NBA井戸端会議(2015/5/22配信)

2015/05/27

nba井戸端会議.jpg

今回のテーマは『NBA井戸端会議』。
サンキュータツオさん、岩崎太整さん、中原雄さん、そして、スペシャルゲスト富樫勇樹選手をお迎えしてお送りしました!


NBA Dリーグ テキサス・レジェンズに所属する富樫選手は日本人でNBAに最も近い男。日本人では以前に田臥勇太選手がNBAに行っていますが、その時とはレベルも上がっているから、同じかそれ以上にすごいことだと語った中原さん。試合やそれに向かう表情、ロッカールームでの姿など、もっともっと露出してどれだけ厳しいものなのかをみんなに知って欲しい!と熱弁!


早速番組では富樫選手にそれぞれ気になっていたことを質問!

メンタルの強さで日本人とアメリカ人で圧倒的に違うと思うことってある?という太整さんからの質問に、夜遅くまで遊びに出かけても、次の日40分試合に出るというのはある意味1つのメンタルの強さだと思うと富樫選手。

プロってやることをやれば自分のプライベート空間に口出ししなくていいだろうって考えを持っている人もいるよねと中原さんも同意。一方で、結果を出し続けなきゃ意味がない。だからこそ富樫選手の挑戦をもっと見てほしいと訴えます。チャンスはもらえるモノじゃなくてむしり取るもの。ちゃんとやっていないとあそこまでは行けないと語りました。


富樫選手が自己管理の仕方や意識が他の選手とは違うと挙げたのが、チームメイトだったマイク・ジェームズ。今年40歳になりますが、NBAも長く経験していて、またNBAに上がろうとしている、まさにバスケの為に生きているような選手。富樫選手がチームに入った当初から気に入ってくれていたそうで、ヨガに誘ってくれたりすることもあったのだとか。


さらに、NBAのリーグとDリーグの差はどれくらいあるのか肌感が知りたいという太整さん。富樫選手はNBAでも最初のベンチの10人と後ろの5人との差は凄くあるけれど、下の5人とDリーグのスタメン5人はほとんど技術面では変わらない印象とのこと。そこを行き来する選手も多く、そんなに実力的に差があるとは思わないと教えて頂きました。


富樫選手からテキサス・レジェンズでアシスタントコーチを務めているニック・バン・エクセルコーチについてのエピソードも!彼は口数が少なくて最初の方はほとんど喋ってこなかったそうですが、富樫選手自ら寄って行ったら、練習後に一緒にドリルをやってくれるように。このお話を受け、自分から聴きに行ったことの大切さを語った中原さん。自分で行かないと誰も教えてくれないのがアメリカ。富樫選手は英語が全く喋れない状態だった高校生の最初の頃は、聞きたくても聞けなかったともどかしさもあったそうですが、喋れるようになってからはコーチにどういう風にすればいいか聞きに行くようになったのでした。


そしてプレーオフについてもトーク!

残念ながら敗退してしまったクリッパーズが大好きで応援していたという富樫選手。クリッパーズvsスパーズは何もかも忘れるくらいの試合だったと太整さん。

さらに気になっているチームとしてはゴールデンステートとキャバリアーズをピックアップ!レブロンがいるチームはファイナルまでシードでいいのでは、と話し笑いを誘いました。


また、好きな選手として挙げられたのがアレン・アイバーソン。ナゲッツ時代までずっと見ていたそうで、その後はクリス・ポールやステファン・カリーに注目しているのだとか。また最近は、自分に近い身長が低めのPGとして、アイザイア・トーマスの試合もチェック。自身のDリーグでの経験とも重ねながら見ていると語りました。


贅沢で貴重なお話を沢山伺えましたが、ここで富樫選手の出演はタイムアップ!

来シーズンはまずサマーリーグに出て選択肢を増やしたいという富樫選手。NBAへの目標はもちろんですが、ヨーロッパのコーチも観ているからこそ、まずサマーリーグで活躍したい!とのこと。これからの活躍に期待が膨らみます!

帰り際「この番組超やばいっすね」wと言い残して去られた富樫選手。ぜひまたぷらすとにお越しいただきたいですね!富樫選手ありがとうございました!



WOWOWでは富樫選手の1年間に完全密着したドキュメンタリーを放送!こちらもぜひチェックしてみてください!

ノンフィクションW より強く、より速く、より高く ~富樫勇樹 167cmのNBA挑戦記~ 6/6(土)午後1:00 WOWOWプライム


ここからさらに濃度を上げてのNBAトーク!

まずは、トーナメント表を見ながら現在までのプレーオフを振り返り。ピアースの神がかったクラッチシュート、ゴールデンステートの戦いぶり、タイムアウトとらない問題、戦術ハーデン、風のように去っていったトロント、コンリーの偉大さについて、などノンストップで続きます!


そして元ぷらすとスタッフ、ヤギちゃん作成の渾身の資料を見ながら、オールディフェンシブチームとオールNBAチームの振り返り、今年のレギュラーシーズンのスタッツチェック、最近のニュースなどもお届け。


話題尽きず、カリーやレブロン、ゴールデンステートやキャバリアーズについて夢中に話していると気づいたら2時間が経過しようとしているところ...今回は中原さんの家族・大学情報も聞けなかったくらいあっという間に時間が過ぎていったのでした。


最後にニコ生の皆さんと共にゴールデンステートとキャバリアーズに絞り優勝予測。

結果は、怪我なし前提でゴールデンステート(58%)、キャバリアーズ(42%)となりました。

そして少々気が早いですが、ゴールデンステートが優勝したら快進撃はどこまで続くかをアンケート。一回かぎり(80.3%)、連覇する(19.7%)という結果は、通の皆さんだからこその現実的なものとなりました。


WOWOWではNBAプレーオフをファイナルまで徹底放送!今回優勝予想はゴールデンステートに票が集まりましたが果たして!?

ぷらすととあわせ、最後までお楽しみください。


「1試合みるだけでしゃべりたくなっちゃう」とタツオさん。

というわけで次回のNBA井戸端会議は6/4(木)、ファイナル直前に開催です!次回もぜひご参加くださいね!

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ