神々の物語とエンターテインメント(2016/2/19配信)

2016/03/06

IMG_1238_re.jpg

今回のテーマは『神々の物語とエンターテインメント』
速水健朗さん、丸屋九兵衛さん、浅賀優美さんでお送りしました!

今回は、神話の世界を紐解きながら、エンターテインメントにどう神話が描かれてきたのかを丸屋さんにとことん教えて頂きました。

番組前半では、神話の歴史や種類などたくさんトークして頂きました。
ローマ神話起源の曜日名を無理矢理北欧神話に対応させたのが、英語の曜日名なんだそう。神々のキャラクターを曜日にあてる感覚で、ローマ神話でいうヴィーナスはゲルマン人にとってはフレイヤだから、ヴィーナスの日=Venerdì(イタリア語)→フレイヤの日=Fridayなのだとか。
神話と伝説と民話の区別がすごく難しくなっています。世界にはいろいろな神話があります。神話と証明するには登場人物が神でないといけません。神が神と証明するためには人間が登場しなければなりません。しかし、ケルト神話は、移民が来る歴史話になっており、ある神々がいたのですが、後から来た人間に負けて妖精になってしまいます。これが小人だと民話になるそうです。なので、なんとも言い難いようです...。

フィンランドは北欧ですが、民族的にはアジア系だそう。ゲルマン的な文法もなく、フィンランド神話では、お母さんのおなかに長く居過ぎて老人で生まれてきたというのがあるのだそう。
中国は、神がたくさんいたり。エジプトもたくさん神がいたりします。丸屋さんはアステカ神話が好きらしく、テスカトリポカとケツァルコアトルが対立してたんだとか。
速水さんが丸屋さんに「よく覚えてますね。」と言ったところ「常識ですよ!」と丸屋さん。
この時点で、速水さんもあさがゆちゃんも情報量の多さに頭が混乱してました。

番組後半では、北欧神話やオススメのDVDについてトーク
「マイティ・ソー」は北欧神話の世界を描いてあります。SFで説明すると古代の北欧人はなんらかの形で時空が繋がって老いることを認識して、ユグドラシル宇宙樹として表現。その宇宙樹の果てに神々の世界アスガルトがあって、それは実は他の星だったというのがマイティ・ソーでの解釈なんだそう。
北欧神話の中では、ソーは1番えらくはないけど、強さ的には1番なんだとか。

他にもロキが面白いとのこと。実は敵の巨人族だが神々のところで育ったロキ。神々の建物を大工に作ってもらう際、ある約束をしてしまいます。それが本当に実現しそうになったため、大工の馬を誘惑しようと雌馬に変身し、結果大工は約束を果たせなくなりました。 実はその大工の正体は、敵である巨人族だったという話しなのですが、その間にロキは妊娠して仔馬を生みます。それが、北欧神話で一番偉いオーディンの乗る馬になります。
オーディンはオーディンで神らしくなく、グレーぽい服を着て常に下を向いている様な人物。「なかなかここまで暗い神様はない!」と丸屋さん。
北欧神話の後の方に「ロキの口論」というのがあり、ロキは最後神々を裏切ります。
巨人族と神々が戦い最終的に全員死んでしまい、その後にできた世界が今我々が住む世界になったという終わりになっているのだそう。
「ロキの凄いところは、神々が集まって食事しているところへ行き、一人一人に対しディスするところ。とても性格が悪かったのだ。オーディンは、自分の弱みを握られていたから、ロキに処罰ができなかったのだ。」と語られました。

最後に「これからも神話は新しいのが生まれていくと思います」と丸屋さん。
今回は、広く深く沢山の情報量の丸屋さんに驚きっぱなしの回になりました!

WOWOWでは、「中世アクションアドベンチャー」と題し、
3/9(水)午前11:00~「ベルセルクル オーディンの狂戦士」を放送!
番組詳細はコチラ
3/10(木)午前11:00~「エイジ・オブ・ザ・ドラゴン」を放送!
番組詳細はコチラ
3/11(金)午前11:00~「ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い」を放送!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ