ワイルド・スピード一挙放送記念! カーアクションの歴史(2016/3/17配信)

2016/03/18

IMG_1275_re.jpg

今回のテーマは『ワイルド・スピード一挙放送記念! カーアクションの歴史』
浅賀優美さん、松崎健夫さん、添野知生さん、梨衣名さんでお送りしました!

この日は、映画史におけるカーアクションの歴史を振り返りながら、なぜ映画にカーアクションが生まれたのかをゲストに健夫さん、添野さんを迎え教えて頂きました!

「世の中の人が思っているカーアクションは1989年の『ブリット』が最初だと思う。カーチェイスが映画の中の売り物でそれをみんなが見たいと思い、観に行くようになった映画。カーアクションとカーチェイスは映画が始まった1895年から描かれていました。ですが、本格的に描かれたのは『ブリット』が最初ではないか。」と健夫さん。
「1955年の映画『THE FAST AND THE FURIOUS』この作品が1番最初のカーレース、カーチェイスの映画ではないか。」とのこと。
これは『ワイルド・スピード』の原題になっている作品で、当時B級映画と呼ばれる作品の一つで、若者がドライブインシアターで女の子とイチャイチャして観る程度の映画だったそう。

今回WOWOWで一挙放送する『ワイルド・スピード』の裏話も教えて頂きました!
『ワイルド・スピード』の運転がリアルに見えるのにはある理由があります!それは、ポール・ウォーカーが運転しているシーン。この映画の為に作った車で撮影。別の人がモニターを見ながら隠れて運転していてるのだそう。ポール・ウォーカー本人は運転している様な演技をしているだけなのだとか!

三作品目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では、渋谷のスクランブル交差点が
出てくるシーンがありますが、あれはセットを作ったのだそう!人もCGで車の運転だけ本物なのだとか。

「免許を持っているが、もう運転していない。だけど、上手いカーアクション映画を見ると熱くなる!」と添野さん。
あさがゆちゃんは、カーレースをしてみたいと思うそうで、「オーバルレースをやってみたい!」など全部試してみたいとのこと!
免許を持っていない梨衣名ちゃんは、「大学生の頃モーターで動く小さい車を作ったことがある!でも本物の車は怖い。」のだそう。

『ワイルド・スピード MEGA MAX』の車で金庫を運ぶシーンが好きだと梨衣名ちゃん。
15日に配信した「ワイルド・スピード一挙放送記念! 疾走する物語」で速水さんも「どのように撮影しているのか気になる」と話されていました。
実は、あの引きずられていた金庫は車!金庫の形をした車に人が入り、あたかもロープで引っ張られている様な運転をしていたのだとか!
これには一同驚き、「すごい!」「なるほど!」とコメントも多数寄せられました。
健夫さんも「その発想はほんとにすごい!だから、シリーズで1番好き!」と語られました。

最後に健夫さん、添野さんにオススメするカーアクション映画を教えていただきました!
添野さん
・「ラスト・ラン」
この作品はソフト化されていないけど、大好きな作品!
・「ヘアピン・サーカス」
東京の首都高と横浜の埠頭が舞台になっている!
・「RONIN」
国際的なオールスター映画!

健夫さん
・「リーサル・ウェポン2」
車が止まった時のオチが"ピタゴラ・スイッチ"みたいで面白い!
・「マトリックス リロード」
ラストの方でカーチェイスがあるが、そのシーンの撮影のために2.5キロの高速を作った!発想がすごい!
・「シカゴ・コネクション」
地下鉄の線路に迷い込んでカーチェイスをする!

どれも面白い作品なので、19日(土)あさ9:00~WOWOWシネマの「ワイルド・スピード」7作品一挙放送と合わせてチェックしてみてください!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ