2015年のベストカー(2015/12/18配信)

2015/12/21

2015年のベストカー_re.jpg

今回のテーマは『2015年のベストカー』
浅賀優美さん、小沢コージさん、速水健朗さんでお送りしました!

今回はあさがゆちゃんが司会、速水さんがガールズポジションで、お馴染み小沢さんをお迎えしての車回!今年はどんな車が登場し、いまどんな車にわくわくするのか、エンターテインメントとしての車について考えました!!

≪一味違う!TOYOTA車の"顔"≫
昔はエンターテインメント色が今より強かった自動車。でも、最近では軽自動車やハイブリットカーに代表されるように、燃費が気にされるようになり、移動手段として道具の意味が強くなってきています。そういう意味では今年大きな動きがあったと小沢さん。

そこでまずは小沢さんも選考委員を務めるカー・オブ・ザ・イヤーや各媒体のベストカーについての話題へ。速水さんから見た小沢さんは、毎年毛色の違うベストカーを選びがちだという印象のようですが、年がら年中車を見ている人の記憶に残った、インパクトがあった車を選びたいと思っていると、結果人と違うものになるとのこと。
そんな小沢さんの今年のイチオシはトヨタのアルファード。日本車として新たな領域に行っていて、結構感動的な車だったと語ります。そのポイントはデザインにありました。

前回の車回でも話題に上ったマツダ車は、欧米文化圏で美しいとされるある種の黄金律を踏襲し、ヨーロッパ以上にヨーロッパ車らしい、真似の域をも飛び出たところにいますが、一方でその王道さとは一味違うところにいるのがトヨタ。アルファードの6パックと言われるフロントグリルや、シエンタのヒゲが生えたようなデザインから感じられるように、顔でいうと少しファニーな路線にいます。これは普通のヨーロッパメーカーでは絶対やらないようなデザイン。ヨーロッパの真似は楽だし、マツダの方がシンパシーは覚えやすいけれど、まったくやったことがないことをやっているTOYOTA。車を何百万台単位で売るってことは、ちょっとでも顔が嫌だと他の車が選ばれてしまうリスクからオーソドックスなデザインをしがちだけれど、かなり冒険をしているトヨタはすごい!と語られました。
しかもアルファード、中国や香港で売れていて、ロールス・ロイスに乗っている人が同様にアルファードに乗っているとか!顔だけでなく、側面についている柱のイルカの背びれの様なデザインも独創的で、そこを見ればアルファードだとわかり、他との差異化がトヨタは上手いと語られました。

≪車はなんで高いの?≫
番組中は今の若者にとって車の値段はどうなのか、2015年の今、車を買う理由は何なのか、なども投げかけられ、車を買うタイミングや目的、電車の利便性、中古車市場、リースやローンの組み方についても話されました。
車はやはり、安い買い物ではありません。100万円単位の買い物は、他と比較してもそう多くはないです。でも、100万円台の車の所有率は日本人の世帯数くらいはあると速水さん。何を持って高いというのかは難しいところ。

これにあさがゆちゃんは体験を買っているのではないかと提起。
映画は映画館に行ってその場を体験することに1800円を払っているけれど、車も同じで、車そのものに対して払っているというよりも、車を持つことで生活が新しく変わる体験を買っているのではと語りました。このあさがゆちゃんの意見に一同納得!機能性だけを受け取りたければレンタカーやタクシーと言う選択肢もあるけれど、移動手段ではなく、その後の生活や人生を変えるチャンスを買っているのです。

≪エンディング≫
この他にも、ヤンキーと車の関係性、車のCMの変化、アウディのバーチャルコックピットの未来感、あさがゆちゃんが車を買う時に重視したこだわりポイント、ワーゲン問題や電気自動車に対する日本人と外国の考え方、などなど今回も盛りだくさんのトピックスでお送りしました!

あさがゆちゃん、自分でも思っていた以上に車に興味あるんだなと思った!と新たな発見があった様子。

WOWOWでは当時のカーチェイス場面ブームの人気を盛り上げた秀作、【ブリット】を1/29(金)午前7:00~放送!!

速水さんも大好きという不朽の名作【ブリット】、ぜひ今回のぷらすととあわせてお楽しみ下さい! 

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ