ぷらすと第2部 町山智浩に聞く「進撃の巨人」(2015/7/28配信)

2015/07/29

進撃の巨人_re.jpg


今回のテーマは『ぷらすと第2部 町山智浩に聞く「進撃の巨人」』
中井圭さん、松崎健夫さん、町山智浩さん、池田裕子さんでお送りしました!

公開を間近に控えた「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」。
今回は本作に脚本で参加した町山智浩さんに、LAから中継でご出演頂きました!

まずはプロデューサーや原作者の諌山さんからの要望をふまえ、設定変更の意図についてトーク! さらに、本作の特徴でもある残酷描写について、コマ単位のぎりぎりの調整や、映倫とのせめぎ合いなどについても教えていただきました!

映画を作るとき、スタッフは過去の映画を参照して、演出のテンポや画面の調子を共有。本作で町山さんは、このイメージの共有に必要な絵柄のサジェスチョンをいっぱいされているのだとか!本作はエンターテインメント作品として楽しむことはもちろんですが、映画ファンであれば町山さんがどんな作品から引用しているのかも注目ポイント!しかも、ヒントになったものは映画だけでなく絵画などあらゆるものからインスパイアされているそうです。今回は、男女混成の戦闘部隊、巨人の滑稽だけど気持ち悪くて怖い感じ、壁の中に人が入っている世界、などの参照元になった作品についても教えて頂きました。

また、この作品を映画化にするにあたっての難しさは、原作の物語が完結していないこと。
その苦悩や、ストーリー展開のヒントとなったことを、原作の編集者の方とのエピソードを交えてお話いただきました。が、あまりにギリギリ過ぎるお話に、ネタバレに寛容なぷらすとが、前代未聞のネタバレストップを発動・・・!ここまで話しちゃうの?!と、鑑賞済みの中井さん健夫さんがドキッとしてしまうほどの貴重なお話をたくさん聴かせて頂きました!

最後に町山さんは「前編では、何だこれ?って思うところがいっぱいあると思うけれど、そう思ったところは全て後編の伏線です!全て綺麗に回収します!」とこれから観る皆さんへ力強くメッセージ。
「予告編などを見ておかしいんじゃないか、と思っている人もいるけれど、それも拾うためにおいている伏線。後編のラストを見たら違う気持ちになるはず!わざと嫌がらせをしてるから、酷くなれば酷くなるほど後編でスカッとするようになっている」と、全ては計算済み。

原作をファンも、原作を読んでない人も楽しめること間違いなし。期待値が高まるお話を沢山伺いました!
原作ファンのゆうこしは当初は正直期待していなかったそうですが、今はもう、すでに観た二人が羨ましくてしょうがない!早く見たい!と待ちきれない様子。

前編はいよいよ今週末、8/1(土)より公開!そして9/19(土)には後編が公開です!
後編公開時には町山さんも日本へ来られるとのこと。そのときはきっとぷらすとにもお越しいただけるはず!ぜひ思う存分語り合ってもらいましょう!

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」公式サイトはコチラ

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ