猫好きぷらすと! 猫の魅力を語る!(2015/9/3配信)

2015/09/04

猫好きぷらすと_re.jpg


今回のテーマは『猫好きぷらすと! 猫の魅力を語る!』
サンキュータツオさん、松江哲明さん、速水健朗さん、新宅広二さん、池田裕子さんでお送りしました!

猫歴3年、ミーツを溺愛する松江監督!
もとは動物嫌いだったのにすっかり猫にメロメロ、猫歴8年速水さん!
生まれてこの方猫を欠かしたことがない猫歴39年タツオさん!

という猫バカトリオ。そして、イタチ派新宅先生、犬派ゆうこしで猫の魅力を存分に語りました!
番組は始まるや否や、超ハイテンションの猫トークが炸裂!まるでみんなでディズニーランドに来たかのような昂揚感!喜んで猫耳を付ける程のうきうき具合です。

まずは、猫派、犬派、イタチ派、その他の4択でニコ生アンケート!
結果は猫派56.6%、犬派25.3%、イタチ派7.9%、その他10.2%。猫派の多さもさることながら、イタチ支持率もなかなかの健闘です!

番組は愛猫との出会い、猫歴、猫と過ごす至福のひと時などをトーク!みんな、うちの子の可愛さ語りながら、よその子の可愛さを聴きながら、1つ1つのエピソードに悶えまくり。終始顔がほころんでいました。
もちろん、新宅先生に猫知識もたくさん教えて頂きました!猫の行動の意味や習性、猫を飼ううえでの豆知識から、さらにイタチのお話も!

ゆうこしが犬派なのは、四六時中くっついていたいから。猫も好きだけれど、そうさせてくれなくて悲しくなっちゃうとのこと。犬はむこうから来てくれるし、くっついていてくれるし、私の心を満たしてくれるのはやっぱり犬!と犬好きの主張。
しかし、そんなゆうこしの話を聴いて、ゆうこしは猫派の才能がある!と松江監督。
松江監督も実家では犬を飼っていて、もともとは犬派。「犬は甘えてくれるし今の自分を肯定してくれるけど、犬は自分が変わらなかった。猫を飼ってガラッと自分が変わった!自分を成長させてくれる人と付き合った感じ!」と力説。ゆうこしの猫派の才能が開く日は来るのか・・・!?

みなさんの愛猫写真も交えながらの配信となりましたが、今回はなんと、松江監督がミーツの映像を持ってきてくださいました!「新作扱いでいいよ!」と完全にプロが本気出している映像!「被写体が俺を撮らせるんです!!」との名言も!
実はミーツの映像を人に見せるのは初めて。動くミーツ、初お目見えです!
タイトルは「ミーツ♡」。もうミーツの可愛さに歓声が飛び交い、拍手喝采!ちなみに、配信には映っていませんでしたが、松江さんは興奮のあまり何度も椅子から立ちあがっていましたw

そして、最後におすすめの猫作品を教えて頂いました!
速水さんは大島弓子さんの著作のサバシリーズをオススメ。WOWOWでもシリーズの「グーグーだって猫である」のドラマを放送しますので、ぜひご覧ください!
番組詳細はコチラ

松江さんは、自分がオッサンになって猫が好きになった理由が分かるという漫画「化け猫あんずちゃん」、観ているだけでずっとにやにやできるというロシアの映画「こねこ(Котёнок)」、ドキュメンタリーと劇映画がミックスされた「私は猫ストーカー」の3作をオススメ!

新宅先生はムツゴロウさんこと畑正憲さんの監督・脚本作「子猫物語」。なんと協力監督が市川崑監督!

楽しい時間が過ぎるのはあっという間!熱狂的な猫トークも気付けば2時間越えの配信となっていました!
猫好きのおじさん達の圧を感じて、新興宗教の集会に間違ってきちゃったかなと思った!と最後にはドン引きだったゆうこしw新宅先生も、「独特の周波数がありますよね。そっちの世界に行くとすっごい楽しいんだろうな。」とうっすら線を引いたほどwでも、「面白かった、猫好きは濃いな~」と話した新宅先生。もしかして猫好きが観察対象だったかもしれませんね。
ヒエラルキーの頂点は猫!との意見もありましたが、これだけ人を魅了する魔力を持つ猫のことならまだまだ語れる!ということで猫井戸端会議、第2弾に期待です!話は全く尽きないながらも、話すうちに愛猫に会いたくなって、だんだん早く帰りたくなってくる猫バカトリオなのでした~w

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ