難しくてレ点とかついちゃいそうなイメージ」と不安そうにしていた海下ちゃんもちゃんと楽しめた様子!中でも神田松之丞さんのお噺が一番風景が想像できたと語ってくれました。テンポが速くて聞き取るのに必死だったというお話からは、「噺家さんのリズムは、出てきて着座してお辞儀して顔を上げる瞬間にその人のリズム感が分かる」と語ったタツオさん。お客さんの聴く呼吸を調整する匠の技が感じられます。

 

玉木ちゃんは羽織を脱ぐと本題が始まるということを発見!最初はどこから本題が始まるか分からず、羽織も気分で脱いでいるのかと思っていたけれど、だんだん見ているうちに気付いたそうです!玉木ちゃんが気になった噺家さんは立川生志師匠。前の人のネタも盛り込んだ伏線回収や、一人でやってるとは思えないほどの声色や仕草と表情の豊かさに魅了されっぱなしの様子!

 

松之丞さんは「今日は講談はやらない!」と宣言していらっしゃいましたが、「今日のは講談ではなくて、神田松之丞と言うジャンル」だと語ったタツオさん。講談ではなかったからこそ、この人が講談やったらどうなるんだろうと気になる高座を披露してくださいました!

 

4月の渋谷らくごは14()まで開催!

今回中継した神田松之丞さんは13()20:00からの会、隅田川馬石さんは14()18:00からの会にも出演されます!

今回の配信で落語に興味を持った方も、追いかけたい噺家さんが見つかった方も、ぜひ一度会場で生の落語に触れてみてはいかがでしょうか?

出演者、公演スケジュールはユーロライブ渋谷らくご公式ページでご確認いただけます!

http://eurolive.jp/shiburaku/

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ