夏とビーチ(2015/6/18配信)

2015/06/19

夏とビーチ_re.jpg


今回のテーマは『夏とビーチ』
速水健朗さん、宇野維正さん、渡邉裕之さん、池田裕子さんでお送りしました!


この日初登場の渡邉さんは、共著で『海の家スタディーズ』を出版されているライターさん!『海の家スタディーズ』はバブル崩壊を背景に、夏にだけある仮設住宅としての海の家を取り上げ、90年代からのビーチカルチャーの新しい面について触れられた本。以前の著書『汽車住宅物語 乗り物に住むということ』という乗り物の転用住宅についての本も出版されていて、捨てられたものの再発見に面白さを感じているそうです。渡邉さんの著作も今回のぷらすととあわせてぜひチェックしてみてくださいね!

番組はまずは海水浴事情やビーチ事情の変遷についてトーク!
海水浴自体は戦前からあったものの、流行したのは60年代。当時のビーチはパワーや勢いがあって、エネルギッシュに働いてる人たちがエネルギッシュに遊ぶ場所だったと振り返った渡邉さん。逗子海岸だと土曜の夜に最終電車で行って、ビーチで夜明けを待って場所取りをするほど人気があったのだとか。レジャーや内需拡大の機運の中、海水浴には物凄い人が集まり、ぼろ儲けの世界だったようです。
一方で海の家はマイカーブームの到来でひとつの試練を迎えます。それまでは電車やバスでビーチに向かい、海の家で着替えをしたり荷物を置いていたのに対し、どちらも車で済んでしまうように。特に自動車が一般化した70年代から衰退がはじまります。さらに、海外旅行で外国の綺麗なビーチを知るようになってからは、日本のビーチの汚さとの対比で衰退。潔癖なゆうこしも海外のビーチは大丈夫で、フィリピンのエルニド島の綺麗さに感動したのだとか。
 
さらに、70~90年代にビーチや海の家のイメージを作ったものについても語られました!
ストイックなサーフィン文化、大学の広告研究会、テレビ番組の冠を付けた海の家、観光や旅行会社のCMタイアップ曲などなど。特に渡邉さんは、70年代の音楽について鈴木慶一さんを例に解説。70年代前期に「塀の上で」や「土手の向こうに」などで心象風景を唄っていた時代から、中期には架空の浜辺や南国を唄い出します。それは、以前の松本隆さんが作るような物語世界や幻想的なものがないといけなかった時代から自立するため。ダンスミュージックやトロピカルなサウンドを欲し、松本隆的世界から離れて行ったのだと語られました。
 
また、ビーチカルチャーを語る上で、浜辺は作られた人工的な風景であり、幻想であるということは1つのポイント。
このことについて、『インヒアレント・ヴァイス』『ビッグ・ウェンズデー』『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』『ザ・ビーチ』などの映画から様々な例が挙がりましたが、これらの映画のビーチにも、松本隆さんの描いた世界にも共通するのは、全部幻想だという事。さらに、ビーチのナンパカルチャーにも幻想的な側面が。音楽も小説も映画も一般人も、みんなビーチに幻想を求めていたのではと話されました。

一方で、幻想は剥がされることもあるからこそ、その打ち捨てられた場所から最先端のユースカルチャーが生まれることもあります。
和歌山県の新和歌浦の海水浴場のように、幻想から廃墟になった場所をいわゆるニュースタイル系の海の家や老人施設に変えている場所もその一例。また、日本海側の潮の満ち引きが少ないところでは、海に面して舟屋がいっぱい並んでいます。これはもともと冬の間に木の船を雪から守るためにありましたが、船が強化プラスチックになった今でもその文化が残っていて、伊根町などではそこが宿泊施設に。
これからもどんどん古くなるものが溢れていくけれど、それらを再発見する楽しさやリノベーションする機会がユースカルチャーの盛り上げるきっかけになるかもしれないと語られました。
 
さらに番組ではヨーロッパ人の海に対する感覚や、日本のビーチの音楽かかりすぎ問題、フラグクラッシャーなゆうこし、サザンオールスターズやTUBEなど日本の夏の音楽などについても話され、幅広く文系の海論が展開されました!
 
宇野さんが海には4回出会う機会があるから再デビューはいつでもできる!と話したように、今までちょっと海を避けがちだった人も、今年は海に足を運んでみてはいかがですか?
まだまだ梅雨真っ只中で今はちょっと行きにくい季節かもしれませんが、速水さん・宇野さんのようなオフシーズンの海の楽しみ方もおすすめです!
ぜひお気に入りのビーチを探してみてくださいね!

また、WOWOWでは幕張のビーチで行われた【JAPAN JAM BEACH 2015】や、夏の音楽として挙げられたTUBEのデビュー30周年を記念した特集をはじめ、夏に向けたエンターテインメント作品を多数お届け!
 
 
本日のぷらすととあわせてお楽しみください!

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ