音楽ジャーナリズムとは(2016/1/25配信)

2016/02/05

IMG_1188_re.jpg

今回のテーマは『音楽ジャーナリズムとは?』
西寺郷太さん、宇野維正さん、福永マリカさんでお送りしました!

「1998年の宇多田ヒカル」出版記念!著者である宇野維正さんをゲストに迎え、音楽ジャーナリズムとは何かを、いつも以上に熱く語って頂きました!

そもそも音楽ジャーナリストと音楽ライターの違いとは?
自分の考えを載せているのがジャーナリスト。相手が話したことをいかに需要に合わせて書くのかがライター。宇野さんは、郷太さんがマイケル・ジャクソンでやったことがジャーナリズムだ、と刺激を受けたそうです。「1998年の宇多田ヒカル」を宇野さんが書いてくれたことで、もっと本を書きたいと思う人が増えると思う、と郷太さん。

音楽メディアの世界を考えると一次的なものはWEBサイトの情報が強くなってきているけれど、WEBサイトでは出来ないことも。それは深い考察や長い文章を書くこと。それらの書籍化がここ最近増加し、読まれています。最近の音楽メディアはWEBサイトと本で補完し合っているのです。
「1998年の宇多田ヒカル」執筆にあたり、「音楽だけの仕事をしていたら、この本は書けなかった」と宇野さん。マイケルの本を書いた郷太さんも共感。退路を断ってもいいと、腹をくくらないとできないこと。また、ミュージシャンとの距離感によっては書けないことも...。宇野さんは宇多田さんとは距離が近いこともあって身を切る思いがありつつも、踏み込まざるを得ないと覚悟をもってこの本を書き上げたのでした。音楽ジャーナリズムにおける問題として挙げられたのはメディアの窓口化問題。
以前は雑誌でもWEBでもメディアには誰をインタビューして、誰を書き手として使えば面白いか考える人が存在していまいした。

現在は掲載されるのはメディアであっても、事務所から指名で話がくることが多く、指名されたライターを用意するだけの窓口になっていることも。
もちろんメディア全部がではないけれど、事務所から頼まれることで書けることが限られたり、音楽ライターのヒエラルキーが生まれたりしているようです。
では、書きたいことはいつどこで書くのか?
宇野さんは、そういったこともあって今回本を書きたいと思ったと語りました。
「『First Love』は考え方によっては難しい音楽だけど、結果的にものすごい数が売れた。宇多田ヒカルがこれだけ売れた国、彼女の才能をこれだけの人が認めたといいうことは、もっといい音楽を増やしていこう、という運動につながる。」今回読んだ「1998年の宇多田ヒカル」はそういうことを思い出させてくれたと、郷太さん。

1998年がどういう年だったか改めてふりかえりつつ、あえて4人の対比として出されたのが、松田聖子さん、中森明菜さん、小泉今日子さんを筆頭とする花の82年組の女性アイドル。アイドル時代は、ほぼ男性ファン。しかし気づいたら女性ファンの割合が増加。この現象は後の世代にも続き、やがて小室哲哉さんブーム到来。アイドルをアーティストに化けさせていた小室さん。カラオケの影響も大きく、いつの間にか同性の曲を歌う、同性の曲を好むようになっていきました。
そして現在。「星野源さん、SEKAI NO OWARI 、ゲスの極み乙女。、サカナクション、2010年代において売れているのはものすごい野心家。死ぬほど野心を持っている人が全員売れるわけではないけど、それが絶対条件。この時代において才能があったけど、たまたま売れちゃったよというのはない。野心家は売れ線を狙うこととは全然違う。」と、宇野さんがいま売れているアーティストの共通点を語り、今までなかった価値観を伝えたいという気持ちが野心になる、と郷太さんが続きました。
野心家というと、1998年の時点で14歳だった宇多田ヒカルさんはその年齢からちょっと特殊なケース。「1998年の宇多田ヒカル」では無意識でできた『First Love』がどう意識化されていくのかも書いているそうです。

現在絶賛発売中の「1998年の宇多田ヒカル」。マリカちゃんも4人のファンでなくとも楽しかった!と絶賛。ぜひお手にとってみて下さいね!

3000円のCDアルバムに惜しげもなくお金を使っていた1998年の頃。
お金のあるないにかかわらず、それが当たり前で、あの感覚は今の携帯代と一緒、と宇野さん。あの頃の音楽はすべての文化の中心にあったからこそCDにお金をかけることが普通のことだったのです。
語られた当時のエピソードからあの頃を懐かしみつつも、今後の日本の音楽について考えさせられる配信となりました。
WOWOWでは、2/21(日)よる9:30~椎名林檎ツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」を放送!
詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ