声優・石田彰を語る。(2016/2/4配信)

2016/03/04

IMG_1206_re.jpg

今回のテーマは『声優・石田彰を語る。』
サンキュータツオさん、あしとみしんごさん、国井咲也さん、内田理央さんでお送りしました!
この日の語るシリーズは、初の声優!ということで、『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲルの声をはじめ数々の人気キャラクターを担当されている石田彰さんをフューチャーし、その仕事を振り返りました!ゲストには、タツオさんがアニメ博士と太鼓判を押すピン芸人のあしとみしんごさんが初登場!一体どのような話が聞けるのでしょうか!

番組前半では、石田さん演じるキャラクターなどについて熱くトーク。
タツオさんの中の石田さんは、隣のお兄さん!「自分が女だとしたら、隣にこんなお兄さんいたらドキドキするかも!」とのこと。
現在放送されている『昭和元禄落語心中』の主人公の師匠役を演じている石田さん。
「おじいさんに近いような役で父性に挑戦しており、過去演じてきたキャラクターのイメージからは想像できず、アニメのキャスト発表を聞いて凄く驚いた。原作漫画を読んでいたが、全く想像がつかなかった。だが、蓋を開けてみると、石田さんのセクシーラブリーボイスは人を落ち着かせる声なので年配役も意外と合っている!」と語られました。

実は、『昭和元禄落語心中』の声優陣は主人公でさえオーディションで決定!その内容は落語を一席覚えてくるという内容だったとのこと。
アニメは一般的に画に合わせて声を録音するアフレコ。落語は声を先に録音した後画を合わせるプレスコという方法があります。『昭和元禄落語心中』は、後者のプレスコで作られていると思いきや、アフレコでやっているとのこと!
画に合わせて、自然な落語として話すという難しいことに挑戦しているのに加え、若い時代から年配までの芸質や声質も変えて演じているのだそう!
「『昭和元禄落語心中』の面白いところは、落語を長尺でやっていること。声優さん全員が全員できるわけじゃない!1話のラストが完璧!すごく色っぽく、老け専的な魅力が引き出されている」とタツオさん。
これにはニコ生見ているみなさんも「わかる!!」と大盛り上がり。
エヴァがもう20年も前だから知らない人も多いと思うが、みんなのイメージを徐々に更新していると語られました。
その他にも『Fate/Zero』『ケロロ軍曹』『戦国BASARA弐』『変ゼミ』など出演しているアニメの名前が続々と挙がりました。

番組後半では石田さんの魅力についトークしました。
渚カヲル役の印象が強く、「少年像がカチっとハマったというのがあった。」と国井さん。
そのインパクトは絶大で、少年役を演じていても、カヲルが出てきたよと思う程。
少年の声はどうしても女性が演じるイメージが強く思われがちですが、大人ではないが男の持っている優しい感じが石田さんにはあるとのこと。石田さんの登場により改革された部分がたくさんあり、ミステリアスというのは石田領域になっている。徐々にその領域を拡張して来ている!と語られました。

最後に、ご本人は歌われないので「願望ですが、石田さんに歌ってもらって成立するコンテンツが生まれてほしい!」と、あしとみさん。
また、「健康!元気に居てほしい!ファンからするとそこが心配になってしまう。」と、国井さん。
まだまだ活躍の幅を広げて欲しいと期待を寄せました!

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ