アカデミー賞授賞式直前! 監督編(2016/2/26配信)

2016/03/07

白熊_re.jpg


今回のテーマは『アカデミー賞授賞式直前! 監督編』
中井圭さん、宇野維正さん、松崎健夫さん、玉木碧さんでお送りしました!


いよいよ月曜日29日に迫った第88回アカデミー賞授賞式。監督賞について、とことんトーク!果たして誰が監督賞を授賞するのか予想しました。
「例年割と法則性があるが今年はそれが崩れるかもしれない、予想しづらいアカデミー賞になっている。」と中井さん。
今年の監督賞は、ノミネーション経験がほとんどなく、キャリアも数本と初監督に近い人がノミネートことです。また、1番の特徴は脚本の兼任をしている人が多いことです。
「個人的希望でジョージ・ミラーにとって欲しい。でもアカデミー賞の流れで考えると受賞する可能性は低いと思う。だけど、ここ数年アメリカ人は監督賞を受賞していないので、オーストラリア出身のジョージ・ミラーは、有利になるのではないかな。」と健夫さん。
また、イニャリトゥが2年連続で受賞するのかも見どころ。
過去に監督賞を2年連続で受賞したのは、ジョン・フォードとジョーゼフ・マンキーウィッツの2人のみ。今回イニャリトゥが受賞すると、60年以上振りの受賞となるのだそう。
レニー・エイブラハムソン監督作『ルーム』。「この作品は、見た時に脚本が秀逸だと思った。作品はすごく良いが監督賞になるとこれまでのアカデミー賞の歴史の中で評価されると可能性は低いかな。だが、脚色賞受賞する可能性は高い。」と語られました。
予想を当日まで待って欲しいという程、今年は本当に予想するのが難しいノミネートでしたが果たして...!?結果は次回のソーシャルビューイングの復習にてお伝えします!

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ