大友克洋とアニメーション(2015/9/9配信)

2015/09/10

大友克洋とアニメーション.jpg

今回のテーマは『大友克洋とアニメーション』
サンキュータツオさん、国井咲也さん、玉木碧さん、そして「SHORT PEACE」のプロデューサー、土屋康昌さんをお迎えしてお送りしました!

日本が誇る巨匠・大友克洋。まずはいつもの3人で大友作品を振り返り!
国井さんにとって大友作品はリアルタイムに見てきたものばかり。最初は漫画家のイメージだったけれど、インパクトとしては「AKIRA」というイメージが強いそうです。
アニメって可愛いとかイケメンとか目が大きくてクリクリというイメージだったけれど、画が凄くリアル指向だったと玉ちゃんも印象を語りましたが、国井さんが「AKIRA」で衝撃を受けたのもリアル路線で劇画調の作画。背景のディテールの細やかさももちろんですが、その中でどう見せるかという演出論にも衝撃を受けたという国井さん。壁ドンならぬ「壁ズドム」や「ドミノビル」など、力が具現化された描き方が新しさを感じたそうです。

この他にも金田バイクのコックピット感や、ヤンキー的セリフの妙をはじめ、国井さんのキュンキュンポイントを多数紹介! さらに、キュンキュン来るシーンはモノマネしたくなる!と鉄夫や博士から、スチームが出てくるパイプ、音楽までモノマネを披露!w

「AKIRA」の次に作られたのが「MEMORIES」。オムニバスということに、びっくり感と、少ししょんぼり感もあったそう。それは、長編で「AKIRA」的作品を望んでいた自分がいたのかもと国井さんは当時を振り返ります。
「MEMORIES」も基本はSFで大友印の映像ですが、「AKIRA」の物差しで考えると異質な作品。大友克洋という映像作家が、新しい方向を突き詰める自己記録更新型の作家であることがわかります。

それを確信に変えたのがオムニバス作品「SHORT PEACE」。大友さんは「火要鎮」の中で、時代劇やラブロマンスなど今までにやっていないことに挑んでいて、国井さんは新しいところに行こうとしているんだという嬉しさがあったそうです。
また、オムニバスの最後に位置するのが「武器よさらば」。大友さんの原作をカトキハジメさんが監督した作品でそれまでの3作とは違ってバリバリのSF!「AKIRA」好きは絶対見て!と国井さん大興奮の1作。タツオさんも、皆が求めているものと大友さんがやりたいことは、まだ大友さんが1歩2歩進んでいるかもしれないけど、皆が待っているものを放り込んでくるということは、手を引いてくれている気がすると語りました。

そしてここで、土屋さんにご登場いただきました!
土屋さんはサンライズのプロデューサー。大友さんとは「スチームボーイ」の頃から付き合いがあり、最新作「SHORT PEACE」でもタッグを組まれています。
今回は「SHORT PEACE」立ち上げの頃のお話や「火要鎮」の制作裏話はもちろん、
大友さんの雰囲気、ロードバイク好き、落語好き、少し前にハマっていた音楽は歌謡曲、日本映画では黒澤明監督や木下惠助監督が好き、最近観た映画は「マッドマックス」といった、知られざる大友さん情報まで、様々なお話を伺いました!

さらになんと、今回は「火要鎮」の絵コンテやレイアウト、設定画をお持ちいただきました!しかも、複製ではなくオリジナルなのです!!
大友さん直筆の絵コンテに一同は大興奮!絵コンテ段階から凄まじい描き込みで、しかも「火要鎮」のレイアウトはほぼ全カットご自身で書かれているそうです・・・!江戸の町並み、瓦、板目の描き込みも圧倒的。「火要鎮」は日本画や絵巻物を参考にされているそうで、資料集めや取材も数か月かけて行われているそうです。

また、「AKIRA」のパイプのシーン、「スチームボーイ」の上記の描写、「火要鎮」での火事のシーンをふまえ、大友さんって煙が好きなのでは?と話していた3人。このことを土屋さんに伺ったところ、やはり大友さんは煙ロマンを持っていることが発覚!
「スチームボーイ」は特に自分の意思の様に煙を動かせるアニメだからこそ、大友さんの煙好きが端的に出ていたと思うと話した国井さん。大友さんにとっては「AKIRA」や「大砲の街」で煙について掴んだことが「スチームボーイ」へとつながったようです。
また、大友さん自身CGに可能性を感じていて、「スチームボーイ」「FREEDOM」「火要鎮」でもCGが使われていますが、煙は全て作画!キャラクターにCGを使っても、煙はこだわりがあるようです。土屋さんは画面演出として、多分黒澤明監督の雨や土煙の使い方とリンクしているんじゃないかな、と語られました。

WOWOWでは今回 生の絵コンテを見せて頂いた【SHORT PEACE】をテレビ初放送するほか、大友克洋作品4作を特集!
ラインナップはコチラ

番組中語られた様々なポイントに注目して、ぜひ大友さんの世界をご堪能ください!

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ